悩み整理の仕方~課題整理のお手伝いします~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

【悩み整理】が出来て、初めて【伝統五術】を使う事が出来ます。

和風水コンサルで、一番時間が掛かる作業と言っても過言ではない【悩み整理】。

目的が決まって初めて威力を発揮する『伝統五術』ですが、『目的』を定める事が苦手な人が多く感じます。

同時に複数の悩みを解決しない

同時に複数の悩みを解決しようとしても、人間の能力には限界があります。

一つ一つをじっくりと解決していく事が大切。

悩みや課題を箇条書きにしよう!

まず最初に、悩みや課題を、頭の中だけで考えるのではなくて、箇条書きにしてアウトプットしましょう。

頭の中で、考えると全ての課題が結びついてしまい、明確な解決法を見つける事が出来ません。

もちろん一人の人間の中で、起きる出来事には、全て繋がりがあります。
下記の図をご覧下さい。

全てのルールがこの中にある。恋愛術を身に付けるならこの仕組みを理解するべき!
全てのルールがこの中にある。

悩み事や課題も、生み出しあうサイクル(相生)と弱めあうサイクル(相剋)が存在します。

だからこそ、頭の中で解決しようとしても、『問題』と『問題』が結びついてしまって、絡み合っている内に、大きな大きな一つの問題になってしまい手が付けれなくなります。

必ず紙に箇条書きしましょう!

陰陽の法則を忘れずに!

箇条書きにした『課題』はとりあえず横においておきましょう。

ここで陰陽の原則を思い出してください。

風水を学びだすとまず最初に出てくるのが『陰』と『陽』の概念。 この世に存在する物全てが陰と陽で形成されていると言う考え方です。陰陽の...

当たり前かも知れませんが、何かを得ると何かを失います。

得るものだけを追いかけると、その反動はあとで、まとまってやってきます。

例えば

結婚する事を目的にした時は、『恋愛』での楽しさは捨てなくてはいけません。
結婚と恋愛は似て非なるもの。

子どもが欲しい(子宝)を願うならば、夫婦2人の生活は、捨てなくてはいけません。

『未来を変えたい』と願うならば、『今を捨てる』必要があります。

なぜ、このような事をいうのかと言いますと、それは『無意識のブレーキ』が掛かるから。

得るものの為に、捨てるものを覚悟する!

真逆の課題が無いか確認する!

全てのルールがこの中にある。恋愛術を身に付けるならこの仕組みを理解するべき!
全てのルールがこの中にある。

箇条書きにした課題に、真逆のものが無いか確認して下さい。

悩みや課題の多い人の特徴で『相反する課題』を持っている人がいます。

例えば

勉強したい⇔遊びたい
一日は、24時間しかありません。人間の体力にも限界がありますし、睡眠時間を削るというのは、後々の負担を考えるとお勧めできません。

お金が無い⇔自由に生活したい
今、お金が無いのであれば、自由に生活する事は出来ません。
『将来、自由に生活する為に、お金が欲しい』など、少し言葉を変えたり、時期に変更を加える必要があるかもしれませんね。

という感じで、悩みが多い人は、無意識に相反するものを求める傾向にあります。

四柱推命的に
四柱推命的にいうと『丁』や『癸』の人に多い。

課題に時期の順位をつける

そして『課題』に時期の順位をつけましょう。

『今』『近い未来』『遠い未来』といった感じになります。

このときの注意点は、『今』→『近い未来』→『遠い未来』が、相生(生み出す)サイクルで繋がっているかという点です。

しっかりと『遠い未来』繋がっていなくてはいけません。
ただし、遠い未来のものは、時間がたつにつれて変化しても問題ありません。

課題の大きさにも順位を付ける!

課題の大きさにも順位をつけましょう。
なぜなら、いきなり大きな課題に向かっても、打ちのめされるのがオチです。

大きな課題は『成長した自分』が、必ず破ってくれます。

小さな小さな課題に目を向けましょう。

まとめ

  1. 悩みを箇条書きにする(必ず紙に書く)
  2. 捨てる覚悟を持つ。
  3. 真逆の悩みが無いか確認する。
  4. 悩みを解決する時期と大きさに順位をつける

あとは、小さく直近のものから、一つづつ相生(生み出す)サイクルで解決していきましょう。

小さな積み重ねが『大きな未来』を創ります。

初めから大きな結果を求める事によって、行動と思考(陰陽)のバランスが崩れて、気が付くと何も進んでいない・・・という事になりますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク