【伝統】『幸せ』ってなに?~自然な幸福を求めた日本人~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『幸せになりたい!』

誰もが思う事ですよね。

私達、『伝統風水師』は、お客様の『幸せになりたい!』を、叶えるのが仕事なのですが、幸せのあり方は千差万別ですので、幸せを『定義』しなくてはいけません。

この幸せの定義が、開運の第一歩、幸せへの近道といっても過言ではありません。

一般的な幸せの定義

一般的に幸せの定義は

幸福とは、心が満ち足りていること。人間は古来、幸福になるための方法に深い関心を寄せてきた。 幸福についての考察や、幸福であるためにはどのような生き方をすべきであるか、その方法論を提示した文章・書物は「幸福論」と呼ばれている。幸福を倫理の最高目的と考え、行為の基準を幸福におく説を幸福主義という。

ウィキペディア

一般的な幸せの定義は『心』に重きが置かれているようです。

確かに、心の満足度と人間の幸せは、深い繋がりがありますよね。

では、『お金』の存在は、人に幸せを与えないのでしょうか?

お金で得れる幸せもあるでしょうが、お金で劣等感が高まる事があります。
風水の原理原則です。後述します)

一つの例をご紹介します。

満足できない夢の一戸建て!

一戸建てを購入するのが、大きな夢のご夫婦。

念願のマイホームを3000万円(全国平均価格)で購入!
しかし5年後には劣等感で一杯になってしまったという話です。

なぜ劣等感で一杯になってしまったのか?

答えは簡単で、平均物件価格が6000万円の高級住宅街に、マイホームを購入したから・・・。

これも、風水の原理原則。

五術的な幸せの定義

伝統五術は、人に幸せをもたらす最善のスキルと私は思っています。

五術的な『幸せ』の定義は、『六神のバランス』にあるとされています。

六神とは
人間に必要な、自分を含む六つの自然現象のこと。
六神には、互いに影響する相生と相克のサイクルが存在する。

伝統風水師 小林蔵道

六つの自然現象を簡単に説明すると

  1. 自分自身
  2. 友人(利害関係が無い)や兄弟姉妹との関係。
  3. 自分の起こす行動や発言。女性にとって子供の存在。
  4. 財産や資産。物欲が満たされる対象。結果。
  5. 社会的地位や権威、権力。組織との関係。他人との差異。
  6. 思想や思考、考え、知識、心身の健康状態。家族の存在。

となります。

これらをバランスよく命式(宿命)に合わせて、得ている事が、『幸せの条件』とされています。

当たり前の事ですが、『お金』だけで『幸せ』を作る事は出来ませんし、『権威』や『権力』だけで『幸せ』を創る事も出来ないという訳です。

幸せ(六神)の相生

これらの要素2~5は、相生といって、循環する関係にあります。

つまり『2.友人や兄弟姉妹』との関係が、『3.自分の起こす行動や発言』を生み出し、『3.』は『4.財産や結果』を生み出します。

そして、この相生のサイクルを利用して、『幸せのエネルギー』をドンドン高めていくのです。

幸せ(六神)の相剋

注意しないといけないのが、弱めあう『幸せのサイクル』です。

弱めあうサイクルは『相剋』と呼ばれています。

『2』は『4』を弱め、『3』は『5』を弱めるのです。

つまり『兄弟、友人』の存在は、『財産・お金』を弱め、『自分の起こす行動や発言。女性にとって子供の存在。』は、『社会的地位や権威、権力。組織との関係。』を弱めるという訳です。

風水的『幸せ』

つまり、どれか一つの要素を満たしたとしても、風水的な『幸せ』とは、ならないのです。

また、どこか一つの要素に特化してしまった時に、『幸せの和』は崩れてしまいます。

崩れてしまうと人は『虚しい(むな)』と感じたり、『劣等感』を感じたり、『自信』が持てなかったり、『卑屈』になってしまったりする訳ですね。

マイホーム購入の事例

一般的な価格帯のマイホームを購入したが、『劣等感』が生まれてしまった・・・。
この例を、『風水的幸せサイクル』に照らし合わせてみます。

『④マイホーム=資産、財産』と考えます。
『4』が上がる事で、『5他人と比べる』という感覚が上昇します。

更に『4』が上がる事で『6』は、相剋されますので、自己肯定感が下がってしまいます。

従って、せっかく3000万円もする物件を購入したにも関わらず、物件平均価格6000万円の高級住宅街を選んでしまったばかりに、周囲と比べると、自分の『夢』が小さく感じてしまいます。

注意)宿命によって、象意の表れ方は違います。あくまでも一般論とお考え下さい。

まとめ

要するに六神の中の、5つの要素を平均的に手に入れている状態を『幸せ』と考えています。

何か一つに特化する・・・。

その時は良くても、長い目で見た時に、必ず問題が出てきます。

また、人間の人生には、『時間概念による価値観の変化』が必ず起きます。
今は良くても、将来はどう考えているかわかりません。

未来の自分の価値観や感情なんて、わかるはずがありません。

だからこそ、古人は子孫の為に、『幸せの定義』について、残してくれているのでしょうね。

また『先人の智慧』を、現代に生かす事が、1番の『幸せへの近道』になるでしょう。

良かったらフォローして下さいね。
【伝統開運】幸せへの近道~幸せは循環している~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク