【伝統風水】建物の方位の測り方~正しい方位測定が第一歩~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は、少しだけ実践的な話をさせて頂きます。

『建物の方位の正しい測定の仕方』

ここで間違うと、せっかくの伝統風水も効果が発揮されません。

真北と磁北 どちらを採用?

方位磁石を使って、測定しますので、皆さんがお察しの通り、磁北を採用します。

真北とは
北極星の位置。多くの地図は北極星の位置を基準に作られている。

伝統風水師 小林蔵道

磁北とは
名前の通り、方位磁石がさす方位

伝統風水師 小林蔵道

真北と磁北の差を偏角と言います。

ちなみにGoogle Mapは、真北を基準に作られています。

偏角を考慮する=磁北

となります。

建物の方位を測る前に!

微弱な磁力に注意!

方位磁石を使って、風水方位を測るとき、の注意点があります。

方位磁石は微細な、磁力の影響を受けてしまいます。

例えば…

  • 方位測定中に、自転車が前を横切る。
  • 地下鉄が走る。
  • 近くに駐車車両がある。
  • 鉄製の門扉やエクステリアがある。
  • PCなど電化製品がある。

などなど、ほんのちょっとの影響で磁石は、間違った方位を指します。

外壁工事などで、足場が建っている状態も、方位測定する事が出来ません。

服装やアクセサリーにも注意が必要です。

  • 腕時計やブレスレット
  • ベルトのバックル
  • 携帯電話やスマートフォン
  • 金属製の文房具

などなど。

これらのものも、方位磁石を狂わす原因になります。

正確な方位磁石を使おう!

正確な方位磁石が必要です。

一般の方の場合は、『風水羅盤』を購入する必要はありませんよ。

建物が何度という事がわかればOKです。

ただし、安物を使うのはお勧めできません。
だって、方位盤がずれている事があるんですよ。

私のお勧めは上記のコンパス。

GWHOLE 方位磁石 価格1500円前後で、お手軽ですし、目的物の方位を測定する事が出来るので、建物の方位も測りやすいと思いますよ。

https://amzn.to/2wUoZ27

百円均一のコンパスや2~300円のコンパスはNGと思った方が良いですね。

それでも風水羅盤が欲しい方は

もちろん『風水羅盤』があるのが一番ですが、風水羅盤は正しく選ばないと、粗悪品がすごく多いのでお気をつけ下さいね。

数千円レベルの風水羅盤は、かなりの低品質です。

もしかすると100円均一のコンパスよりも精度が悪いかも知れません。

通常の風水羅盤は

八寸六分で2万円~3万円程度。
六寸二分で1万~2万円程度。

日本国内で、購入すると、もう少し高いかも知れません。

風水羅盤の種類

三元三合複合羅盤。

風水羅盤には大きく分けて3種類あります。

三合羅盤と三元羅盤

そして、三元三合の複合羅盤があります。

一般の方が、風水鑑定するレベルであれば、たくさんの目盛がある中で『地盤二十四山』しか使いません。

ですので、この三種類のどの羅盤にも、地盤二十四坐山は入っていますので、どれでも大丈夫です。

無難に考えると、 自宅の鑑定をするだけであれば、複合羅盤がお勧めですね。

実際の測定

建物の正面に立ち、方位の測定をします。

基本的には、建物の背面(坐)を基準に、測定しますが、使う技法によって異なりますので注意が必要です。

次に、建物の向きは、建物の正面という事になります。

わかりやすい形であれば、問題ないかもしれませんが、少し複雑な形になると、自分で向きを判断するのは難しいでしょう。

経験の少ない風水師が、良く間違いを起こします。

設計者の意図
空気の流入量
採光の量

など、判断基準に定義はありますが、誤解を招くかもしれませんので、ここでは説明を止めておきます。

正しい八方位は?

実際の測定が完了すれば、あとは八方位を当てはめるだけですが、ここで一つ問題があります。

45度分割を使うか、30度&60度分割を使うか…という問題です。

伝統風水師は、45度分割を使います。

日本の家相家は、30度&60度を使いますが、複雑な理論で考えると、根拠に乏しいと考えています。

まとめ

これで一応、方位測定ができるはずです。

とはいうものの、方位測定は、伝統風水師にとって、一番難しい作業。

正直な話、一般のお客様が、自分の建物の方位を測定するのは『無理』と思っています。

ですので、仮にお客様が、私に自分の家の坐向を言ってきたとしても、考慮しません。

実際に、お客様が自分で測定した方位と、まったく違う場合が多々あります。

近代住居は、建物の向きをあまり意識していませんので、本当に複雑で測定しにくいんですよね。

間違う可能性がある事を、十分に認識した上で、この情報を活用して頂けますようお願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク