【伝統風水】本当の観葉植物の使い方~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は『観葉植物を使った風水』について。

観葉植物の種類で、象意(起きる出来事)が変わると思いますか?

答えは『変わる』

ただし!

そこまで影響力は強くありません。

という事で、観葉植物について、自然の摂理に合わせて、考えていきます。

内家巒頭(形から受ける影響)

人間は、あらゆるものの形から、様々な影響を受けています。

そして、観葉植物といえば『葉』ですよね。
もちろん花が咲くものもありますが、基本は『葉』と考えた方が良いでしょう。

例えば、尖った葉の観葉植物は、人間に対して、殺気を与えますので『NG』と考えます。

逆に、丸みを帯びて、優しい葉の観葉植物は『吉』と考えます。

イメージは伝わりますか?

化殺アイテムとしての観葉植物の使い方。

内家巒頭の化殺アイテムとしての観葉植物の使い方。

化殺とは
凶の象意(起きる出来事)を、弱める為に行う技術。

伝統風水師 小林蔵道

例えば、下記の写真。
マンションでよく見かけます。

このように飛び出た角を、風水では嫌います。

こういう場所に『観葉植物』を設置する事で、意識を観葉植物に向けます。

【ポイント】
人間の意識は、尖ったものに向くように出来ている、
それが、人間の人体に危険ではなくても、人間の本能(潜在意識)は、過敏に反応してしまう。
生きる為の生物的本能。

そのような場所に、尖った葉の観葉植物を置いても、意味が無いですよね。

丸みを帯びた優しい観葉植物を選びましょう。

【伝統風水師が選ぶ観葉植物】
・グリーンスナップ
・アルテシーマ
・ガジュマル

観葉植物がNGなエリア

風水で寝室はかなり重要な役割を果たします。 説明を受ければ全ての人が納得いく説明。
風水で寝室はかなり重要な役割を果たします。 説明を受ければ全ての人が納得いく説明。

内家巒頭風水で考えた場合に、NGな場所はありませんが、唯一『寝室』だけは、NGとされています。

寝室は、身体を休める場所!って話は、良く出てきますが、観葉植物がNGになる理由は、別にあります。

寝室の用途を考えた時に、使用する時間は、主に夜間となります。

植物の呼吸は、日中は人間と、逆の呼吸になりますが、夜間は同じ呼吸になります。

【植物の呼吸】
日中=二酸化炭素を吸って、酸素を生み出す。
夜間=酸素を吸って、二酸化炭素を生み出す。

広い部屋に、小さな観葉植物であれば、あまり関係ないかもしれませんが、狭い寝室に、大量の観葉植物を配置すると…。
酸素が薄くなり、睡眠を妨げると言われています。

理気風水(方位から受ける影響)

理気風水で考える場合、葉の形がどうであろうと、エネルギーの質は『木』と考えます。

木は、木を強める
木は、火を強める
木は、土を活性化させる

木は、水を弱める
木は、金を疲弊させる

という『自然原則』があります。
土の五行だけ、通常の陰陽五行で考えた場合と、少しニュアンスが違いますので、注意が必要です。

玄空飛星派(フライングスター)風水では、建物に財の影響を持つエネルギーが九つと、健康の影響を持つエネルギーが九つ配置されます。

それらのエネルギーは、時間によるエネルギーと関連していて、現在(2020年)は、八白土星、九紫火星、一白水星の三つが吉と考えます。

八白土星に対して『木』は、『活性化』
九紫火星に対して『木』は、『相生』
一白水星に対して『木』は、『弱める』

となりますので、八白土星と九紫火星の位置に、配置するのが好ましいですね。

エネルギーの配置に関しては、複雑な専門的知識と理論、経験が必要になりますので、このブログで説明するのは止めておきますね。

凶星を強める危険

玄空飛星派(フライングスター)風水で、観葉植物と空間を考える時、最大限に注意を払って頂きたいのが『最凶星』を、活性化させてしまうということです。

五黄土星と二黒土星

この2つのエネルギーは、活性化させると『あらゆる不運』が訪れるとされています。

私も、実際の鑑定で、この2つの凶星のエリアに、寝室を配置し、観葉植物を飾っていた例を見たことがあります。

にわか仕込みの風水を実践し、何かおかしい!と感じたときは、すぐに元に戻しましょうね。

まとめ

本当の風水では、内家巒頭だけを見ても、不十分ですし、理気風水のみを見ても、不十分です。

風水を実践したが、結果が出なかった方のほとんどが、どちらか一方のみを見ているか、根本的に間違っているかのどちらかなんですよね。

観葉植物との関係を、風水に取り入れるのは、趣味のレベルにしておいた方が良いかもしれませんね。

【伝統風水】本当の観葉植物の使い方~正しく使って運気改善~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク