「風水鑑定について」カテゴリーアーカイブ

お客様からのご依頼を含め、日頃の風水鑑定結果を可能な範囲で公開させて頂いています。
この中から、建物等の周辺の環境が人間に与えている影響を知って頂き、趨吉避凶の実践に役立てて頂きたいと思います。
皆さんに幸福が訪れますように!!

吉風水物件を探し求めて!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は朝から風水鑑定書の作成。

その後、お昼から風水物件探し。

大阪市内でワンルームマンションを探しているお客様。
ワンルームマンションだからって舐めちゃイケません。

ワンルームマンションだって住居。
しっかりと環境を整えなくてはいけません。

一件目のマンション。

一階部分が駐車場でがらんどうになっている物件。 地劫殺。しかもベランダの目の前に電柱が! ぜ~ったいに選んじゃダメな物件でした!
一階部分が駐車場でがらんどうになっている物件。
地劫殺。しかもベランダの目の前に電柱が!
ぜ~ったいに選んじゃダメな物件でした!

一階部分が地劫殺。
「地に足がつかない」という象意があります。
睡眠も深く出来ないと言われているのでアウト!

次の物件は築年月が平成16年(2004年)2月。

三元九運の境目に建築された物件。 七運と八運で吉と凶の差が天と地ほどの違うので断念。
三元九運の境目に建築された物件。
七運と八運で吉と凶の差が天と地ほどの違うので断念。

何が問題あるの?と思われるかもしれませんが、今回はこの物件もアウトとしました。
なぜならば、玄空飛星派風水で、2004年2月といえば三元九運という時間サイクルが入れ替わるタイミングなんです。

2004年2月3日まで第七運で2004年2月4日から第八運に入ります。
賃貸マンションは完成時期や入居時期がすごく曖昧なんです。
ですので、実際にこの物件が第七運の物件なのか、第八運の物件なのかわかりません。
もし、住んでいる人に話を聞く事が出来ればわかるかもしれませんが、そんな事が出来るはずもなく・・・。

もし第七運だった場合と、もし第八運だった場合の両方共の飛星図を書いてみました。

七運であれば吉な物件なのですが、八運になると凶な物件となりました。
お客様は気に入っていたようですが、危険すぎますので却下とさせて頂きました。

次の物件が本日最後の物件です。

 

一番期待度が高かったので楽しみにしながら物件に向かいました。

方位の測定をして・・・愕然。
方位羅盤と軍事用のコンパス、共に337.5度!

これも何故だかわかりませんよね。
風水鑑定に使う方位盤ってたくさんの種類があるんですが、二十四座山盤をメインで使います。二十四座山盤には天盤地盤人盤と三種類あります。
この三種類は少しずつずれているのですが、すべての盤で【空亡】となります。

空亡は中途半端な状態を表すのですが、かなり凶作用がきついと言われているので当然ですが却下。
一度でもズレていれば良かったんですけどね。
こればっかりはインターネットでは確認できませんし、お客様に図って頂く訳にもいきません。
正しく方位を図らないと磁石は本当に簡単にずれてしまうんですよ。
余談ですが、自転車が前を通るだけで針はクルクル回ります^^;

という事で、今日の吉風水物件探しは不発に終わりました。
お客様にパワースポットに行ってもらって、方位を取ってもらってリベンジです。

風水師って、微妙な判断がすごく大切な仕事だな~って改めて感じました。 良し! 今日も少しだけ本を読んで寝よう。

ワンルームマンションでも風水って必要?

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

結論から言います。

ワンルームマンションでも風水は必要です!!

ファミリーの住むマンションや一戸建ては風水を気にされる方が多いのですが、ワンルームマンションなどの単身用マンションになると一気に半減してしまいます。

ワンルームマンションの風水はどう考える? カーテンの色や布団の色で誤魔化しますか?
ワンルームマンションの風水はどう考える?
カーテンの色や布団の色で誤魔化しますか?

理由は
・長く住まない可能性が高い。
・ほとんど仕事で家にいない。
・自分一人だから
などなど。

たくさんの理由があると思います。
とあるデータによると単身用マンションは4年で退去する方が一番多いそうです。

4年を長いと感じるか、短いと感じるかですが、風水師の立場でいうと4年と言えば、十分すぎるぐらい風水の影響を受けます。

ほとんど家にいないと言っても、睡眠時間や休日(週休2日&盆正月&GW&SW)を考えるとかなりの頻度で家にいていると考えられます。

最後の自分一人だから・・・とありますが、単身で単身用マンションに住まれる方は20代~30代の方が多いと思います。
20代~30代と言えば、人生で最も大切な時なのではないでしょうか?

この期間に何をどれだけ経験するかで40代、50代が決まると言っても過言ではありません。

70代、80代の4年と20代30代の4年はあまりにも重さが違います。

20代30代の一人暮らしの方で多い相談内容は

・知らない土地になじめずに精神的な病にかかってしまう。
・体調不良
・気が付くと借金が増えている
・異性問題でトラブルに巻き込まれる

などなど。

上記のような内容で風水鑑定の依頼が多数あります。

風水の基本は【趨吉避凶(すうきちひきょう)】。
凶を避けなければいけません。

陰陽の原理で考えても、凶は人生に大きく影響を与えます。
(理由はセミナーでお話ししています!)

良い人生を創る!

これを基本とし、正しく風水や四柱推命を取り入れましょう!

伝統風水で店舗探し!

こんにちは!

大阪・京都の風水師 小林蔵道です。
先日の店舗探しを例にお話しさせて頂きます。

【飲食店をお探しのA様】
インターネットからお問い合わせを頂きました。

まず最初に、本当の伝統的な風水がどのようなものなのかをお話しさせて頂き、命術(四柱推命や紫微斗数)、相術(風水や人相)、卜術(五行易や断易)の用途の違いなどをしっかり理解して頂きました。

ちなみに私自身、店舗等の物件を探す時に、命術、相術、卜術の全ての技術を使います。

ちなみに今回、風水確認をした資料の量は↓の写真。

今回、物件を決めるまでに風水鑑定した物件資料!
今回、物件を決めるまでに風水鑑定した物件資料!

ちなみに1ページに付き2件です(笑)

資料が私の手元に来る度に、巒頭風水を衛星写真で確認します。
巒頭風水とは…本来の風水は地形をもっとも重視します。
周辺の自然環境を確認し、巒頭風水の状況を確認します。

ほとんどの物件がこの時点で却下となります。

今回の場合、6件が巒頭風水で合格点に達していました。

次は、現地に向かいます。

現地で方位を計ります。
建物の方位、周辺の環境の方位等を全て図ります。

風水鑑定に必要な方位を測定する伝統風水師。
風水鑑定に必要な方位を測定する伝統風水師。

もちろん周辺を歩き回って、水路、水口、山、川、建物も確認します。

この時点で、6件あった物件が2件まで減りました。

最後に残った2件をA様と一緒に現地へ確認に行き、最終の決断をして頂きます。

最終決断を頂いたら、本格的な風水鑑定をスタート!

①龍門八局水法

②玄空飛星派風水

③旺公陽宅神断

④些子水法

⑤頼公砂法や二十八宿砂法

⑥生旺墓水法

等々を鑑定し、鑑定書を作成します。

これらの風水鑑定で、店内のレイアウトも定まってきます。
趨吉避凶の凶を避けるを一番に考えます。

・レジの位置と向き
・排水口の位置
・客席の位置
・神棚の位置と向き

これらをしっかりと伝えお客様と一緒に最終のレイアウトを決めて完了。

もちろん工事の期間中も、重要なポイントでは現地に行き、工事業者さんと打ち合わせをさせて頂きます。

このように長い長い道のりを経て風水物件が完成します。

物件が見つかってから、約2ヶ月。

何に重きを置くかですが、私は今までの経験上、上記のような工程をしっかりと踏まえた方が、のちのち必ず役に立つと考えています。

適当な風水鑑定に騙される事が無いようにしっかりと本物を見極めて下さいね。

工場内のレイアウトを風水で!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

とうとう図面が届きました!

和歌山県某企業の工場内レイアウトを風水で提案!
和歌山県某企業の工場内レイアウトを風水で提案!

ちょこちょこブログで書かせて頂いていますが、和歌山県からお声が掛かる事が本当に多くなりました。

今回は、和歌山県の某企業の工場。

工場のレイアウトを風水で考えたいとの事でお声かけ頂きました。

工場内という事ですので、玄空飛星が主になってくると思いますが、工場ですのでかなりの量の水が水口(排水口)から流されると思いますので、玄空飛星だけでは本当の意味での風水を施した事にはなりません。

ですので、排水の位置はしっかりと別の技術で決めて行きます。

しかし今回、規模の大きい工場だからシビアになっている訳ではありません。

一般住宅や、一般店舗でも同じで、たくさんある技術の中でそれぞれ得意分野や不得意分野があります。

同じ風水水法の中でも得意分野、不得意分野に分かれています。

適材適所に技術を使いこなすのが風水師の実力。

もっともっと腕を磨かなくては・・・。

築48年以上の建物は・・・。

こんにちは!

大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

今日は明日の兵庫県での風水鑑定の準備で一日机に向かっていました。

私達、伝統風水師は、一つの建物を鑑定するのに最低でも五つの技術を使って鑑定します。

複数の技法を用いて、それぞれの得意分野に合わせて、重ねて鑑定を進めます。

風水鑑定にもっとも大切なのは周辺の地形。 カーテンの色よりも、カーペットの色よりも大切な事なんです。
風水鑑定にもっとも大切なのは周辺の地形。
カーテンの色よりも、カーペットの色よりも大切な事なんです。

今回、鑑定に使った技法は6種類。
これだけ重ねて看ると、そのお家の歴史がなんとなくわかってくるんですよね。
一つの技法に頼っていると確実に鑑定が偏っちゃうんですよね。

さて、ここで【三合古法】の一つの技法では、建物は大きく分けると二つに分ける事が出来ると言われています。

専門用語になるんですが、食禄宅と羊刃宅という二つに分けられます。

この二つのお家には特徴があって、片方は48年、もう片方は18年。
この期間を過ぎると家は少しずつ衰退していくとあります。
新しいお家にはそれなりに力があるっていう事ですよね。

中古住宅を購入する時は、他の技法で吉宅となる物件を選ぶ方が良いかも知れませんね。

ここで注意!!

あくまでも技法の一つで言われている事なので、他の技法と重ねてみなくてはいけないという事。

一つの凶で、全てが凶と思わないで下さいね。

それではまた・・・。

重大なお知らせ。

こんにちは!

大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

私のブログのヘッダー(一番上の部分)の画像に書いている問い合わせ電話番号が、以前の高槻のお店の番号のままになっていました。

お客様からお知らせ頂きました。

本当に申し訳ございません。
以前の電話番号は、ラーメン屋さんになっているようで、ラーメン屋さんにもご迷惑をお掛けしてしまいました。

訂正させて頂きましたので、お気軽にお問合せ頂けると嬉しいです。

毎週水曜日は定休日となっておりますので、水曜日以外にお電話頂けますと繋がるようになっています。

迷信,風水鑑定,大阪,京都,結婚の日,恋愛の日,日選び

正しく使おう風水アイテム!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

お客様から風水の改善をしたよ~って連絡を頂きました。

玄関にウインドチャイム。 気をつけないと吉にも凶にも!
玄関にウインドチャイム。
気をつけないと吉にも凶にも!

オフィスの玄関に付けて頂きました。

玄関は風水で最も重要と言っても良いぐらいの場所。
事務所や店舗になると、なおさら重要になってきます。

今回は化殺(凶作用を弱める)として使って頂きました。

巷では風水アイテムとして、ウインドチャイムが販売されているのをよく見かけます。
このウインドチャイムは全ての玄関に有効な訳ではありません。

今回使った技術は、玄空飛星派という三元派風水で最も信憑性が高いと言われるものを使いました。

玄空飛星では、建物や居住空間、店舗、事務所等に、九星(気学や家相ではない。)が配置され、配置された九星によって吉凶を読み解き吉を強め、凶を弱める技術となります。

今回の事務所の場合、玄関に凶星の五黄土星が配置されていました。

ですので、五黄土星を弱める為に【金】の五行(エネルギー)を使い弱める事にしました。

原理は簡単で、玄空飛星派の場合、木は水を弱め、火は木を弱める。土は火を弱め、金は土を弱める、水は金を弱めるという五行のエネルギーの関係に合わせるだけ。

注意したいのが、現在(2017年)は五黄土星は凶星ですが、八白土星は超吉星となります。

同じ土の五行となっていますので、八白土星にウインドチャイムを付けてしまうと、土のエネルギーを弱め、吉作用を弱めてしまう事になります。

ですので、五黄土星の配置された玄関には吉となりますが、八白土星の配置された玄関には吉になります。

今回の、五行の関係は【相生】を使っていますが、弱めたい九星がある時は、必ず相生を使うようにして、相剋は絶対に使用しないようにして下さいね。(これ風水師なら当たり前)

今日は凄く専門的な話になってしまいましたが、大切な事なのでお知らせいたしました。

それでは!

【大寒&月破大耗】こんな日はゆっくり事務仕事!

今日は【大寒】&【月破大耗】ですね。

大寒は二十四節季でいう一年で最も寒い日!

月破大耗は、月と日のエネルギーの衝突により、気が大きく乱れ、物事が上手く行きにくい日。

寒いのが苦手な上に、エネルギーが乱れているのであれば、僕にとって、外に出るメリットが全くない日。
という訳で、溜まっている鑑定書作成に没頭します。

日によっての吉凶を知る事で、スケジューリングがスムーズに進みます。
陽の日に動き、陰の日に事務作業。

皆様にも毎月の吉日&凶日を【無料風水師メルマガ】でお知らせしていますので、是非ご活用下さいね。
http://www.house7.co.jp/SHOP/mailmag.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で擇日(吉凶日選び)がしたい人に!!
使い方もしっかり解説!
詳細が知りたい人は、こちらへ!
http://www.house7.co.jp/SHOP/list.cgi

華僑でも人気の高い擇日通書(日選びの為の暦)
華僑でも人気の高い擇日通書(日選びの為の暦)

住宅物件購入の助成金!!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

国土交通省が、中古住宅を購入する40歳未満の方に対して最大65万円の補助金を出すみたいですね。

空家の増加に歯止めをかける狙いがあるみたいです。

さて、中古住宅の購入ですが、伝統風水師として注意点を簡単にお話しします。

ゴミ屋敷に至るまでを風水で考える!ゴミ屋敷に至るまでを風水で考える!
ゴミ屋敷に至るまでを風水で考える!

私としては、中古住宅の購入には大賛成です。
もちろん物件によっての話ですが・・・。

新築に比べて価格の下落が少ないので、若いご夫婦には中古住宅をお勧め致します。

ただし、前所有者がどのような経緯で手放す事になったのかは、必ず確認して頂きたいと思います。

競売や任意売却で手放すなどのネガティブな理由の場合は、信用のおける風水師にご相談される事をお勧め致します。
風水的な処方(化殺)を施す事によって、凶作用が吉作用に変わる場合もありますし、最悪でも凶作用を弱める事が出来ると思います。

前所有者が不動産会社になっている場合も注意が必要です。

なぜならば、前々所有者から買い受ける時に、何らかの事情で低価格で取得している場合がある為です。

何らかの事情で価格が安くなってしまう場合とは、任意売却もそのうちの一つですが、事故物件(自殺や他殺等)も価格を下げる理由の一つになります。

そういった、低価格な物件は、不動産会社の中で情報がまわり、売買されているケースを良く見かけます。

このような物件も、信用のある風水師にご相談される事をお勧めいたします。

他に、気にするとすれば、その土地が昔、どのように使われていた土地なのかも調べた方が良いでしょう。

数年前の広島の土砂災害を覚えていますか?

現在は、八木という地名になっていますが、昔は【蛇落地悪谷】と呼ばれていました。
古人が、子孫に人が住む場所ではない事を教える為に、【蛇落地悪谷】という、いかにも悪そうな地名をつけていたそうです。

細かい事を気にしだしたらキリが無いと思いますか?

決して安い買い物ではありませんし、一生を決めてしまうような大きな大きな出来事です。

私は不動産時代からの経験と現在の伝統風水師になってからの経験を合わせると20年以上になります。
この20年の経験上、これでもか!という位に、細かい事を気にし中古物件の購入する事をお勧め致します。

画像の物件は、最終的に任意売却物件になってしまいました。
詳しくは:http://ishira-fengshui.jp/?p=745

金運の流れを変える秘術。

こんにちは!

大阪京都の伝統風水師 小林蔵道です。
今日は神棚の設置場所を選びに行って来ました。
風水と神棚って関係あるの?という声が、聞こえて来そうですね。
風水は宗教ではありませんので、神棚は関係ありませんと言いたいところですが、神棚が人の潜在意識と深く関係している為、潜在意識に働きかけたい時に神棚を使います。

日本人は昔から神棚や仏壇に特別な思いを持って接して来ました。

風水鑑定,金運,財運,売上アップ,大阪,京都

神様や仏様を信じていなくても、神棚を乱暴に扱ったり、お墓を踏みつけたりするのは気が引けますよね。

意識の中では信じていない。
でも、潜在意識が上記のように働きかけるんですよね。

その潜在意識を利用する風水の技術が存在します。

水法の一つで、内容造作法と言います。

この造作法はビジネスに大変有力で、お金の流れを良い流れに変化させてくれたり、人間関係を良好なものにしてくれたり。

内陽造作法を使う事で、お客様の数が2割アップ。
そんな話はよく耳にします。

金運をあげたい!
財運をあげたい!
売り上げをあげたい!
利益を増やしたい!

という方にオススメです。

風水の技術を使って神棚の場所を決めてみませんか?