【伝統風水基本編】形にもエネルギーの種類がある!?~インテリアやレイアウトに使える!~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

後日、桃花水法という『恋愛運アップ』の技法をご紹介しようと思っています。

その桃花水法に使うのが、物の形によるエネルギー(五行)。

ですので、物の形には、どんなエネルギーがあるのか?

そんなお話をしたいと思います。

五行(エネルギー)については下記をご覧下さい。

次は五行論。 風水の勉強をしだすと、すぐに出てくる言葉。 風水とはこの五行のバランスを取る為の学問であると言っても過言では無い...

五つの形

五行で、形が持つエネルギーを考えます。

この形が持つエネルギーは、古典(五行大義など)の中で、説明されています。

細長円錐台形丸型曲線

細長いものには『木気』があり、円錐には『火気』がある、という風に見ていきます。

丸型は円を表します。

曲線とは、流線型のことを表しています。

よく見る形の五行

木気

高層マンションの多くが、細長い形をしていますね。
これを木気と考えます。

火気

火気は、円錐。

上部が尖っているものを指します。

一枚目の写真。

ろうそくの炎も、上部が尖っていますよね。

土気

低く末広がりな形を現します。

神社などのご本殿は『土気』になっているものも多いですよね。

中には、火と土の組み合わせのものもあります。

金気

判断が微妙ですが、山頂が弧を描く山は『金気』に分類されます。

水気

川の流れのように曲がりくねった形を言います。

見え方によって五行は変わる!

このような体育館のような形は、正面から見ると『金気』になり、側面から見ると『土気』となります。

他にも

このような形は、人間に対して『火気』と『土気』をイメージさせます。

相生のサイクルになっているんですね。

インテリアやレイアウト

この形の五行は、インテリアデザインやレイアウトに使う事が出来ます。

五行と五行がぶつかるのでは無く、五行と五行が相生(助け合う)するようなデザインにする事で、心地良く人の心の中に入る事が出来ます。

もちろん『形』以外にも、『色』や『香り』、『材質』などにも、五行エネルギーは、存在しますので、広い視野で確認しましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク