巒頭風水と理気風水

風水には大きく大きく分けると二つの風水が存在します。
一つが【巒頭風水】
そして【理気風水】

huusuitoha

風水の鑑定をする時にはこれらの風水を確認する必要があります。

巒頭風水とは・・・
建物の周辺地形の風水の事を言います。
建物周辺の川、山、道路、建物、などなどあらゆるものから影響を受けます。
理気風水よりも影響力が強いと言われています。

理気風水とは・・・
目に見えない気の流れを判断し吉凶を考える風水です。
世間一般的に言われる「西に○○」や「○○方位の玄関に~」などと言われている風水の事を言います。
現在の日本ではこの理気風水が、先走り過ぎていて間違った情報又は一部にしか当てはまらない情報が出回っています。
通常の鑑定の場合、巒頭風水を鑑定し、理気風水の鑑定に入ります。
上記にも記載しましたが、巒頭風水よりも影響力が弱いと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク