【伝統】人生の転機を確認する!~誰にでも訪れる人生の転機~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今回のテーマは『人生の転機』

どんな人にも、人生の転機があります。

この『人生の転機』を、自分のものにする事が、良い人生を創る上で大切な事だと考えられています。

【幸せな人生を創る格言】

  1. 宿命を知り
  2. 運に乗る(時間と自分の関係を知る)
  3. 風水環境を整え、エネルギー充電。
  4. 人知れず徳を積む(無意識の徳)
  5. そして歴史を学び、同じ失敗を繰り返さない

とされています。

今回のポイントは2。

自分と時間の関係の中に、『転機』というものが存在します。

人生の転機とは

一言で『人生の転機』と、簡単に説明すると

人生の転機とは
その後の人生を大きく変えるポイントや判断。

伝統風水師 小林蔵道

上記のように考える事が出来ますが、人生の『過去⇒現在⇒未来』と繋がっていますので、一つの事象だけを捉えて、人生の転機と考える事は出来ません。

しかし、あるポイントから人生が向上したり、下降したりする事があるのも事実です。

そして、『人生の転機』は、自分で創り出すもの。

その事を、しっかりと頭に置いて考えて行きましょう!

10年スパンで訪れる人生の波

人生は、10年毎の大きな波で、構成されています。

専門用語になりますが、四柱推命では、それを大運と呼び、大運は生後数年で始まります。(人によって違う)

  • 学生時代は、チャラチャラしていたのに、社会人になって、急にしっかりした。
  • 若い時と趣味が全く違う!
  • 急に人生について、深く考え出した。

などなど、昔は興味を持たなかったのに・・・、急に興味が湧いてきた・・・。

多かれ少なかれ、そんな経験をしていると思います。

【伝統風水師の経験談】
私の趣味は『魚釣り』
子供の頃から、釣竿を背負って、野池を駆け回る。
20代になっても、それは変わらず・・・。
しかし、30代になって、急に魚釣りに行く回数が激減しました。
去年や一昨年は、年に1回行くか行かないか・・・。

決して、魚釣りが嫌いになった訳じゃありません。

仕事が忙しかった?
他に好きな事が出来た?
プライベートが忙しかった?

色んな、理由を考えましたが、どれも違います。

仕事は20代の方が、忙しかったし、他に趣味があった訳でもありません。
プライベートも同じでした。

私には、二面性があり、『火』と『水』がタイミングによって、入れ替わります。

五行の関係性

火と水のエネルギーは、相反するエネルギー。

火は、高く高く上ろうとしますが、水は低い所を探して集まります。

全く逆な性質が、時間の流れによって、大きく入れ替わったという事になります。

このように、人生には『無意識』であったとしても、必ず『波』が存在します。

この波が、人生の転機と大きく関係する訳です。

視野が変わる10年スパン

難しい話になりますが、人間本能には、意識が向くところの情報が入るように、プログラムされています。

そして『無意識が意識を作り出す(陰陽論)』と考えています。

さっきの私の例をとって説明すると

『火』のエネルギー
炎や焚き火、楽観、苦味、礼、神

の性質から

『水』のエネルギー
水、湧水、悲観、塩味、智

の性質に変わる訳ですから、判断や趣味思考が変わっても、おかしくありません。

その変化が、その人にとって『吉』となる変化ならば、上手く行くでしょうし、『凶』となるならば、『凶』に向かっていくでしょう。

成功者は転機を上手く利用している!

成功者と呼ばれる人や、幸せな人生をしっかり創っている人は、この運の変わり目を上手く利用しています。

逆に、この転機が悪さをして、低迷してしまう人も、多くおられます。

人生の転機を上手く利用した人達

イチロー選手、たねや社長、松下幸之助さん、マダムシンコさん、

などなど、大勢の方が、転機を味方にしています。

人生の転機に飲み込まれてしまいそうな人

河合克行氏、孫正義さん、ピエール瀧さん、清原和博さん

など。飲み込まれる方も大勢。

転機を利用する為に必要な事

転機を利用する為には、自分自身の転機を知らなくてはいけません。

この先に『人生の吉転機』が待っているのに、途中で諦めてしまったり、吉から凶に転じているのに、気付かずに転落してしまったり・・・。

そういった状態にならない為に存在するのが『伝統四柱推命』と考えれるでしょう。

また、四柱推命を使わずに、転機を知る事は、この上なく難しい。

九星気学や六星占術など、沢山の命術とされている技術がありますが、どれも『四柱推命の劣化版』と言わざるを得ません。

それは、歴史的に考えても、実践的に考えても…。

まとめ

人間には、必ず『人生の転機』が存在します。

しかし、多くの場合、事前に把握する事が出来ません。

過去を振り返った時に『そういえば、あれが転機かな?』ぐらいのものです。

今も研究が進められている『伝統四柱推命』は、時間と人間の関係を表面化させてくれます。

『人生の転機』を捜し求めている方は、是非四柱推命の鑑定を使って下さい。

私自身が、『人生の転機』を、これで知りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク