【伝統五術】一人暮らしでペットを飼うと○○が起きる!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

一人暮らし…ペットを飼うか、飼わないか・・・。

・仕事に行ってる間、寂しい思いをさせる
・旅行に行きにくくなる

など、一般的な心配。

でも・・・

・仕事から帰ってくると癒される
・家族が出来て寂しくない

ん~、悩む~ってなってる人も多いのではないでしょうか?

今日は、風水的な視点で『ペットを飼う』ことに対しての、効果をお話致します。

男女共通でペットを飼う場合

ペットというのは、食傷星と呼ばれるエネルギーで考えます。

食傷星のエネルギーが高まると、基本的に『忙しい』という感覚を高めます。
そして、仕事に対してのやる気も上がるでしょうね。

実際にも、忙しくなりがちですけどね。

同時に、社交性が弱まる傾向にあります。

次は、男女別で、ペットを飼った場合の効果の違いを説明します。

男性がペットを飼う場合

男性がペットを飼った場合、恋愛運が上昇。

食傷星は、男女共に、ペットや行動を表します。

行動が生み出す『財星』が、男女で違う意味を持ち、男性にとっての財星=恋愛運。

男性は、ペットを飼う事で、恋愛運が上昇します!

女性がペットを飼う場合

女性が、ペットを飼うと『母性』が高まります。

母性が高まると、官星を弱めます。

官星とは『社交性』を表すのですが、女性の場合は『恋愛運』も表します。

女性は、ペットを飼う事で、恋愛運が下がります!

まとめ

どんな事にでも

  • メリット
  • デメリット

が存在します。

メリットだけのものが、目の前に現れたら、疑った方が良いかも知れませんね。
というか、自然の摂理に則れば、疑うべきです。

メリットだけに、惑わされずしっかりと、デメリットも受け入れる事が『ペットを飼う責任』ですもんね。

もちろん私が提供する『和風水コンサルティング』にも、デメリットはたくさんあります。

それ以上に、メリットを出してもらう事を、いつも意識していますけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク