風水は効果が無い!~伝統風水の真実~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

あくびが出そうな話ですが、風水は効果が無い!、風水は当たらない!と思っている人がいるのは事実ですし、そういう人がゼロにならない事も充分理解しながら、少しお話しようかなと思います。

風水で効果が出ないのは思考、行動が間違っている!

風水に効果が無いといっている人の共通点

・施術が間違っている
・風水だけで何とかしようとしている

この二つが上げられます。

施術が間違っている!

風水を施術する時に重要な事。
これは風水以外でも同じ事がいえると思いますが、『基本』『基礎』を知っているか?またはそれをしっかりクライアント様に伝えているのか?が大切です。

この基礎の部分で大きく間違える方がほとんど。

間違い その壱

巒頭風水の存在を無視している!

風水には、大きく分けて『巒頭風水』『理気風水』があります。
どちらが大事かと聞かれると、どちらも大切だという答えになるのですが、『巒頭風水』と『理気風水』の性質を知らなくてはいけません。

まずは人に対しての影響力
『巒頭風水』7:『理気風水』3

であると言われています。

巒頭風水と理気風水
http://ishira-fengshui.jp/2014/04/06/ranntoutoriki/

もちろん影響力の強い『巒頭風水』を改善したいところなのですが、巒頭風水は完全な自然が相手であったり、他人の土地である場合がほとんどです。

ですので、これから土地を探す場合は、巒頭風水の整った場所を特定すれば良いのですが、既存住宅の場合はどうしようも無い事が多いです。

風水師が施術している場合、この事実をしっかりと伝えているか?
独学で風水を勉強している方は、この事実を知っているか?

が問題になります。
出版されている多くの書籍には、この事実が書かれていなかったり、書かれていても、どうしようも無い事なので・・・と読み飛ばしている事も。

何とかできる部分だけを実践しても効果は表れません。

『その壱』これを知らずに風水をしても効果は得れません。

間違い その弐

一つの改善だけで、大きく変化すると思っている!

これも大きな原因の一つだと私は思います。

例えば、『大豆が身体に良いよ』っていう情報を手に入れたら、大豆ばかり食べる・・・。
健康とは、様々な事を総合的に考えバランスをとる事でつくる事ができるにも関わらず『〇〇すると開運』なんて言葉に騙されて実践する。

自己啓発でも、同じ事が言えますよね。
思いは成功を引き寄せる!なんて言いますけど、思いが間違ってちゃ話になりません。

風水でも何でもそうですが、『点』で物事を捉えるのでは無く、『線』更には『面』もっと言うと『立体』もっともっと言うと、それに『時間』というものも足して考えなくてはいけません。

『点』で何かをしようと思っても、私たちが生活している世界は『点』ではありませんので、効果が出なくて当たり前。

これが出来ない人は、優秀な風水師に依頼し、『立体と時間』に『点』で導いてもらうしかないでしょうね。

ちなみに私はいつもこれを意識しています(笑)

その弐〇〇するだけでに騙される~効果が出ないと悩む人に~

間違い その参

命運を無視している!

人の人生を形成しているのは、風水の力だけではありません。
もちろん自分の『命運』の力だけでもありませんが、影響力として自分自身の『命運』が一番強いのは言うまでもありません。

風水の施術をする上で、この『自分自身の命運』を無視している人があまりにも多い。

風水は『命運』に対しての『知命』『造命』『立命』のサポートをしているに過ぎないと私は考えています。

その参あなた自身の事を忘れていませんか?~風水で効果の出なかった人へ~

間違い その四

そもそも風水では無いものを風水だと信じている!

世の中には、『風水』と名の付くものが溢れています。
アロマ風水、お掃除風水、インテリア風水などなど、上げだしたらキリがありません。

しかし本当の風水は、これらから大きくかけ離れています。
もちろん中にはまともなものもあるかも知れませんが・・・。

今もたまに『紀伊国屋書店』『ジュンク堂』などに行き、風水に関する書籍を確認します。
ほとんどが、伝統風水とは大きくかけ離れた風水となります。

世の中ってそんなものなんですよね。

まとめ

『餅は餅屋』なんて言いますが、見よう見まねの風水で効果を出すなんて無理な話です。

本を数冊読んだからって出来るような浅いものではありません。

本気で効果を期待するのであれば『本気で命をかけて取り組んでいる風水師』に依頼するべきでしょうね。

風水は本物です。風水師に偽者が多いだけ。
正しく風水を使って効果を実感していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク