【伝統風水】これは迷信~現代は関係ない!~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

伝統風水師という仕事をしていると『迷信』と思われるものや、現代には当てはまらないと思う風水術がたくさんあります。

『迷信』は、あくまでも、『迷信』。

『迷信』に惑わされないように、伝統風水師が迷信風水を選別しました!

財布の色は黄色or金色

これはあまりにもお問い合わせが多かったので、個別でも書いていますので、下記の記事もお読み下さい。

こんにちは! 大阪・京都で風水師をしている小林です。 【風水で財布の色は黄色が良いんですよね!】 って、良く聞かれます。 本当に良く聞かれま...

そもそも風水に財布の色が○○などという概念はありません。

財布の色は、個人の命運ですからね。

トイレの蓋を閉める!

豪華なトイレは運を上げてくれます!
豪華なトイレは運を上げてくれます!

『夜に爪を切ると、親の死に目に会えない』
『夜、口笛を吹くと蛇が出る!』

というのと、さほど変わりがありません。

昔のトイレは、現代のように水洗ではありませんので、不潔な場所でしたよね。

疫病、悪臭などを防ぐために出来た風習が『トイレの蓋を閉める』。

だからと言って、トイレの蓋を閉めなくても良いって話ではありませんよ。

お行儀でいうと、トイレの蓋は閉めた方が良いですからね。

鬼門に南天

鬼門に関する風水も、最も質問される一つです。

実は、風水に鬼門という概念は存在しません。

ですので、『鬼門に南天を植える』事も、ありませんし、『鬼門に玄関』も、まったく問題がありません。

もちろん『裏鬼門』についても、同じ発想になります。

鬼門の歴史を調べると、すぐにわかる事ですが、そもそも『鬼門』というのは、中国大陸の都市づくりに起源があると言われています。

その情報が間違って、日本に入ってきたと考えられていますので、日本の一般住宅に当て嵌まる訳もなく…。

それが、現代の家相家の中にも、根強く残っているという訳ですね。

玄関や不吉な場所に盛り塩!

風水=盛り塩

そんな風に思われている方も多いのでは?

これもブログ記事にしていますので、ご確認ください。

こんにちは!大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 今日は根強い人気を誇る『盛り塩』についてお話します。 ただし、私は伝統風水...

西に黄色が金運を呼ぶ!

『西に黄色の物を置くと財運が上がる!』

一時、ブームのようになりましたね。

これは『迷信』というよりも、間違いです。

理気風水(方位の風水)で、基本とされる『洛書』

これが、西に黄色の原点となる訳ですが、西に黄色の物を置く事で財運というのとは、少し違います。

上記は、風水の根本にある五行の性質を表した古典図になります。

わかりやすく書き換えると

南東『木』南『火』南西『土』
東『木』中央『土』西『金』
北東『土』北『水』北西『金』

このような気(エネルギー)の配置になる事を表しています。

西をご確認ください。

西=金=金色(黄色)

という安易な発想から出来ています。

確かに、古典の『五行大義』によると、西に金気が巡るとされいますが、金=金色(黄色)という事は、一切言われていません。

どちらかというと金=白金という概念が強いのです。

金気を強めたい気持ちはわかりますが、金気=財運ではありません。

どの方面から確認しても、西に黄色=財運アップという概念に行きつきません。

そして、西に黄色という風水を施術した結果、財運が上がったという話を聞いたことがありません。

という事から『迷信』であると判断しました。

赤やピンクが恋愛運アップ!

伝統風水は『恋愛運』に対して、意識が強い事は間違いありませんが、赤やピンクが恋愛運をアップさせるかというと、それはありません。

赤やピンク=桃花

と考えられたのでしょうが、恋愛運アップ=良い恋愛運と考えると、桃花は、女性の『淫乱』『魅力』が高まるとされています。

ですから、

余計な男性が寄ってくる!

って事と良い恋愛が出来る事は、イコールになりませんよね。

恋愛運アップのために『赤』『ピンク』を身に着けている人は、一日も早くやめた方が良いでしょうね。

まとめ

伝統風水の歴史を遡ると『迷信』や『偽者』との戦いである事がわかります。

ですので、現代に、このような『迷信』や『嘘』『偽り』が出回っても、何らおかしな事ではありません。

情報の多い現代だから…という訳では無く、いつの時代も『正しく情報』を得る力を持っている人が、幸せになるんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク