【伝統風水】ペットの遺骨や遺灰はどうする~自然の摂理で考える~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

ペットブーム!

犬や猫、猿やカワウソ。

動物の無邪気な仕草は、心を癒してくれますよね。

心が苦しい時に、黙って支えになってくれたペット。

家族同然のペット。

どんなペットも人間と同じ生き物です。

必ず寿命を迎えてしまいますよね。

そんなペットの『遺骨』って、どうすればいいの?

  • お墓に埋葬。
  • ビンや骨壷に入れて自宅で保管。
  • 遺骨をメモリアルストーンに加工。

主だったものは、上記のような感じですね。

一つ、一つを自然の摂理に合わせて考えて行きましょう。

お墓に埋葬

一番、オーソドックスかも知れませんね。

家族同然に、支えてくれた、可愛いペットですから、しっかりと供養したい、そんな気持ちの表れですよね。

自然の摂理で考えても、一番良い方法じゃないかなと思います。

ただし!

人間のお骨と一緒に埋葬するのは、お勧めしません。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 最近、こんなご相談を頂きます。 【相談内容】先日、母が他界しました...

お墓の存在は、残された人にとって、大切な存在です。

そして、伝統風水では、動物と人間をしっかりと区別して来ました。

動物のお墓を作るのは良いけど、人間と一緒に祀ることは忌と考えられていますので、しっかりと分けるようにしましょうね。

シビアな話をすると、子孫(血の繋がり)がいなければ、問題ありません。

ビンや骨壷に入れて自宅で保管

これは、お勧めしません。

お骨というのは『陰気』を帯びた代表的なものです。

人間が生きるという事は『陽気』として、考えます。

今日は『ペットの遺骨』の話をしていますが、『人間の遺骨』でも、同じ考えです。

自宅に『遺骨』を保管するのは、よくありません。

もちろんペンダントやキーホルダーに出来る、お骨入れもよくありませんよ。

【伝統風水師の余談】
日本国内のある地域で、自宅の敷地内に、墓地を作り埋葬する文化がありました。
その地域は、何かとイザコザに巻き込まれ、現代でもトラブルの渦中にいてます。

その地域では、戦略のために、中国から間違った『風水』が伝えられています。
風水で大切な明堂(オープンスペースが吉)と呼ばれる場所に、大きな塀を建てる風水があったり、陰陽宅を隣同士に建てたり・・・。
肝心要の部分が、全て逆に伝えられているんですよね。

しっかりと生と死を分けることが、大切です。

遺骨をメモリアルストーンに加工

メモリアルストーンとは
メモリアルストーン麗石(メモリアルストーンれいせき)とは、故人やペットの遺骨と石英などを成分とし、高温で溶融後、ゆっくりと熱処理して結晶を析出・成長させた結晶質の人工宝石である。

ウィキペディア

遺骨を、宝石に加工して、ペンダントやピアスなどのアクセサリーとして、身につけるのも、最近流行しているみたいですね。

これに関して、私は『全く別の物に変化』していると考えています。

加工工程を調べても、かなり大掛かりな加工ですので、別物に生まれ変わっている印象ですね。

まとめ

故人に対しても、同じ考え方ですが、亡くなったワンちゃんや猫ちゃんに、執着や固執しすぎるのはよくありません。

しっかりと思い出として、心に残すようにしましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク