【伝統風水】無利息融資の摂理~自然界を支配する法則~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

伝統風水師は『自然界を支配する法則』のプロフェッショナル。

新型コロナの影響で、中小企業や個人事業主に対する『無利息融資』が始まり、資金繰りに翻弄していた経営者様も、ほっと一息ついた方も多いでしょう。

今日は、『お金』というものをベースに『自然界を支配する法則』を考えましょう。

借金の性質

『借金』は、未来の『お金』の力を前借すると考えます。

お金の性質

AMAZONで『お金』と検索すると、2万件以上の著書がヒットします。

  • 稼ぎたい・・・。
  • 借金で首が回らない。
  • もっと豊かな生活がしたい。

私の元に、ご相談に来られる方の課題の中でも『お金』というのは、群を抜いて数が多いです。

もちろん私も、お金が大好きです(笑)

お金がくれるメリット

上記の図をご確認下さい。

お金というのは、あらゆる『欲』を満たしてくれる優れものです。

  • 物欲
  • 健康(健康格差)
  • 安心
  • 思考や判断力
  • 社会的地位

とある研究データによると『人はお金を持っている人の言葉』に重みを感じる傾向があると・・・。

お金は『社会的地位』を生み出してくれるので、当然の話だと思います。

だからこそ、多くの方が『お金』というものに興味を持ち、手に入れようと必死になったり、お金持ち=悪人などという『僻み』からくるレッテルを貼ったりするのでしょう。

お金がもたらすデメリット

当然ですが、デメリットも存在します。

  • 責任→プレッシャー
  • 思考、判断力の低下
  • 両親との不仲
  • 不安や心配

お金がたくさんあっても、無くても『メリット』と『デメリット』が存在するんですよね。

例えば『不安や心配』

私のメンターが私に話してくれました。

『お金持ち』ならではの『不安』や『心配』を。

今回、注目したいのは『思考や判断力の低下』ですが、その前に人間の本質の話をさせて下さい。

人間の本質、本能

人間は、本能的に『楽』を求める生き物だと、多くの心理学や脳科学の研究で立証されています。

人間は『わからない!』という状況に、陥ると『わかりやすいもの』や『既にわかっているもの』を見ようとします。

私の経験
経営者になりたての頃に『経営理念』を考える勉強会に参加しました。
経営理念を創る為の工程があるのですが、今までに考えた事もなかった事をたくさん質問されます。
例えば『何のために生きているのか?』や『何のために仕事をしている?』、『大切な人は誰?』などなど。

質問されれば、されるほどに、自分自身が解らなくなり、最終的に行き着いた答えは『社会貢献』『世のため』みたいな、わかりやすく誰もが感心するような『経営理念』に落ち着くわけです。

本当の理念ではないのに…。

楽を求め、解りやすい方向に向いていしまうのが『人間』

【コロナウイルス感染症特別貸付】

そして、今回の『新型コロナウイルス感染症特別貸付』ですよね。

多くの経営者様が、金策に走り回っている・・・。

本当に悲惨な状態に対しての、小さな光に感じると思います。

無利息だから…と飛び付く気持ちも、充分に理解できます。

しかし、無利息でも『前借り』は『前借り』。

のちに、必ず首を絞めに来ます。

今の状態

  • 思考や判断力が低下している
  • 今が『苦』の状態にある
  • 不安や心配に包まれている状態にある

こういう状態の中、正しく判断出来る訳がありません。

この状態を冷静に受け止める事が、経営者の度量でしょうね。

正しく判断する為に

正しく判断する為に、必要なのは『過去の客観的分析』です。

主観による未来予定を入れずに

ビジネスが右肩上がりになっていたか?
それとも
右肩下がりになっていたか?

右肩上がりになっていたのであれば、融資を受けて、ビジネスを継続させるべきです。

逆に右肩下がり、または例年を維持している会社やお店は、一旦止まる必要があるでしょう。

私の経験
借金は、レバレッジを利かすために必要な存在でありながら、本当に恐ろしい存在でもあります。
借金の返済は、粗利益からしますよね。
利益に、国は容赦なく『税金』をかけてきます。
利益が上がっても、懐が暖まらない…そんな状態が待っています。

その事を知らなかった私は、建築不動産業をしている時に、税金になのか、それとも借金になのか・・・わからない状態で、支払いだけが毎月毎月迫ってくる経験をしました。

まとめ

本当に経営を理解している有識者は『無利息融資』では、ダメな事を訴えています。

希望を持つ事の大切さを訴える人もいてます。

希望を持つ事は、経営にとって本当に本当に大切な事だと思います。

しかし、全く見えない未来に『希望』を持った事で、潰れていく会社や個人事業主をたくさん見てきました。

経営のパラドックス
希望を持ったことにより、成功する
希望を持ったことにより、自滅する

忍耐力が、無駄な抵抗に。
勇気が、無謀に。

客観的に、未来を見据え、正しい道に進んでいきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク