【伝統風水の基本】四神相応とは~近代住宅の基本を考える~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は風水の基本中の基本である『四神相応』を近代住宅に合わせてお話しします。

建物を中心に『四神=四方』の『相応=バランス』を整えます。

四神とは
中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣である(天之四霊)。四獣(しじゅう)、四象(ししょう)ともいう。四象と四神・四獣は同義であり、実体のない概念である四象に実体を持たせたものが四神・四獣とされる。

ウィキペディア

近代建築物における四神を考える時に、大きく間違っているのが、『北=玄武』『東=青龍』『南=朱雀』『西=白虎』という概念になります。

確かに、五行論で考える場合、『木=東=青龍』という具合に、同じグループで考える事がありますが、『伝統風水』では、そのように考えません。

正しい伝統風水の四神相応

伝統風水で、四神相応を正しく考える時には、あくまでも『建物』を中心に考えます。

『建物の背面=玄武』
『建物に向かって右側=青龍』
『建物の正面=朱雀』
『建物の左側=白虎』

という風に考えます。

そして、この四方がどのような状態にある事が望ましいのかが古典に書かれています。

玄武側(背面)

陰陽で考えると『陰』

静かで、動きが少なく、ドンと構えるような建物があるのが好ましい。
この場合、中心となる建物よりも、少し大きめが吉。
大き過ぎたり、小さすぎるのは凶となる。
建物が無いのは、小さすぎると同様で凶となる。

象意

家族の和合や健康運

青龍側(向かって右)

陰陽で考えると『陽』

中心となる建物よりも少し大きめ、または同等の高さの建物が吉。

象意

男性の運気を守る。ビジネス運。

朱雀側(建物の正面)

陰陽で考えると『陽』

広くオープンスペースになっているのが吉。古典によると水(池や湖)があるのも、吉とされる。

注意)池や湖は、影響力が強いため、玄空飛星派や乾坤国宝水法、生旺墓水法、旺公陽宅神断、孔子玄空宝鑑などの理気風水も併用して考えるべきである。

乱雑(明堂雑乱)になっていたり、正面に大きな建物(明堂圧迫)があるのを忌む。近代住宅事情で考えると、ゴミ捨て場などがあるのも凶と考える。

象意

人間関係に関する事。財運や人間関係運など。

白虎側(向かって左側)

陰陽で考えると『陽』

中心となる建物よりも少し小さめ、または同等の高さの建物が吉。

象意

女性の運気を守る。蓄財運とも深く関係している。

近代建築の四神相応で成功している建物

近代建築で、四神相応が、建物の使用者に成功をもたらしている例をいくつかご紹介します。

ペニンシュラホテル

ペニンシュラ香港。

五つ星で世界的にも有名なホテル。
このホテルの建設に携わっているのがレイモンド・ロー老師。

このホテルの場合は、四神相応だけではなく、噴水の位置や、ロビーの位置などの様々な工夫はされていますが、列記とした『四神相応』。

一つの建物で、四神を作り出しています。

アップル本社(Apple)

スティーブ・ジョブズが創業したアップル本社(以前)。

ペニンシュラホテル同様に、一つの建物で、四神相応を作り出した建物。

成功の度合いは言うまでもありませんよね(笑)

まとめ

この概念は、風水の基本中の基本である『地理五訣』から生まれた。

五訣とは、『龍』『穴』『砂』『水』『向』の事で、この中の、『龍』『穴』『砂』『水』の四つの概念を取り入れられた。

実際の鑑定の中でも、方位の風水の影響が、この四神の弱い部分に出てきたり、風水を学び実践すると、この四神相応の重要性をすぐに感じる事が出来る。

それだけ、重要な概念となるので、引っ越しや新築の際に、『四神相応』の概念をぜひ取り入れて頂きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 【伝統風水の基本】四神相応とは~近代住宅の基本を考える~ こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 今日は風水の基本中の基本である『四神相応』を近代住宅に合わせてお話ししま…ishira-fengshui.jp2020-01-13 11:16 […]

  2. […] 【伝統風水の基本】四神相応とは~近代住宅の基本を考える~ こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 今日は風水の基本中の基本である『四神相応』を近代住宅に合わせてお話ししま…ishira-fengshui.jp2020-01-13 11:16 […]