「絶対ダメな風水」カテゴリーアーカイブ

風水グッズ購入の恐怖

こんにちは!

大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

先日、和風水コンサルのクライアント様と伊勢の神宮に参拝に行ってきたのですが、その時にかなりビックリするお店を見つけました。
本当にありえない・・・。

伝統風水や日本の伝統から考えると大きな大きな間違いです。 犯太歳や冲太歳と言われる凶です。 本当に信じられません。
伝統風水や日本の伝統から考えると大きな大きな間違いです。
犯太歳や冲太歳と言われる凶です。
本当に信じられません。

犯太歳(冲太歳)の凶作用を避ける為に、合(ごう)する干支の物を持つというのは聞いた事がありますし、お客様に提案する事もあります。

逆に、この写真で言われている『向かい干支』これは明らかに凶作用を生み出します。

伝統風水だけではなく、日本の伝統の中でも凶作用を生み出すとされています。

何を根拠にこんな事を言っているんでしょうね。

本当に驚きです。

皆さんも、風水グッズをお買いも求めになる時は気を付けて下さいね。
高額で販売するお店は良く耳にしますが、ここまで反対は初めてです。

酉年酉月酉日

こんにちは!
大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

凄く久し振りな投稿になってしまいました( i _ i )

9月7日から酉月が始まりましたね。
しかも酉月の始まった9月7日は酉年酉月酉日というトリプルで酉の重なる日でした。

こういう日は吉凶共に酉の影響を強く受けてしまいます。

自分の五行のバランスを考え忌神となる人は特に注意が必要です。

バランスを崩し判断に間違いが多くなり、その後の人生に大きく影響を与えてしまいます。

凶の影響は【陰】。
陰のエネルギーは強く強く影響します。

特に命式内に【卯】【酉】を持っている人は注意が必要です。

より良い人生を創る為に【趨吉避凶】は必須。
凶を避け吉を得る

 

一緒に良い人生を創っていきましょうね。

 

見落としがちな小さな水路!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

皆さんの開運状況は如何ですか?

健康?財運?人間関係?どこに出るかは環境次第!
健康?財運?人間関係?どこに出るかは環境次第!

小さな水路ですが、立派な反弓殺となります。

健康?財運?人間関係?どこに出るかは環境次第!
健康?財運?人間関係?どこに出るかは環境次第!

こんなに小さな側溝も反弓殺となります。
結構、見落としがちなんですよね。
見落としがちなだけじゃなく、小さいだけに甘く見てしまいがちなんですよね。

よく【小さければ大丈夫ですか?】と聞かれます。

小さくて大丈夫なのであれば、大きなというキーワードが入っているはずなのに入っていません。

という事は小さくても凶作用を受けるという事になります。

凶作用の出方は、建物の状況によって全然違います。

恋愛に出る場合。
ビジネス運に出る場合。
健康運に出る場合。
財運に出る場合。
家庭運に出る場合。

様々ですが、凶である事には間違いありません。

凶を避ける!

趨吉避凶で前に進みましょうね!

【明堂圧迫】玄関前の壁!~財運に影響~

こんにちは!

大阪・京都の風水師です。

先日、兵庫県へ風水鑑定に行ってきました。

最近の新築によく見かける玄関前の壁・・・。

玄関の中が見えないようにする工夫らしいですが・・・。
玄関の中が見えないようにする工夫らしいですが・・・。

これって風水的にどうなんでしょうか?

風水で玄関は【金運】や【財運】をつかさどる大切な場所となっています。

玄関前のオープンスペースの事を【明堂】といい、綺麗に整理整頓され広く開けている事が吉とされています。

玄関前が散らかっている事を【明堂雑乱】と言いますし、今回のように玄関前に壁や建物が建っている状態を【明堂圧迫】と言います。

オシャレで便利そうに感じても、古人の知恵は守って快適な生活を手に入れたいですよね。

重大なお知らせ。

こんにちは!

大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

私のブログのヘッダー(一番上の部分)の画像に書いている問い合わせ電話番号が、以前の高槻のお店の番号のままになっていました。

お客様からお知らせ頂きました。

本当に申し訳ございません。
以前の電話番号は、ラーメン屋さんになっているようで、ラーメン屋さんにもご迷惑をお掛けしてしまいました。

訂正させて頂きましたので、お気軽にお問合せ頂けると嬉しいです。

毎週水曜日は定休日となっておりますので、水曜日以外にお電話頂けますと繋がるようになっています。

迷信,風水鑑定,大阪,京都,結婚の日,恋愛の日,日選び

事故が多い日・・・。

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

この記事は2017年1月22日に書いています。

三合擇日(風水の日選び)が本当に優れた物だと実感させられました。

擇日とは風水の技術の一つで吉日を選び凶日を避ける運気UPには欠かせない技術となっています。

結婚式や結納、開業、法人設立はもちろんですが、建築に関する日選びにも使える技術として有力です。

上棟式(棟上げ)や地鎮祭等、キッチン、寝室に関する建築も事細かく吉日を探す事が出来ます。

先日、テレビニュースを見ていると・・・

迷信とせずに、古人の智として受け止めていれば・・・。
迷信とせずに、古人の智として受け止めていれば・・・。

この日は2017年1月20日

干支暦でいうと・・・

丙申年、辛丑月、丁未日、乙巳時に不幸な事故が起きてしまいました。
大山崎の工事現場で土砂崩れ。

この日は、風水擇日によると【月破大耗】という凶日。
更にその3日前は土旺用事ですので土のエネルギーが強まります。

これだけならばタダの偶然?
と思われる方もおられるでしょう。

しかし、去年も同様の事故が起きています。

2016年4月22日有馬川橋の事故。
国道176号線に高速道路が落ちた事故です。

この事故も丙申年壬辰月甲戌日に起きました。

この日も今回同様、土の月破大耗で土旺用事(土用)の真っ最中。
他にも偶然とは思えない事故が沢山あります。
仕事の都合上、どうしようも無いのはわかりますが、注意するに越した事はありません。

軽々しく命に関わるなどと言いたくありませんが、風水は凶が重なると命に関わる問題へ発展します。

ご自身の
・旅行
・結婚
・マイホーム購入の契約
・マイホームの地鎮祭
・個人事業主開業届けの提出
・法人登記の日取り

等々の人生において大きな大きな行事は日を選んでも良いのでは無いでしょうか?

太極にあると忌む??(家の中心)

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

風水は、人間のエネルギーの充電器である陽宅(家)の環境を整え、人が日々、フル充電し毎日をイキイキ生活する為の技術になります。

中でも、家の中心の事を太極と呼び、太極は家のエネルギーが集まる場所であると考えられている為、清潔である事が望ましいとされてきました。

家の中心(太極)にお風呂がある状態は古典によると清潔に保つ事が出来なくなり住人に凶作用を与えると言われています。

心臓疾患などの血液に関する病に侵されたり、腹部の病を患いやすくなると言われています。

私自身がそのような住宅(陽宅)に出会った時は、費用が掛かってしまいますが浴室の移設を提案するか、お引越しを提案せざるを得ないと考えています。

どうしても引越やリフォームが出来ない場合は、日々の浴室の掃除を徹底して頂く事にしています。

【八卦鏡】安易に鏡は置かないで!

こんにちは!

京都・大阪の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は八卦鏡について。
風水といえば、八卦鏡という人も。

八卦凶。使い方によっては他を攻撃してしまいます。
八卦凶。使い方によっては他を攻撃してしまいます。

路冲殺(ろちゅう)や剪刀殺(せんとう)柱衝殺(ちゅうしょう)樹衝殺などの外家巒頭風水の化殺(風水対策)で用いられます。

八卦鏡には、凹面、凸面、平面の3種類がありますが、すべて使い道が違いますし、慎重な風水師になればなるほど、八卦鏡を使いません。

八卦鏡は邪気や凶作用のあるエネルギーを跳ね返す事が基本となっています。

跳ね返すという事は、近隣のお家に悪影響が現れるという事です。

この事から、香港では風水戦争と呼ばれる事態にまで発展したケースがあります。

ですので、風水師は安易に八卦鏡を使う事をしません。

自分たちの為に、周囲に不幸が伝染する事は避けるようにしましょう。
今後の運の改善にも大きく影響してきますから・・・。

風水で最も大切な玄関!

こんにちは!

大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

風水を考える時に注意したいのが『玄関』。

いくつか注意してほしい点はあるのですが、今日は一つだけお伝えします。

玄関から出てすぐに樹木や電柱はありませんか?

数本の樹木によって覆いかぶさっている状態のことを前院大樹(ぜんいんだいじゅ)と言い、凶とされています。

陽宅であるにも関わらず、陰のエネルギーが多くなってしまい【イライラ】【むくみ】【冷え症】などの原因になると考えられます。

一本や二本の樹木が玄関の目の前にある場合は少し象意が違います。

玄関前に樹木がある事を風水では凶とされています。
玄関前に樹木がある事を風水では凶とされています。

水の流れにもよりますが、龍門八局大劫殺の一つに入る為、目の病が絶えないとあります。

その樹木が、古木であれば、憂いが絶えず、心の病や手足の疾病にかかりやすくなるとされています。

いずれにしても外家巒頭でも、龍門八局水法でも、玄関前に樹木や電信柱が立っている事を忌むとされています。

このように一つの風水の判断だけでなく、二つ三つと重なるものは信憑性が高いと考えられますので、避凶する事をお勧め致します。

皆さんならどこを選びますか?

こんにちは!

京都の風水師 小林蔵道です。

今日は家探しをする時にすごーく役立つお話しをさせて頂きます。

最近の鑑定でよく出会う風水なんです。

皆さんなら下記の造成地の中でA~Cのどこを選びますか?

過堂A~Cの中で考えると断然【C】が凶物件となります。

なぜだかわかりますか?

いくつか理由は考えられます。

一、反弓煞になるから。

過堂2風水では道路を川と考えます。
道路や川のカーブの外側を「反弓煞」と言い破財や心身の不調を象徴すると言われています。
このような90°に曲がるカーブの場合、見落としやすいので注意が必要です。

、建物の明堂を水が通らない!

過堂3建物の太極をとり、太極の正面を流れる水の事を風水で過堂と言います。

過堂のない物件は風水で最も大切な【水】の恩恵を受ける事が出来ません。
ですので、沈氏水法などの水法を使う事が出来ません。
これも宅内の風水ばかりに拘っていると見逃してしまいやすので注意が必要です。

宅内の風水も大切ですが、宅外の風水(巒頭)はもっともっと大切です。
より良い生活を創る為に、より良い風水の環境を作る事が大切だと考えています。