寝付けない・・・眠れない・・・そんな方に向けて。

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『眠れない』

そんな悩みを抱えている人が、沢山おられますね。

『睡眠』は、人間にとって、重要なエネルギー充電ですので、眠ろうとするのは良い事です。

眠れないからといって、睡眠薬を飲んで、無理矢理に寝ようとする事は、お勧めしません。

睡眠を考える時、『疲れ』というものを、しっかりと考えましょう。

『疲れ』とは~五術の概念~

一般的に『疲れ』というと、仕事が忙しかったり、遊びに忙しかったり、一日中出掛けていたり…という事を考えると思います。

疲れとは
体力や気力を消耗してその働きが衰える。

goo辞書

そして、睡眠や入浴によって、エネルギーを充電し復活する。

それが、人間にとっての疲れですよね。

五術的に、疲れを考える時も、『体力的』『心理的』の両面から考える必要があります。

『疲れ』というものも、陰陽のバランスを取らないといけないんですよね。

現代の『疲れ』の特徴

現代の疲れの特徴は、全てのものが便利で簡単になり、昔に比べて『体力的』な疲れが減ってしまっている事にあります。

しかも、インターネットの普及で、意識を向けなくてはいけないものが、膨大になっています。

『心理的』なエネルギーばかり、消費して『体力的』なエネルギーが消費されていない。

そんな状態になっている方を、よく見かけます。

皆さんは、大丈夫ですか?

人の疲れ方は、大きく分けて3パターン。

Aパターン:体力的に疲れて、心理的に疲れていない。

Bパターン:心理的に疲れて、体力的に疲れていない。

Cパターン:体力的にも、心理的にも疲れている。

現代によく見かけるのは、Bパターンの方ですよね。

経営者はBパターン

経営者さんは、Bパターンに入る方が多いですよね。

成功している経営者さんが、ジムでトレーニングしているって話を聞いた事がありませんか?

経営者は、判断の連続です。

下記の記事でも、お話しましたが、判断が多くなれば多くなるほど、心理的エネルギーを消費します。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 断捨離は無駄なエネルギー消費を避ける為に必要な『開運方法』。 断捨...

経営者は、実務よりも『判断』する事が仕事。

だからこそ『体力的』疲れを、自ら作り出します。

陰陽両面の疲れを得る!

一番良い状態は『陰陽両面の疲れ』がある事です。

という事は、職業によって、良質な睡眠を得る方法は、違うという事になります。

デスクワーク中心の方は『心理的疲労』が中心になるでしょうし、外回りや立ち仕事の方は、体力的疲労の方が強く出ます。

私のような仕事は『心理的』な疲労の方が激しい傾向にあります。

ですが、仕事の内容によっては、体力的疲労が強い事もあります。

だからこそ『疲れ』の『陰陽』を、気にするようにしてるんですよね。

まとめ

私自身が、昔から睡眠の質が悪く、自律神経失調症でした。

夜になると目が冴えて、布団の中で、新聞配達のバイク音を聞いて、気持ちが滅入る。

昼間は、頭がボーっとしている状態。

そんな状態が、伝統風水と出会うまでの約30年間。

そんな時の自分を振り返ってみると

無理に寝ようとして、神経ばかり擦り減らしていたな~って思うんですよね。

風水の勉強を始めて、睡眠について勉強した時に『眠れなくて死ぬ事は100%無い!』と書かれていました。

必ず眠れるんですよね。

そして、人間の本能は、体力が無くなってくると、睡眠をとろうとする!

それを知った時に、私には『日中』に、使えるエネルギーがまだまだあるんだなと思うようになり、次第に『眠れない時間』を無駄にしないようにしよう!

って変化したんですよね。

この記事を読んで下さった方。

そんな事を言っても仕事が…ってなると思います。

大丈夫です。

人間の体は、必ず慣れますし、最終的には自分自身が生きる方法(パターン)に導かれます。

人と同じように寝て、人と同じように起きてという発想が、間違っているのかも知れませんしね。

実際、伝統四柱推命の宿命に、寝付きが悪くなりやすい命も存在しますし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク