風水の五行論~五行の相生と相克~

次は五行論。

風水の勉強をしだすと、すぐに出てくる言葉。

風水とはこの五行のバランスを取る為の学問であると言っても過言では無い位に重要な部分です。

五行論とは

五行は木火土金水、この五つの気で表されます。

五行の関係性

この五つの気は出来事や時間、抽象的な事柄の背景も含む万物に宿る気であると考えています。

この五つの気のお互い同士の関係により強められたり弱められたりします。

このような関係を【相生・相剋】の関係と言い、この関係を使いバランスを取る事が良い人生を歩む為の条件であると考えられ、全ての中国五術でこの関係が使われています。

下記は日常のアイテムを五行に分けて表にしてみました。

例えば、下記の図をご確認下さい。

木のグループに『肝臓』『目』『怒り』『酸』が属しています。

意味も無く『イライラ』する時は、『肝臓』や『目』に支障が出やすいと考える事が出来ます。

次は五行同士の関わり合い、影響の与え方をご説明します。

五行の相生(そうしょう)相剋(そうこく)

万物が五行に分類される事はご説明させて頂きました。

五行同士の関係には大きく分けて2つの関係が存在します。

【相生】
五行を生み出す関係。

【相剋】
五行を弱めあう関係。

[木]は[火]を生み出し、[金]に弱められる。
[火]は[土]を肥やし、[水]に弱められる。
[土]は[金]を生み出し、[木]に弱められる。
[金]は[水]を生み出し、[火]に弱められる。
[水]は[木]を生み出し、[土]に弱められる。

伝統風水師の本当の仕事

万物の関わり合いによって、五行と呼ばれる五つのエネルギーバランスを、とる事が風水師の主な仕事になります。

季節等の時間の流れや、食べ物、行動、精神的な感情など、様々なものが五行のエネルギーを持ち、五行のバランスを崩します。

五行のバランスが崩れた時に、人間は病気になったり、気分的に晴れない状態になったり、思ったように物事が進まなかったりします。

五行のバランスを読み人生設計を操る。

伝統風水師は、この微妙な五行エネルギーの変化を読み解き、目的に達するまでの最短の道のりを案内します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 風水の五行論~五行の相生と相克~ 次は五行論。 風水の勉強をしだすと、すぐに出てくる言葉。 風水とはこの五行のバランスを取る為の学問であると言っても過言では無い…ishira-fengshui.jp2014-03-19 02:11 […]