【土地選び】造成地の選び方~新築風水で失敗しない方法~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

新築を建築しようとする時に、1番に候補に挙がるのが『造成地』ですよね。

造成地の中で、どこを選ぶかによって、風水の良し悪しが変わります。

今日は、造成地の中で『吉物件』を選ぶ方法をお伝えします!

基本をしっかりと守る!

風水の土地選びで、最も重要なのは『しっかりと基本を守る!』という事です。

ここでいう、風水の基本というのは『四神相応』という概念。

【四神相応とは】
風水の基本概念。
建物は三方が囲まれ、一方に開けたスペースがある事を吉とする。

伝統風水師 小林蔵道 https://ishira-fengshui.jp/2020/01/13/kihonn/

もし良ければ、上記のURLから『四神相応』について読んで頂けると伝わりやすいと思います。

皆さんなら下記の造成地の中でA~Cのどこを選びますか?

基本である四神相応の考えで選ぶと『C』は却下されますよね。

という事で、『C』は最凶風水物件となります。

では、残ったA,B,Dの中からどれを選びましょうか?

路冲殺は絶対に避ける!

伝統風水に『路冲殺』という形の凶があります。

路冲殺とは
丁字路や袋小路の突き当りになる物件の事を路冲殺(木煎殺)と呼びます。
かなり強い凶意を持つと言われていますので、必ず避けるようにして下さい!

伝統風水師 小林蔵道 https://ishira-fengshui.jp/2020/04/08/rotyuu/

A~Dの中で、路冲殺に当たらないのは『A』のみとなります。

それだけではありません。

今回の路冲殺は反弓殺にも分類されますので、尚凶意は強くなるでしょう。

Cが最凶の理由

今回の場合、『C』が最凶だと言いました。

路冲殺と反弓殺になる事は、B,Dと同じ条件のはずですが、なぜ『C』が最凶になるのでしょうか?

それは、困窮殺と言われる四方が囲まれている物件となる為です。

最初の四神相応の概念に出てきた、建物は三方が、建物で囲まれて、一方が開けたオープンスペースになっているのが好ましいと話しました。

ところが『C』は、四方を囲まれてしまっているのです。

困窮殺の象意は、身動きが取れない環境を作ってしまうと言われています。

選ぶべき土地はA

消去法で考えていくと、自然とAにたどり着きます。

伝統風水で、物件を選ぶ時に、吉…より吉が強いもの!と選びがちですが、その選び方は間違っています。

まずは凶を避ける事が大切なのです。

まとめ

この段階では、限られた条件の中で、土地を選んだだけです。

本来は、

・土地と排水の繋がる位置
・前面道路と建物、土地の関係
・近隣の交差点と建物の関係
・近隣の水路と建物、土地の関係
・近隣の山や建物との関係

などを見て、吉風水物件を手に入れるのですが、今回の内容を充分に取り入れて頂ければ、大惨事は避けれる可能性が一気に高まります。

昔からですが、購入後2年~3年のお客様からのご相談が後を絶ちません。

住居の選定は、最初が肝心です!
是非、参考にして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました