【伝統】不運な症状 伝統風水師が選ぶ4選~当てはまっても焦らない!~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

人には、必ず複数のバイオリズムがあり、良い状態や悪い状態を繰り返しています。

今日は、年間300件の鑑定経験を経て、気付く『不運な症状4選』をお伝えします。

これを知る事で、孫子の兵法に言われる『己を知る』に、役立てて下さいね。

悪い事が重なる!

一番、よく見かける症状ですね。
でも、解決の方法が、最も簡単かも知れません。

同時期に望んでいない出来事が、重なります。

コロナ禍にも、よく見かけました。

例えば…

・経営不振
・緊急事態宣言
・家族のトラブル

・仕事が多忙になる
・両親の介護が必要になる
・事故を起こしてしまう。

・金欠
・財布を落とす
・予想外の出費に悩まされる。

などなど。

不運や不幸は、重なるように出来ています。

当事者は『普通に生活しているだけなのに、何で?』と、戸惑う事になります。

不運が重なる理由

『運』=『時間との関係』=『人のエネルギー』

免疫が高い時は、病気になりにくいけど、少し免疫が下がると併発するのと似てますよね。

『人のエネルギー』が低下した時に、凶作用が表面に表れます。

【伝統風水師の余談】
凶風水の影響も、『人のエネルギー』が低下した時に、現れます。
よく『風水が悪い家に住んでいるのに、凶作用が表れない』という話を、聞きますが、まさにこの現象と言えますね。』

意識が散漫になる!

意識が散漫になる傾向があります。

運気が低迷してくると、あっちにも、こっちにも興味が湧いてしまい、大失敗を招いてしまいます。

色んな事に、興味が湧くというのは、良いのですが、根底に『苦を避ける為』や『楽な方へ』そして『欲』のためにというのがあります。

また、色んな物に、興味を示すものだから、余計に様々な情報が入ってきます。

私のお客様にもおられるのですが、このタイミングで『詐欺』まがいの商法にひっかる。

そんな方を、大勢見てきました。

【伝統風水師の経験談】
いつも『良い話』『儲かる話』をするお客様がおられます。
その話が『結果』まで、行くことはありません。
全てがうやむやのままに、終わってしまいます。

その多くの人が、意識が散漫になりすぎています。
しっかりと最後まで話を聞いて、『良い話』を判断せずに、表面上だけで判断してしまう。

無理な『ポジティブ思考』になろうとしている人に多いですよね。

散漫になる理由

恐らく運気低迷によって、物事の歯車が合わなくなっています。

それによって、気持ちに『焦り』が生まれ、意識が散漫になってしまうのでしょう。

私にも経験があります汗

気力に波がある!

『氣』にも、本当は、様々な種類がありますが、ここでは一般的な『氣』と捉えて下さい。

猛烈に仕事に対して、テンション(モチベーション)が上がります。

そして、下がります…。

夜中にモチベーションが上がって、朝には下がっている…。

そんな経験はありませんか?

この上下する気持ちが、気力を低下させてしまうのです。

テンション(モチベーション)が、上がるのは悪い事ではありませんが、あがりすぎるのはよくありません。

大切な『心』に、負担をかけてしまいますからね。

気力に波が出来る理由

運気が良い時は、無意識に『制御』をかけます。

セミナー等でいつもお話する『陰陽理論』は、『制御』する事の、『難しさ』と『大切さ』が説かれていますからね。

高まりすぎるモチベーションに『制御』をかける方が、人間はエネルギーを消費します。

低迷期=エネルギー不足

ですので、わかりますよね。

生活を大きく変えたいと思う!

突然、ライフスタイルを大きく変化させる方がおられます。

その時は『良い意味』に感じるのですが、のちに『間違い』に気付きます。

・今の生活のままでいいのか?

そんな事を、考えてしまうのでしょう。

【伝統風水師の経験談】
繁盛店を突然の閉店。
そして、海外移住。

実際に起こった事実です。

運の流れを確認すると『人生最大の低迷期』。
結果的に

・周囲の支えてくれた人を裏切る

という行為に繋がりました。
小耳に挟んだ情報で発覚しました。

私自身も、経験したことがあります。

突然、事業を止めて『東京』で、勝負する!と言い出し、敗れて帰ってきました(笑)

もちろん、今考えると『人生最大の低迷期』。

当時の私を振り返り理由を探しました。

生活を大きく変えたいと思う原因。

当時の私の感覚を、そのまま書きます。

無理なポジティブ思考が、身についていた為、周囲が見えなくなっていました。

今、考えると『見えない壁』にぶつかって、それ以上進めない事を、肌で感じたのでしょう。

その状態を、自分自身が許すことが出来ずに、『挑戦』という名の『逃げ』に走りました。

ポジティブが、間違った方向に働くんですね。

まとめ

誰にでも、訪れる『低迷期』。

この低迷期に『何をするか!』で、人生は大きく変わります。

これも『陰陽理論』

このブログを呼んだ方で、『あっ』って気付く方は、恐らく皆無でしょう。

しかし、低迷期は、人生に何度も訪れます。

一度、経験し、今の状態が良い人ならば、次回の低迷期に備える事ができるかも知れないので、書きました。

もし、何かを感じた方は、良い人生への未来が作れる人かもしれません。

また、『今、苦しんでいる!』方が、おられましたら、是非お問合せ下さい。
何かの力になれるかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク