【驚愕】お金と伝統風水~収入と密接に関わる~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

収入や会社の売り上げ、個人の売り上げに関する相談は、山ほど来ます。

和風水コンサルティングの中でも、一番多い目的かも知れません。

風水や四柱推命を活用する事で、『収入』をアップさせる事が可能か?不可能か?というと、全然可能です!

実際に

  • 年収が倍になった幼稚園の先生
  • 年収が100万円以上アップした公務員
  • 年収が400万円程度から1000万円を超えた営業マン
  • 住宅ローンを5年で完済した経営者

全て和風水コンサルティングのお客様の話です。
他にも、数えきれない事例があります。

なぜ、このような事が起きるのか?
不思議に思いますか?

『お金』と共に発展してきた風水術

収入を上げる方法として、発展してきた歴史が伝統風水にはあります。

風水の歴史は?というと、何を基準に考えるかで2000年とも3000年とも言われますが、長い長い歴史の中で

丁財両旺

を求めてきました。

丁とは
人間の健康を表す。

伝統風水師 小林蔵道

財とは
お金や財産、資産を表す。

伝統風水師 小林蔵道

伝統風水は『お金で幸せは買えない!』なんていう綺麗ごとは言いません。

お金で解決できる問題や課題、トラブルは、沢山ありますよね。

実際の伝統風水には『お金』『収入』に関する技術、秘術があります。

収入を上げる伝統風水

『七星打劫(しちせいだごう)』といわれる技術があります。

七星打劫とは
未来の財旺を現在に引き寄せる技術。
玄空飛星派や玄空大卦に伝わる。

伝統風水師 小林蔵道
使える時期や建物の向きが細かく決められているので使える物件は数少ないですが、もし使えると繁盛店間違いなし。 そんな技術があります。 もちろん健康面には使えませんので自宅で養生が必要になります。 財運があがると健康運は下がっちゃいますからね。

限られた方位と、建物にとっての限られた時期にしか、使用する事が出来ない技術ですが、使用が可能になると効果は絶大です。

先ほどご紹介した『年収がアップした営業マン』の自宅は、七星打劫を使用しました。

また『五鬼運財法(ごきうんざいほう)』もあります。

五鬼運財法とは
財を運び込む五鬼を、自宅に呼び込む秘術。
財運はアップするが、3年間限定とされている。
3年を超えると、反動で一気に破財すると言われる。
玄空飛星派、玄空大卦、些氏水法等に伝わる。

伝統風水師 小林蔵道

建物の向きと、水、門の位置を合わせる事で発動するので、条件がなかなか合いにくいが、効果は絶大である。

簡単ではありませんが、財運が爆発的に伸びる技術が『五鬼運財法』実例のご紹介を致します。1日2億8000万円を叩き出した紛れも無い本物の技術。どんな結果にも、命運と風水は必ず絡み合います。それが自然の摂理。一度、真剣に伝統風水を使う!そんな切欠になるかも知れませんね。

収入を上げる伝統方位術

伝統方位術にも、収入アップを目的にしたものが沢山あります。

世に出回っている『五黄殺』が出てくる『九星気学』などとは、違います。

大きく分けると『奇門遁甲』と『擇日叢辰法』が、信憑性が高いと言われています。

奇門遁甲とは
年月日時間に対する『三奇六義』の『天盤』と『地盤』、『八門』、『九星』『八門』『九宮』の六枚の方位盤の組み合わせによって、エネルギーの質を読み解き空間の移動に対する影響を受ける秘術。

伝統風水師 小林蔵道

擇日叢辰法とは
年月日時間に対する十干十二支の組み合わせによって、エネルギーの質を読み解き空間の移動に対しての影響を確認する技術。
建物の増改築に対する方位としても使用する。

伝統風水師 小林蔵道

特に奇門遁甲は、収入アップに関する方位が多く、しかも瞬間的に表面に現れます。

突発的な収入を呼び込んだり、継続的な収入を底上げしてくれたり…。
副作用があるので、頻繁に使用する事は出来ませんが、和風水コンサルティングでも実績を上げてくれている技術の一つです。

蓄財運をアップさせる伝統風水

財運と一言で言いましても、大きく分けると二種類あります。

一つは『収入』、もう一つが『蓄財』となります。

蓄財運は、あまり注目されていないかも知れませんが、資産を形成する上で重要な財運と言えるでしょう。

蓄財は『池』『交差点』と建物を関係を確認する技術に多いです。

乾坤国宝水法に多いですね。

乾坤国宝水法とは
建物を八つの宅に分類し、地盤二十四坐山方位に対する、水の流れを確認する技術。別名:龍門八局水法。

伝統風水師 小林蔵道

乾坤国宝水法の『庫池位』や『水口』は、流れ出ていくお金に作用すると言われています。

『庫池位』の方位に、大きな池や湖があると、莫大な資産を形成すると言われています。

『支払い』に関する伝統風水

日々の生活に役立つ擇日。 風水が【陰】とすれば、擇日は【陽】
日々の生活に役立つ擇日。 風水が【陰】とすれば、擇日は【陽】

これは、一般の方が思うような風水ではありませんが、列記とした伝統風水の一つ『擇日叢辰法』の中で、支払いに良い日が定められています。

先ほども説明しましたが、年月日時間の十干と十二支の組み合わせによって、その日、その時間のエネルギーの質を読み解きます。

支払いに適したタイミングに、支払いをする事で、支出したお金に意味を持たせます。

当然、何らかの形で、自分自身の元に帰ってくるという訳です。

勿論、それが物質的な物とは限りません。

人としての成長かも知れませんし、物質的な物かも知れません。

まとめ

今も昔も、人間の求めるものは『お金』と『健康』だったという事ですね。

ここに書ききれないものや、書く事が出来ない秘術も多く存在します。
(もちろん、どうしようもない嘘っぱちも多いですが…)

そして、伝統風水では『お金』に偏る事無く『お金』だけで、人は幸せにならないとされています。

『家族』『子供』『社会的地位』『社会的信用』『自分自身』。

全てがバランスよく手に入る事で、人は豊かで幸せになるんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク