【伝統】宿命ってなに?~人生に影響を与える~

『宿命』ってなに?

このブログには『宿命』という言葉が、良く出てくるのに『宿命』について、あまり書いた事が無かったので書いて見ますね。

和風水コンサルティングでは、1番最初にお話しする内容です。

宿命の意味を知る事が、本当の開運生活が始まりますからね。

宿命とは

宿命とは、生まれる時に選ぶ事が出来ない事柄の事を言います。

  • 性別
  • 両親
  • 生年月日時  などなど

これらは、一切自分で選ぶ事が出来ません。

『人生に大きく影響』を与える要素です。

また、変える事が出来ない事実とも言えますね。

生年月日時について

なぜ、生年月日と生まれた時間が、人生に影響を与えるのか?

古典の中の理屈としては、生まれた瞬間の気(エネルギー)を体内に取り込むからとされています。

例えば、四柱推命の場合、瞬間の時間概念の中に、四本の気(エネルギー)があると考えられています。
『年』『月』『日』『刻(時間)』となります。

これらのエネルギーを『空気』として、肺(体内)に取り込みます。

それによって、その人の『性格』や『性質』に、影響を与えられると考えられています。

【風水師の余談】
心理学によると、真夏に生まれる子供と、真冬に生まれる子供では、性格に違いが見られるとされています。

四柱推命では、夏生まれに、必ず火の要素が加わります。

【火のエネルギーが表わすもの】
礼、心臓、血液、楽、苦、赤、夏など。

逆に、冬生まれには、必ず水の要素が加わります。

【水のエネルギーが表わすもの】
智、腎、すい臓、哀、恐、黒(玄)、冬など。

を表わします。

これらのエネルギーが、その人の人生に対して、どのように影響を与えるかは、生まれた日が決まらないと推命する事ができませんが、要素として持っている事は間違いありません。

だから、生年月日と生まれた時間も、宿命の一つに入るという訳です。

まとめ

良い人生を創る時に、宿命の存在を無視する事はできません。

性別、国、両親、生まれた時間などなど…。

これらは、変える事が出来ない事実として、自分自身が受け入れる事によって、人生が好転を始めます。

人生を好転させていきましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク