【関西】兵庫県の伝統風水鑑定と地域の特徴

伝統風水鑑定に一番必要な情報が、実際の現地の様子です。

地図や衛星写真には写らない情報が、伝統風水の鑑定には必要になるのです。

河や山、土地の傾斜、水路の有り方、周辺の街並み、どれをとっても人間に影響を与える重要なエネルギー(気)となります。

それらのエネルギーを、生かすのも、殺すのも、風水師次第と言っても過言ではありません。

つまり、同じ河だとしても、建物の向きや建てられた時間によって、吉影響にも凶影響にもなるのです。

当然、風水師の仕事は『吉を最大に高める』事にあり、『凶を最小限にする』事なんですよね。

したがって、私は与えられた環境の中で、最高の風水物件を作りたい!
その為に、出張鑑定が必要になるのです。

兵庫県の伝統風水鑑定の特徴

兵庫県南部は、瀬戸内や淡路島、大阪湾、そして対岸の四国の存在で経済的発展が見込まれる風水。

兵庫県の特徴は、南部(瀬戸内側)と北部(日本海側)、中部(山間部)で大きく風水環境が変わる地域です。

瀬戸内や大阪湾のように、しっかりと陸に囲われた土地は、吉相の地相と考えられています。

満堂水となる場所も多く、経済的な発展に有利になる土地です。

満堂水とは
180度水面が見渡せて、対岸には陸や丘が見える環境の事を言う。
財運のパワースポットとしても有名。

伝統風水師 小林蔵道

しかし、風水の技法の中に『八宮水法』という、大きなエリアの水(川、湖、海)と山の関係をみる技法があります。

その技法で考えると、2024年までは発展を続けるが、次第に衰退しやすい環境と考えられる。(犯罪などが起こりやすい)

逆に、北部の日本海は、満堂水と考えれる場所が少なく、海破浪水といって、発展するとは考えにくい。

海破浪水とは
白波が立つ海面が眺めれるエリアの事を言う。
満堂水とは違い、人間関係のトラブルなどが予想される。
また、白波は人間にとって、凶意である為、しっかりと四神相応の地を探し、住む必要がある。

伝統風水師 小林蔵道

兵庫県の出張エリア/出張交通費 無料

神戸市(東灘区、灘区、中央区、兵庫区、北区、長田区、須磨区、垂水区)

養父市、揖保郡、明石市、豊岡市、豊岡市、宝塚市、福崎町、姫路市、美方郡、播磨町、尼崎市、南あわじ市、朝来市、猪名川町、淡路市、丹波市、太子町、多可町、多可郡、相生市、川辺郡、川西市、赤穂市、赤穂郡、西脇市、西宮市、神崎郡、神河町、新温泉町、上郡町、小野市、洲本市、篠山市、宍粟市、市川町、三木市、三田市、佐用町、佐用郡、高砂市、香美町、加東市、加西市、加古川市、加古郡、稲美町、伊丹市、芦屋市、たつの市

【出張交通費】

兵庫県全域:出張費無料

兵庫県出張風水鑑定について

既存住宅の場合の現地調査回数は1回となります。

新築住宅の場合の現地調査回数は、3回となります。

新築住宅の場合、建築前に現場の確認をさせて頂き、工務店様やハウスメーカー様との打ち合わせをさせて頂きます。
そして、建物の完成後に、現地訪問させて頂き、最終の伝統風水鑑定をさせて頂きます。

3回以上のご訪問をご希望のお客様にも、別途交通費を頂きますが、ご対応させて頂きます。