無気力になる原因と脱却方法

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

無気力に悩まされている方。
突如、無気力になった…。
なぜか無気力な日々が続く…。
無気力でやたらと眠い。

そんな方に、無気力になる原因と、無気力なときの過ごし方、無気力の抜け出し方などをお伝えします。

無気力とは

やらなければ…わかっているのに動けない!
何となくやる気が出ない!
何を見ても冷めた目で見てしまう…。

コトバンクでは、下記のように説明されています。
『ことをなしとげようとする意欲のないこと。活力・元気のないこと。』

そんな状態になる原因を探っていきましょう!

無気力になる原因は?

『無気力』は、様々な原因が考えられます。

複数の原因が重なって起こる場合もありますし、一つの原因の場合もあります。

まずは、何が原因で無気力になっているのか探しましょう!

季節が原因!

冬至

短期的な無気力の場合、季節が原因になる事があります。

一般的によく言われるのは、冬が無気力になりやすいと言われています。
秋ごろから冬に向けて、少しずつ無気力感が強まると言われています。

いわゆる『冬季ウツ(季節性ウツ)』というやつです。

伝統的な暦を見ると、こういった心理状態の変化がわかります。

それが『夏至』と『冬至』。

地球上の『陰陽』のエネルギーは、夏至に向って『陽気』が強まり、冬至に向って『陰気』が強まるとされているのです。

陰陽については下記の記事を参照ください。

陽気とは、動的なエネルギーを表し、陰気とは、静的なエネルギーを表します。
つまり夏至に向って開放的になり、夏至に向って閉鎖的になっていくのです。

という事で、2021年の場合、12月22日の前後が最も『無気力』になりやすい期間と言えるでしょう。

季節の変わり目

季節の変わり目も、『無気力』になりやすい時期と考える事が出来ます。

現代の暦(グレゴリオ暦)でいう1月、4月、7月、10月となります。

風水や四柱推命などに使用する旧暦(干支暦)で表すと下記のようになります。

毎月を表す5つのエネルギー

1月、4月、7月、10月を見て頂くと、全て土の五行(エネルギー)となります。

土の五行の月というのは、土王用事(土用)の月となり、土の五行が盛んになる月として知られています。

人間は、五行エネルギーのバランスが良い状態を目指すのですが、土王用事の影響で土が強まり過ぎ、全ての五行のバランスを崩してしまう事になり、無気力な状態が発生します。

また、『土』が強まるという事は、相剋の関係で『水』が弱まります。

『水』は、人間にとっての『生命エネルギー』を表し、最も大切なエネルギーの一つとされるのですが、その『水』が『土』によって、攻撃されてしまうのです。

当然、病気にもなりやすく、身体も疲れやすい、無性に眠気が襲ってくるなどの象意があります。

自己矛盾が原因!

自分自身の目標や目的に、矛盾が生じた時にも『無気力』が襲ってきます。

目標や目的と心(深層心理)に矛盾が生じてしまっている時です。

本来の自分の目的とは、無関係な事を行動するのは、精神エネルギーをとてつもなく消費させます。

陰陽論でいう『陰=心』と『陽=行動』の『陰陽のアンバランス』という事です。

このような『陰陽のアンバランス』は、『同調圧力』や『常識という思い込み』によって、本当の想いとは違う動きになってしまう事によって、引き起こされる事が多いですね。

自己無力が原因!

人間は、目的の為に『努力』するのですが、その努力が自分とは関係ない原因によって、報われなかったりする事が原因で『無気力』になる時があります。

偶然の出来事や、不運な出来事によって、『努力』する意味が無いと感じてしまった時に、人間は無気力になるんですよね。

燃え尽きた…が原因(バーンアウト)

仕事など、何か一つの事に集中し過ぎて、『肉体的』『精神的』な疲労が限界を超えた時に起きると言われています。

燃え尽き症候群と言われる事もありますね。

ヒューマンサービス従事者に多いとされているが、どんな仕事に従事していても、この無気力に襲われる可能性があります。

思い通りに物事が進まないときに、尋常でないエネルギーが注ぎこまれたにもかかわらず、強大な力や強大な壁阻止され、事態が一向に前に進まない時に、精神的、肉体的エネルギーの消耗が進行する。

結果的に、エネルギーが枯渇し『無気力』な状態になってしまいます。

仕事が好き、意欲的、愛社精神が強い人に、良く表れる現象ですよね。

病気や体調不良が原因

病気と認められたものが原因になる場合もあります。
私は、医師ではありませんので、東洋文化と照らし合わせて、病名のみをご紹介しておきます。

うつ病
甲状腺機能低下症
アジソン病
早発卵巣不全
更年期障害

どれも、ホルモンバランスの崩れを起こすとされています。

やはり人間は、ありとあらゆるものから影響を受け、バランスが整ったり、バランスが崩れたりを繰り返しているのですね。

無気力なときの過ごし方

のんびり過ごす。ゆったり流れる時間を楽しも~。

無気力な時に大切な事は『無理しない』という事です。

大小の差があるにしても、いつも活発に動ける人間はいません。
いつも陽気な人間もいません。

陰陽論を基準に考えると、無気力な時は、まずジッと止まる事が必要です。

『陰極まれば、陽が始まり、陽極まれば、陰が始まる』

という自然の原則があります。

静(陰)が極まれば、自然の流れで、動(陽)に移っていくのです。

その時に、無理に動こうとすれば、『無気力』な期間を長引かせるだけ。

無気力の対処方

何もしない…といっても、ただただ時間が過ぎるのを待つ訳ではありません。

無気力な時こそ、基本に立ち返り、私生活を見直しましょう!

  1. しっかりと睡眠はとれていますか?
  2. 自分に合った食生活や、季節の食を取り入れていますか?
  3. 入浴は、しっかり湯船に浸かっていますか?

上記の3つを試してください。

その上で、焦らずに早く『活力』を取り戻しましょう♪

鑑定後の方へ

風水鑑定や四柱推命鑑定を受けて頂いた方で、『無気力』に困っている方は、下記の事に注意して下さいね。

  1. 睡眠の環境は整っていますか?
  2. 自分に合わせた食生活を心がけていますか?
  3. あなたにとって『運(時間)』は、どう作用していますか?
    大運、年、月が強く影響を与えますよ。

また、サポート期間中の方は、お気軽にメール下さいね。

まとめ

人間には、必ずバイオリズムがあります。

繰り返しになりますが、いつも『活力』が溢れている人、いつも『元気』な人なんていません。

自分の中のバイオリズムを、正しく把握して、自然の摂理に逆らう事なく、有意義な時間を過ごせるようになりましょう♪