【伝統風水】象意は表れやすい所に表れる~離婚の次は仕事??~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

先日も事故物件を、風水鑑定していました。
その時に、私達伝統風水師にとって当たり前の事過ぎて、見落としていた事。

それが、『象意は表れやすい所に表れる』という事です。

例えば、玄空飛星派風水(フライングスター)で、失運時に忌み嫌われる二黒土星と五黄土星というエネルギーがあります。

この2つのエネルギーが、玄関周辺に来ていると仮定しましょう。

この2つのエネルギーが、同じエリアに入る状態を『両重災病(りょうじゅうさいびょう)』と呼びます。

両重災病とは
孤独、身寄りが無い、妻を失った男、命に関係する病気、傷を負う、などの意味を持つ。

伝統風水師 小林蔵道

また、五黄土星単体の意味もついてきます。

五黄土星単体の意味は
最も凶悪なエネルギーとなる。深刻な災いを呼び込む。事業の衰退、離婚、借金などの破財など。

伝統風水師 小林蔵道

勿論、一人の人間や一家族に起きる事ですから、全ての事が同時に起きる訳ではありません。

次から次へと、災禍が飛び込んでくる状態になります。

命運との兼ね合いも、考えて判断しなくてはいけませんが…。

魔法や呪いの話ではありません。 風水の話です。 風水は自然の法則に則った自然と共存する為の技術です。 なるべくして起こる。それが風水の凄さであり、怖さでもあります。 今日明日に起こるのならば、もっと本気で風水に取り組むでしょう。 10年、20年かけてジワジワ攻めてきます。

運に意思があるとしたら、結果を出しやすい場所から出していくのでしょう。

上記の事例は

リストラ⇒離婚⇒癌(がん)

という風に、象意が表れました。

負のスパイラル発動!

まさに負のスパイラルです。

この負のスパイラルが始まると、余程の覚悟が無い限り止める事が出来ません。

まぁ、私達『伝統風水師』は、この負のスパイラルを止める事が仕事なんですけどね。

でも、私達風水師は、止める方法を提案する事しかできません。

原理原則は同じ

どんな事でも、原理原則は同じ。

弱いポイントに、象意は表れるという事です。

一難去って、また一難が続くと、人間はさらにエネルギーが低下します。

エネルギーの低下は、『判断力』を奪います。

では、そんな時にどうすれば良いのでしょうか?

解決法は

謙虚に自分自身の行動を振り返り、命理学(四柱推命)を使って、己を知りましょう。

『我』や『欲』は、負のスパイラルを強化します。

私の経験上、喉元過ぎれば熱さ忘れる…そんな方は、忘れたころに再び災禍に襲われます。

謙虚になる事が出来れば、負のスパイラルから抜けれる切っ掛けが見つかるかも知れません。

本当にひどい場合は、本当の伝統風水師に相談する事を、お勧めします。

暗い話になりましたが、『真実』として、どうしても皆様にお伝えしたく書かせて頂きました。

ご拝読頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク