【伝統風水編】お墓参りは運気改善になる?~正しいお墓参り~

2020年3月3日

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『お墓参りは運気改善に繋がる?』という質問をよく受けます。

逆に、お墓参りは霊の集まる場所だから運気が下がる!なんて話も聞く事もあります。

風水的に、お墓の存在やお墓参りについて伝統風水師の観点でお話しします。

お墓の存在を風水的に考える!

風水で、人間にとって、お墓はすごく大切なものと考えられています。

そもそも、風水は自宅の間取りなどで知られていますが、風水の始まりはお墓、つまり『先祖の埋葬の仕方』から始まっていると考えられています。

お墓は、風水用語で『陰宅』と呼びます。

【風水豆知識】
元々の陰宅風水は、埋葬された亡骸が、自然にスムーズに返るまでの道のりを考えられています。
エジプト文明のミイラと真逆な発想になりますね。

埋葬した亡骸が、自然に返り、現代を生きる私たちに自然を通して影響を与えられるという事になります。

その影響を古人は『大地の気』と考え、正しくその影響を受け止める為の技法が、現代にたくさん残されています。

私たち伝統風水師は、それらの技法を用いて陰宅(お墓)を設計するのです。

これらは自然の摂理がもたらす『空間』と『時間』が、人に与える影響を考える技法となります。

ある意味で『家(陽宅)』よりも大切な存在と考えます。

家よりもお墓を大切に考える理由

風水はもともと陰宅(お墓)から始まりました。 お墓のあり方によって、現代を生きる我々に様々な影響を与えます。 現代著名人の先祖のお墓を鑑定すれば一目瞭然です。
風水はもともと陰宅(お墓)から始まりました。 お墓のあり方によって、現代を生きる我々に様々な影響を与えます。 現代著名人の先祖のお墓を鑑定すれば一目瞭然です。

『家の風水よりも大切だと考える!』と言いましたが、それには大きな理由があります。

家の場合は、住んでいる人にしか影響を与えません。
ですが、お墓の場合は、埋葬されている方の子孫に影響がいきます。

つまり、家の風水は『一家』に影響を与え、お墓の風水は『一族』に影響を与えるという訳です。

古人は子孫の繁栄を一番に考えたのでしょうね。

【風水豆知識】
実際に私の元にご相談に来られるお客様で、一族として悩みをお抱えの方は、お墓がどこにあるのかわからない、両親が離婚しているのでお墓参りにいけない…などの環境をお持ちの方が多いのも事実です。

人間が大地に影響を与える!

逆に、人間から『空間』と『時間』に、影響を与える事が出来るとも言われ、その影響の事を『地霊人傑』と呼びます。

風水パワースポットが書かれた書物
土地が偉大な人物を生み出す『地霊人傑』

この地霊人傑の考えが、お墓参りに影響がある事を表しています。

大地(土地)の持つエネルギーを龍神様や土地神様と考え、大切にする事によって、大地が素晴らしい人間を生み出すとされています。

つまり、正しくお墓を参る事によって、大地からエネルギーを得る事が出来るという事になりますね。

その中で、お墓参りに禁忌事項がありますので、お伝えしますね。

お墓参り禁止事項

15時以降は行かない!

お墓参りに15時(申刻)以降に行く事はお勧めしていません。

なぜなら、一日の中で申刻(15時)から『陰気』が強まるからです。

ただでさえも『陰気』の強いお墓に、陰気が強まる時間に行く事で『陰気』の影響を沢山受けるといわれています。

『陰気=悪いもの』ではありません。
人間には、陰気も必要だと考えられていますので…。

ですが強すぎる『陰気』は、悪いものが含まれており、『凶作用』を受けるとされています。

凶日(月破大耗)を避ける!

お墓参りは、先祖に感謝の気持ちを伝える祭祀。

ですので、凶日(月破大耗)に行く事はお勧めしません。

月破大耗については下記の記事をご確認下さい。

また、私が発行している無料メールマガジンでも、お彼岸中のお墓参り吉日&凶日をお知らせしています!
是非、ブログのトップページからご登録下さい!

前日に『牛』や『鶏』の肉を食べる!

前日や直前に『牛』や『鶏』の肉を食べるのが良いと言われています。

これも『陰陽のバランス』の問題で、陰気の強い『お墓』に行く前に、身体の『陽気』を強めておく事を意味します。

東洋の食養術の中では『牛』や『鶏』は『陽気』の強い食べ物とされているからなんですよね。

利益を求めてお墓参りをしない!

地霊人傑でも言われる事ですが、利益を求めてお墓参りするのは、あまりよくありません。

この世に生を受けた事、先祖から続いて今があるという事に対して、感謝の気持ちを持つ事が大切だと言われています。

【風水豆知識】
調子が悪くなると、お墓参りや神社参拝に熱心になる方が居てますよね。
そして、調子が回復してくると、一切参拝しなくなる…。
これは、あまりよくありません。

お彼岸などを利用して、定期的にお墓参りに行くように心がけましょうね。
そういう意味でも、日本の伝統文化って素晴らしいですね。

まとめ

これら3つの禁忌事項を守った上で、お墓参りに行く事は、風水的に考えれば、十分に吉であると考えれますね。

ちなみに私も車にお線香をいつも積んで、思い立った時にいけるように準備していますよ。

また、最近は科学的に考えても、お墓参りをすると、幸せホルモンと呼ばれる脳内物質セロトニンが分泌されるといわれています。

セロトニンは、日光を浴びる事で分泌されたり、他人に対しての善行を行う事で分泌されるという研究データが出ています。

このセロトニンが、分泌されると人の心は穏やかになり、イライラがなくなるといわれています。

脳内に分泌される『セロトニン』を実感してみるのも良いかもしれませんね(笑)

10分程度の短い動画です。お墓参りに行く前に是非ご視聴ください!