【驚愕】本当に財運を上げても良いですか?~必ず質問する深い意味~

こんにちは!

伝統風水師の小林蔵道です。

『本当に財運を上げても良いですか?』

とお客様に質問する時があります。

時には

  • 三年限定の財運アップのやつ!
  • 財運以外はどうでもいい!

というお客様もいるぐらいですので、財運は多くの人にとっての興味の対象なんでしょうね。

そんな時に、『本当に財運だけで良いですか?』『本当に財運を上げても良いですか?』って、確認するんです。

財運だけで良いという人へ!

稀におられますね。

本当に財運しか目に入っていない人…。

そんな時は、残念ながら鑑定をお断りする事にしています。

なぜならば、そういったお客様は周囲の人を、不幸にしている可能性がある為です。

風水や五術の世界では『業(ごう)』と呼びます。

一人の人間が、目的を達成する為に、他の人間が傷ついてはいけないのです。

【伝統風水師の経験】
中小企業の社長さんでした。
ある時の会話で

社長『糖尿になってもうたわ!』
私『食生活の改善をしなくてはいけませんね。自宅の風水も玄関に「病符星」が回っているので、十分に注意してくださいね』
社長『ええねん。俺は好きなものを食べて、好きな生活をして、死んでいくから!』

うすうすは感じていましたが、これが決定打になりました。

この社長さんには、奥様もいて、子供さんもおられます。
本当に一人で、周囲に迷惑をかけずに死んでいけるなら、どんな死に方をしても良いでしょう。

最終的に、本人はどう思っていようが、奥様や子供さんに迷惑がかかるのです。
『業』が強すぎますよね。

勿論、今はもうお付き合いがありません。
その後、噂によると税務署が入って、再び火の車状態になったとか…。

この社長さん。

奥様が看護師さんで、奥様名義でも(退職金担保に)フルに借り入れしている事がわかりました。
お兄さんからも借り入れ銀行にも見放されている状態。

彼は、人に迷惑をかけるという事がわかっていないのです。

一度は、風水を使って経営状態も復活しましたが…奥様名義の借金を返す訳でもなく、お兄様からの借り入れを返すでもなく、税務署に入られて終了~。

財運の性質

財運の性質は、大きく分けて2種類。

ひとつは、財運を得たことによって社会的地位を上げる。

もう一つは、倫理観の低下…。

お金以外にも大切なものを持っていないと、倫理観の低下につながってしまいます。

そしてお金だけでよいという考えは、周囲を不幸にするだけではなく、最終的には自分自身の身を亡ぼす事になります。

まとめ

伝統風水師は、人を不幸にする事に加担してはいけないのです。

勿論、企業同士の戦いに、風水師が呼ばれる事がありますが、それは、各々の正義の為に戦うのであって、今回ご紹介した事例とは『質』の違うものになります。

我を通す為のツールではないという事ですね。