宿命を変える積陰徳と収入の関係~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

以前、下記のような記事を書きました。

ですが、『陰徳』を積んでいるつもりが、『偽善』になっている人を見かけます。

積陰徳は、宿命(未来)を変える事が出来るのは事実です。

ですが、『偽善』になっちゃダメ。

積陰徳に最低限必要なもの

最低限の収入

それは『収入』です。

『陰徳』というのは『陰』。
すなわち『無意識』の徳(善行)じゃないとダメなんですよね。

『無意識に善行が行える』

そんな環境って、現代ならば、どんな環境になるのかって考えるようにしましょう。

古代であれば、食料や災害の有無なんかも、大きく影響したかもしれませんが…。

伝統風水師として、多くの方をコンサル、鑑定してきた経験上ですが、年収200万円~300万円では、『無意識の善行』に達しない傾向があります。

収入は、その人の安心やゆとりをもたらしてくれます。

収入が低くなり過ぎると…

心のゆとりが奪われる事になります。

今の日本経済を考えると、年収200万円~300万円は、決してゆとりのある生活とは、考えれないですよね。(個人の価値観で変わります。)

時間的余裕

お金が沢山あっても、時間的な余裕が無ければ、陰徳に繋げる事は難しいでしょう。

日常に追われている状態で、『善行』を考える余裕はありません。

私自身にも経験があります。

【私の経験談】
二十年ほど前の話になりますが、『時間は自分が作るもの!』という自己啓発を、間違って解釈していました。

『スケジュールは、予定を入れてから、時間コントロールする。』

これが、正しいスケジューリングと思っていたんですね。

当然のように、キャパオーバーしてしまい、自己中心的なビジネスの仕方になっていた事を思い出します。
今、考えると周囲の事など、考える余裕がありませんでした。
そして、自分を正当化する事しか考えていなかったのです。

『忙しい』というのは、『心を亡くす』と書きます。

人間は、思わず忙しい事に、満足してしまうんですよね。

社会的地位

社会的地位も、必要なものの一つと考える事ができます。

どんな人間にも『承認欲求』が、備わっています。

他人から認められずに『満足』が生み出されるとは、考えにくいのです。
満足が無ければ『ゆとり』も生まれません。

社会的地位と書きましたが、もっと簡単にいうと『他人からどう見られているか』という事。

まとめ

この三つのポイントが、確保できていて、初めて『ゆとり』➡『積陰徳』と進みます。

無理な『善行』は、やめましょうね。

大切なエネルギーの無駄遣いになっちゃうので…。

和風水コンサルでは

和風水コンサルでは、全体的な広い視野で、コンサルティングしますが、多くの場合に『最低限の収入』から、改善していきます。

理由は簡単で

お金は目に見えやすい!

ということです。

本質的には、目に見えない部分の方が、影響力が強いのですが、改善が難しいです。