伝統風水とは~間違った現代風水に惑わされない~

伝統風水とは人間が生活する環境を整備する為の学問。
古人の残した智慧である。

『古人』というものの、最近では科学が古人の智慧に追いつき、日々科学的根拠が立証されている。

『古人』が、子孫繁栄の為に残した大切な知識を、伝統と捉え、古典と現代科学を融合させ現代に生きるのが『伝統風水』となる。

伝統風水の目的は?

伝統風水は、人間が本来の能力を100%発揮する事が出来る環境を作り出す事を目的としています。

『意識的行動』と『無意識的行動』から、人間の人生は創られます。

伝統風水は、人間の『無意識』に対して、影響を与え、『無意識』による行動に変化をもたらします。

その行動の変化が、個人や一家、家系に対し良い影響を与えるものを吉と考え、悪い影響を与えるものを凶と考えます。

そして『趨吉避凶』を実践し、

  • 個人の成功
  • 一家の繁栄
  • 家系の子孫繁栄

を得る事が、本当の『目的』であるとされています。

伝統風水の目的:無意識を活用し幸せを手に入れる!

伝統風水の成り立ち

風水という言葉は、2世紀~3世紀(諸説あり)の『葬書』という古典から始まると言われています。

葬書に記される『気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止 故謂之風水』この一文が、風水の語源になっていると言われています。

つまり、少なくとも1700年前には、『風水』という考えが存在していたという事になります。

葬書は、郭璞(かく はく276年~324年)の著とされているが、真偽は定かではない。

伝統風水の二大流派

伝統風水は、大きく分けると巒頭派と理気派に分類できます。

巒頭派!理気派!

という言い方をすると、派閥や相反する物と考えてしまいがちですが、どちらも伝統風水として大切で、信憑性の高いものです。

巒頭風水は、主に地形や建物の形から受ける影響を考えたもので、理気風水は、時間や方位、空間から受ける影響を考えたものです。

どちらが正しい…そういう問題ではなく、巒頭派と理気派の両方を実践するのが、伝統風水と考えるべきでしょう。

現代の風水

hakkekyou
八卦鏡を使った厄除け

現代の風水は、残念ながら『小手先だけ』の風水が多く見られます。
また、風水と無関係なものまで『風水』とされているのが現状です。

なぜ、このような事が起きたのか?

現代のマーケティングの観点から、考えると理解しやすいと思います。

一般的に、世の中に広く受け入れられる為の条件として『簡単に実践できる事』となります。

世の中に受け入れられる為に『簡単に実践できる』という部分に特化して、間違った方向に発展したのが原因であると私は考えています。

例えば…

〇〇に△△を置けば金運アップ!
◇◇に××を配置すれば恋愛運アップ!

というような具合に、『何かをするだけ』で、大きな変化があるという事に大衆は惹かれてしまうのです。

逆に伝統風水は、

  • 建物の築年
  • 建物の向き(二十四方位や六十四方位等)
  • 瞬間の時間影響
  • 周辺の地形のあり方
  • 住む人の命運

などによって、全ての建物が違う環境にあると考えられ、その建物や個人、一家によって、必要な改善策は異なります。

この時点で、現代の風水と比べて、格段に使用しにくい・・・使用しようと思うと専門家への相談が必須となります。

また、全ての家が違う環境にあると考えると、風水アイテムの販売もかなり難しくなりますし、書籍やメディアへの取り上げもかなり難しくなります。

ゆえに、伝統風水よりも現代風水の方が、世に受け入れられるのでしょう。

伝統風水に対する誤解

伝統風水は、先にも説明したように

  • 建物の築年
  • 建物の向き(二十四方位や六十四方位等)
  • 瞬間の時間影響
  • 周辺の地形のあり方
  • 住む人の命運

などを、確認した上で、全ての宅が異なった環境を持っています。

また『伝統風水』と一言で言っても、数多くの技法が存在します。

  • 玄空飛星派(フライングスター)
  • 玄空六法
  • 玄空大卦
  • 龍門八局水法(乾坤国宝水法)
  • 生旺墓水法
  • 些氏水法
  • 三元通天照水経
  • 孔氏玄空寶鑑
  • 旺公陽宅神断

ですが、『風水』という一つの概念から出来ているものと、誤解されています。

これらの技法は、どれが正しく、どれが間違っているというものでは無く、どれもが正しい技術であると考えられています。

つまり、全ての技法を重ね合わせて、建物の鑑定をする必要があり、全ての技法を重ねて設計された住宅、それこそが『伝統風水陽宅』と言えるでしょう。

まとめ

伝統風水とは何なのか?

複雑難解な『伝統風水』ですが、全ては古人が子孫繁栄の為に残した智慧。

個人の成功
一家の繁栄
一族の子孫繁栄

を目的にした伝統風水。

ほんの少しのイメージだけでも、掴んで頂けたら幸いです。

なかなか『真実』は、広まりませんが、伝統風水師として、多くの人に正しい伝統風水を活用して頂ける世界を微力ながら目指していきたいと思います。

伝統風水鑑定について
伝統四柱推命鑑定について
伝統擇日(日選び)について
和風水コンサルティングについて
その他について
記事に関する事

男性女性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク