【男の風水術】お金の自由が無い旦那は運気低迷~

和風水コンサルティングを始めて、早いもので6年になります。

『お金を自由に出来ない旦那様』の多さに、正直驚きます。

  • 借金癖がある
  • 女癖が悪い
  • 無意味な散財が激しい

100歩譲って、上記のような理由があるなら理解できないでもないですが…。

正直な話『一家の運気低迷』は、間違いなく起こるでしょう。
というか、既に起きていて一家の運気低迷に気付いていないかも・・・。

なぜ『一家の運気低迷』となるのか解説します。

一家を守る男性の役割!

六神論の中で、男性の一家を守る大切な役割は、『お金をコントロールする事』です。
特に、収入(陽気)をコントロールする事です。

子育てや家事をする事ではありません。
(子育てや家事をしちゃいけないと言う事ではありません。)

お金を、コントロールしようと思うと『我の力』が必要になります。

『我の力』を強める唯一の方法が『知識』や『経験』を入れる事です。
つまり『学び』を無しに、『我の力』を強める事は出来ず、当然お金(財運)をコントロールする事が出来ません。

更にいうと『学び』をコントロールするのは『財力』です。

そして、『財運』をコントロール出来るようになると、自然の摂理で、子供さんの運気もアップします。

『学び』に必要となるお金

『学び』には、必ずお金が必要になります。

  • セミナーを受ける。
  • 本を買う。
  • メンターを見つける
  • DVDなどの教材を購入する

どれも『学び』に必要なもの。
どれも『お金』がかかることです。

しかも、専門性の高い知識になれば、なるほど費用がかかります。

古本屋さんなら100円~
新品の本で1500円ぐらいまで。
専門書になると、10,000円を超えるようになってきます。

【風水師になる前の経験談】
私は、風水師になる前に、建築・不動産業を営んでいました。
当時は、インターネットなども無く、実際に本やセミナー等で、学ぶしか方法はありませんでした。

・メンタルマネージメント
・営業スキル
・コピーライティング
・経営に関する経理
・自己啓発        などなど。

週に1回は、必ず勉強会に参加していました。

行きたくもない懇親会に積極的に参加していました。
人から学ぶ為です。

人と会うのも、お金が掛かるんです。
喫茶店なら、500円程度で済みますが、居酒屋なら数千円、ホテルのレストランなら、2万円程度・・・。

これらの知識や経験を、『我の強さ』に生かすのです。
そうする事で、収入をコントロール出来るようになってきます。

『学び』に必要になる時間!

学びには、時間も必要です。

  • セミナーを受ける。
  • 本を買う。
  • メンターを見つける
  • DVDなどの教材を購入する

全て、時間が必要です。
家族の為に、時間を割く事も必要でしょう。

ですが、学びの為に、時間を割く事も、家族の為になるのです。

【私の経験談】
正直、私は、大人になって『学ぶ』という事をしていない人の多さに驚きました。
昔は、自分の周りには、学ぶ事が当たり前の人しかいませんでした。

伝統風水師になり、お客様と人生について、話をすると…本当に学んでいない人が多い。
学ぶ必要がないほど、学生時代に勉強してきたなら良いかもしれませんが。

学びを無しにして『豊かな人生』なんて、ありえませんからね。

私の場合は、自営業でしたので、仕事の終了後に時間を作っていました。

サラリーマンで、週休2日あるなら、1日は学びに回すべきでしょう。

お父さんの『こづかい』は減らすな!

泉 正人さんが書かれている『お父さんの「こづかい」は減らすな!』

まさに、その通りだと思います。

収入と支出の大切さ

収入をアップさせたい・・・と言う事は、多くの方が思うことでしょう。

実際に、私の元にくるご相談も、お金にまつわる(収入)案件が、少なくありません。

収入を増やす為に、必要な事は『支出』を見直すこと!

お金の使い方で、未来は大きく変わります。

まとめ

『お父さん 勉強』で検索すると、お父さんが勉強している画像が無い。
つまり、それだけ、世のお父さんが勉強していないという事なのでしょう。

和風水コンサルティングのお問合せを、男性からも女性からも頂きます。

和風水コンサルティングは、基本的には、30歳以上とさせて頂いていますので、男女共に既婚の方からのお問合せも多いのですが・・・。

費用の問題で、断念されるのは、決まって『男性』です。

『学ぶ』という事が、日常になっていないので、奥様に『学びたい』と言えないようです。

家族を養う為、家族をもっと幸せにする為に、学ぼうとしているのに、奥様にいえないのです。
正直、その時点で『造命』『運命を変える』なんて、無理な話です。

『いえない男性』も、問題ですが、『言わせない女性』にも、問題はありますよね。

人生について、真剣に考えた方が良いですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク