『色』と『風水』と『人間』の関係

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師の小林蔵道です。

色と風水と人間の話を真面目にしようと思います。

伝統五術の色が持つエネルギー

まず伝統五術の世界で『色』というと『五色』と呼ばれる五つの色があります。

この五つの色はこんな感じ。

青、緑

赤、朱

黄、茶

白、シルバー

黒、玄

で、この五つの色は、五行という五つのエネルギーに分類する事が出来る。

それがこれ

青、緑=木

赤、朱=火

黄、茶=土

白、シルバー=金

黒、玄=水

このエネルギー同士は、相生と呼ばれる生み出す関係と、相剋と呼ばれる刻する関係、比和と呼ばれる同じエネルギー同士の関係がある。

凄く簡単に説明すると、空間には五つのエネルギーのどれかが配置されていて、その五つのエネルギーには、全て吉凶がある。

だから、その空間エネルギーを強めたり、弱めたりする為に、色んな色のものを配置する!というのが、本当の考え方。

・方位に対する色
・用途に対する色
・願い事に対する色

と色の風水が、次から次へと色んな事を言われて、独り歩きしている状態です。

『方位に対する色』

西には〇〇色、北には〇〇色…と言われていますが、ほとんどは風水で『定位』と呼ばれているものや、紫白流年とよばれているものです。

実際の風水では、定位を使用する事は、ありませんし、紫白流年に対しても考え方が間違っています。

例えば、この図をみて下さい。

これは、ごく一般的な子山午向の玄空飛星盤です。

これが、建物の持つエネルギーの配置図になります。
注意)この配置図は、建物によって異なります。

つまり、太極と呼ばれる建物の中心からみた八方位は、それぞれが空間エネルギーを持っているという訳です。

例えば、赤く塗られているこの空間。

この空間は、九紫火星と七赤金星というエネルギーを持っているという事になります。

そこに、紫白流年という毎年変化するエネルギーが影響を与えます。

各空間エネルギーに対して、紫白流年という毎年のエネルギーが影響を与えます。

例えば今年2022年の場合

この配置図に対して、八白土星のエネルギーが影響を与えます。

つまり

九紫火星に八白土星が影響を与え、七赤金星に対して八白土星が影響を与えるという事です。

ですので、大切な事は、現時点で九紫火星が

『吉or凶』のどちらになるのか?
八白土星は、九紫火星を強めるのか?

凶を強めるのであれば、それは大凶となります。

吉を強めるのであれば、大吉ですよね。

ここでやっと色の話になります。

この空間のエネルギーを強めたり、弱めたりするのに、『色』を使う訳です。

色も確かに空間に対して、影響を与えるでしょう。

ですが、その物の本質の方が、影響を与えると思いませんか?

極論ですが、『赤い水』を設置した時に、五行エネルギーは『赤』の『火』の影響が強いのか?

それとも、本来の『水』としてのエネルギーが強いのか?

どのように考えますか?

空間に対しての影響は、その物の本質の方が影響力が強いはずです。

こう考えていくと、色よりも大切な事がわかりますよね。

それでも、空間に対して、色を配置する事で満足したい人は、配置して頂いて構いませんが、気休めにしかならないでしょう。

では、なぜこれほどまでに、空間に対して『色』で考えるようになってしまったのか?

なぜ間違った?現代風水の色!

『人間と色』の関係にあります。

色というのは、人間の視覚に働きかけ、人間は影響を受けます。

ピンクの物を見ると女性らしさを感じます。
赤い物を見ると情熱的になり、黒いものを見ると権威や圧力を感じる。

これは、人間の本能がそうさせていると言われています。

つまり恋愛運を上げる為に、ピンクや花柄が良いと言われると、そんな気がしてしまうのはその為でしょう。

余談になりますが『ブーバキキ効果』って、知ってますか?

この二つの形にそれぞれ『ブーバ』と『キキ』という名前を付けて下さいってやつです。

言語、風習、国、人種、などを問わず、98%の人が、角ばった方をキキ、丸い方をブーバと名付けたそうです。

まさに、全人類が持つ本能ですよね。

つまり、色というものに対しても、人間は本能的に何かを感じる。

ピンクや花柄=女性

そう感じるという訳です。

つまり、空間に対する影響と人間に対する影響を、ごちゃ混ぜにして考えてしまっているんですよね。

空間に対する影響
人間に対する影響

人間への影響の闇

また、人間に対する影響にも、闇が一つあります。

人間の願望を叶える為に、色を使う時に大きな問題があるんです。

例えば…

・恋愛運を上げたい=ピンク
・財運を上げたい=黄色やゴールド

などと、世間では言われていますが、『女性らしさ』を想像する色と『恋愛運』が上がるというのは、全く別のものと考えなくてはいけません。

つまり、恋愛運が下がっている原因が、女性らしさが足りないから…というのであれば、有効な考え方でしょうが、恋愛運が下がる原因は、女性らしさが足りないだけではありません。

・自由奔放
・大人しすぎる
・派手過ぎる
・そもそも男に興味がない
・自信がない

など様々な要因があるにも関わらず、恋愛運=ピンクと考えるのは、いかがなものかと思います。

また、財運や金運も同じことがいえます。

お金に興味が無い事が原因で財運に見放されているのであれば、黄色やゴールドの財布を持てば財運が上がるかも知れません。

ですが、財運にとって大切なものは、お金に対する執着だけでは無いのです。

そもそも、財運の為に、黄色やゴールドの財布を持とうと思う事自体が、財運に意識が向いているので、それ以上の財運アップは期待できないでしょう。

財運には、社会的責任や家族との関係、行動力など、様々な物が影響します。

足りないものを『色』で補うのであれば、正しく足りないものを補わなくてはいけません。

まとめ

空間に対しての『色』の影響はほとんどないという事。

風水の色の活用は、空間に対してであって、人間に対してではないという事。

次に、人間に対する色の影響は、補いたい価値観に合わせて『色』を決めるべきで、恋愛=ピンク、金運=黄色やゴールドという決め方は、危険である…という事。

正しく根拠のある開運法を実践して下さいね。