【風水検証】23年間続いたスイーツ&カフェの最後~これが本当の伝統風水~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

先月、23年間続いた『スイーツ&カフェ店』が閉店しました。
23年の歴史を築いてきたのに、突然の閉店。

伝統風水で検証してみました。

まずはお店の立地条件から確認していきます。

お店の周辺環境

間口が、メインストリートに面する、全面が駐車場になっている物件。

最寄り駅からは、7分程度の好立地にあります。

近隣の巒頭風水から考える!

青龍は、特に問題が無さそうですが、玄武&白虎が弱く感じます。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 今日は風水の基本中の基本である『四神相応』を近代住宅に合わせてお話ししま...

四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)については、上記記事を参照下さい。

玄武&白虎が弱いとなると、お店の経営負担が女性に多くなってしまう。

結果、男女間にイザコザが起きやすい…という事になります。

夫婦やカップルで、お店を経営する時は、注意したいですね~。

お店は近隣の交差点がキーポイント!

破軍方位に交差点がある!男女関係に注意(夫婦関係も)

お店の場所を決める時に、重要なのが『交差点』との関係。

交差点は『水』。

『水』=『お金へ影響』

と考えます。

今回の物件は、建物と交差点の関係が『破軍』と呼ばれる関係になっています。

破軍の象意

  • 仕事が波に乗らない!
  • 夫婦関係のもつれ!
  • 疲れやすい!

致命的ではないにしても、思うようにエネルギーが出ない感じですね。

近隣の山からの影響!

近隣の山からの影響を見ることも、大切な伝統風水師の仕事です。

山を見る技法も、色々な種類がありますが、今回は『玄空大卦』を使用します。

本来ならば、赤線の山の影響を受けるのですが、赤線の山との関係が 「空亡」となる為に、恩恵を受ける事が出来ません。

少し遠いですが、その奥の山との関係を確認します。

艮為山天風姤地雷履兌為沢

何の事か、さっぱりわからないと思いますが、色んな意味で、課題があります。

これも、なかなかエネルギーを出しにくい状態ですね。

店舗内のレイアウト

最後に店舗内のレイアウトを確認してみます。

正面の玄関に『六白金星』が巡っています。

建物が建設された当初は、旺星(吉)となりますが、1984年以降に衰退に入ります。

2004年以降は、太極にある『一白水星』のエネルギーを、正面玄関に引き出すことが出来れば、旺星に変化するのですが・・・。

残念ながら、レイアウト上、太極に巡る『一白水星』と『六白金星』の間に間仕切りがしてあり、エネルギーを動かす事が出来ない状態になっていました。

全面道路の風水は?

流れ去る水は『乙』=『禄存』となり、合局(吉)となります。

禄存
真面目で勤勉。倹約家。

という象意が出ています。

ですので、経営者様が、真面目で誠実な方だったと考える事が出来ます。

しかし、流れてくる水は、『庚』=『文曲』となり破局(凶)。

文曲
夫婦喧嘩や家族の不和。

という象意になります。

まとめ

可能な限りで、検証しました。

やはり『男女』や『夫婦間』に、トラブルとなって表れると考える事が出来ます。

最初の巒頭でもありましたが

女性に負担がかかり、男性と女性の不和を生み出してしまう!

という感じですね。

解決法はあったのか?

オーナーさんの生年月日時を確認していないので、何とも言いがたいところはあるのですが、今回の物件に解決法は、確実にあったと考えます。

  • 太極にくすぶっている旺星を玄関に引っ張り出す!
  • 引っ張り出した旺星を活性化させる!
  • 全面道路とお店の関係を改善する!

100%の風水にはなりませんが、これだけでも充分に変化はあったでしょう。

あとは、オーナー様の自宅の風水ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク