【夫婦関係】話してストレス発散は超危険!~無口な旦那に喋って欲しい!~

こんにちは!

伝統風水師の小林蔵道です。

年間に数百とご相談頂く中で、ビジネス関係は圧倒的に男性からのご依頼が多いのですが、夫婦関係のご相談となると女性からのご相談が多いんですよね。

その中で『夫婦の会話』についてのご相談が結構多い。

中でも

・ご主人(奥様)が話をしてくれない!

大体の場合、原因を『ご主人』の中に探してしまうんですよね。

でも、御主人の中に『原因』を探しても無駄!

だって、全ての原因は『自分』の中にあるのですから・・・。

その原因を探す時にも、四柱推命は大切なツールとなってくれます。

その話は一番最後にしますね。

『聞く』事の大切さ!

どんな対人関係にも言える事ですが、会話は、人の話を聞く事から始まります。

ところが、ご主人が話してくれない・・・そんな風にご相談に来られる方の8割以上が、自分から話し過ぎの傾向にあります。

男性は、そもそも必要以外の事を話そうとしません。

それなのに、ご主人を質問攻めにしていませんか?

『話させよう』『かまって貰おう』とする行為が、逆に『無口な夫』を作り上げてしまうのです。

結局、逆効果な事をしてしまっているんですよね。

自分の事を話す時の注意点!

自分の話をする時に、自己中心的な会話になっていませんか?

夫婦は、いつも寝食を共にしている関係です。

身近な関係になればなるほど、相手への甘えから『自己中心的』な会話になりがちです。

【自己中心的な会話をしてしまいがちな人の特徴】

・話にまとまりがない。
・相手の様子を見ずに喋り続けてしまう。
・自分が話したい(相手は聞きたくない)話をする。

などが挙げれますね。

親しき仲にも礼儀ありとは、良く言ったものです。

夫婦関係、もっとも親しい人間関係、もっとも身近な人間関係。

だからこそ、相手の表情を良く観察し、相手が望む会話を心掛けた方が良いという事でしょうね。

四柱推命的解決法

このような問題は、『食傷』と呼ばれているエネルギーに現れます。

このエネルギーが高いと、どうしても『官殺』を弱めてしまいます。

【食傷とは】
行動や発言に対する『陰陽』の事をいう。
無邪気で楽観的な人が多く、自分の感情をコントロールする事が苦手。
女命の場合、子どものエネルギーを表し、子育てで間違う事が多いとされている。(過保護になりすぎる等)
また、食傷が強まる事によって、官殺(旦那)を傷付けてしまう。

伝統風水師 小林蔵道

『食傷』というエネルギーを、コントロール(弱める)しようと思えば、『印星』の力を借りる事が望ましい。

【印星とは】
知識や経験を表すエネルギーで、印星をうまく活用する事で、名誉を得る事が出来るとされている。
また、食傷をコントロールするエネルギーでもある。

伝統風水師 小林蔵道

つまり『ご主人が話をしてくれない!』という悩みを抱えている場合、食傷と印星のエネルギーが、問題解決に力を貸してくれる。

【印星を強める方法】
・周囲をよく観察する。
・起きた出来事から成長できる方法を考える。
・呼吸に意識を向け、深呼吸をクセ付ける。

などを、ぜひ試してください。

また夫婦関係においての解決方法は、

・相手に喋ってもらう為に黙る。
・自分が話す時は、相手の表情をしっかりと確認する。

という事になるでしょう。

この方法でストレスが溜まる!という方へ。

話す事でのストレス発散は要注意!

こういった方法を提示すると・・・ストレスが溜まると言われます。

確かに、今までの日常に変化を加える訳ですから、ストレスは掛かるでしょう。

ですが、一つ大切な事を考えて頂きたいと思います。

あなたが、ご主人に話す事によって、あなたのストレスを他社に渡す事になります。

本当に、それで良いのでしょうか?

私には『負の連鎖』にしか見えません。

『負』のボールを、家庭内で循環させる事で、御主人のエネルギーはドンドン低下します。

まとめ

陰陽論で考えると、男性にも女性性、女性にも男性性の存在がある事がわかります。

これは、互いの性質を理解し合う為に必要な動物の本能であると言われています。

夫婦は、御主人が元気でいる事が、奥様のエネルギーを生み出し、奥様が元気でいる事が、御主人のエネルギーを生み出します。

つまり、互いの協力によって、幸せな家庭が出来ていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク