【伝統風水】三角形の土地は吉or凶?~土地の形が吉凶を分ける!~

2020年5月3日

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

三角の土地の風水は悪いですか?

これも、良くある質問の一つです。

不動産的な観点と、風水的な観点の両面で、お話していきますね。

不動産的観点の三角形の土地

不動産的な観点で考えると、三角形の土地は、価格が下がりやすい傾向にあります。

理由は明白で、デッドゾーンが多くなってしまうから・・・。

上記の土地は、まだマシな方ですよね。

間口が広く取れているので、建物の形を歪な形にすれば、デッドゾーンは、少なくなりますけど・・・。

伝統風水的観点の三角形の土地

伝統風水は、地形を重視して考えます。

地形を考える時に、土地の形も重要な要素のとされています。

凶相です。

幾つかの理由が重なりますので『大凶』と考えても良いでしょう。

理由 その壱 三角の建物になる場合

上記の写真のように、歪な形の建物になりやすいという事が上げれます。

仮に、三角形の建物を建てたとしましょう。

畸形屋といって口舌の禍をもたらすとされている。

このような建物を『畸形屋』といって、凶相の建物となってしまいます。

  • 口舌の災い
  • 争いごと
  • 訴訟
  • 火事

などの象意があるとされています。

実例 2014年に移転した〇〇ジム

デザインでこのような形になってしまったのか…三角形が飛び出た造り。

ここに某ボクシングジムが2013年に移転して来ました。

それからというもの、ボクシング協会との揉め事が続きます。

数年間は、続いていたのではないでしょうか。

今は、全く別のお店になっています。

理由 その弐 周辺の道路との関係

『剪刀殺』となる場合がある為。

血圧や心臓の疾患、口舌の災いを呼ぶとされています。

この場合は、上記写真のように丸みを帯びさせてやることで、火のエネルギーを弱め金のエネルギーを強めます。

そうする事で、改善されるといわれています。

理由 その参 三角の頂点が三刑の関係になる!

太極(中心)から見て、三つの頂点が、三刑となると凶意が増すとされる。

赤三角形や青三角形になると、三煞が出来上がるんですよね。

赤三角は、火の三刑で、人間関係のトラブルを招きます。

『寅=午=戌』 

青三角は、土の三刑で、体調不良や病気を招くとされています。

『戌=未=丑』

専門の伝統風水師が、しっかりと鑑定すれば、避けることが可能ですが『趨吉避凶』という概念を大切にしたいですね。

趨吉避凶とは
凶を避け続けることが、吉に趣くことが出来るという意味。

伝統風水師 小林蔵道

改善方法

改善方法は、三角形の土地を購入しても、四角形に整形して使用する。

ですので、余程の広さがないと、三角形の土地は、使いづらいという事になりそうですね。

まとめ

他にも三角形の土地は、良くも悪くも、エネルギーを増幅させる力があるとされています。

そのせいかスピリチュアル系方や、霊能者と呼ばれる方が、好んで選ぶことがあるようですが、伝統風水師としては、決してお勧めできません。

安いから!

という理由で、このような土地を選ぶのは止めたいですね。