【ビジネス風水】弱者が強者に勝つ為に必要なもの~努力=成功は嘘~

こんにちは!

大阪・京都の風水コンサルタント 小林蔵道です。

風水師の仕事の一つに、『戦略』を提案する事が上げられる。

戦略の提案に必要なもの!
・会社の目的
・会社の規模
・会社の資金状況
・会社の業種
・社長の性質
・社長の運
・会社の風水
・社長の自宅風水
・従業員の命運

世の中の勝者達は、必ず戦略を練っています。
本人に練っているつもりが無くても、本能として練っています。

本能として練るのは『才能』や『環境』が作り出したものかもしれません。

しかし、これからの世の中は『弱者にこそ戦略が必要』であると考えています。

弱者にこそ戦略が必要な理由

今までの日本は『和』を中心に考えて来ました。

『和』とは、お互いがお互いを思いやり、お互いがお互いの足りない部分を補い合う心と私は思っています。

しかし、近年になり『個』が優先されるようになりました。

『個』が優先されると、資本主義の世の中では、『貧富の差』が生まれます。

集団の中で『個』の強い人は、生き残れます。
しかし、弱い人は…そうはいきません。

『個』を重視する世界が、自然の流れとして来ているならば、それを受け入れ生きる道を創るしかない!!

それを考えると、戦略の提案に必要な情報を、基準にして『戦略』を立てるべきなのではないでしょうか?

強者は戦略を立てている

ビジネスの世界でも同じです。

上手くいく人達は『今』を見ていません。
『未来』を見据え行動しています。

目的に対し、未来を見据え行動する事が『戦略』。

ネット通販の王者『Amazon』の創設者 ジェフ・ベゾスは、戦略の天才。

未来を見据え、行動し、緻密な計算の元、今のAmazonがあります。

良かったら、上記をクリックして、読んでみて下さい!

私のクライアントの例

彼は、サラリーマンで、小さな小さなワンルームマンションの一室を購入する事から始まりました。

彼なりの緻密な計算の元で、不動産を次々と購入し、今は十数棟のマンションオーナーとなりました。

四柱推命的な性質を考えても、得意な事を、得意な分野で発揮し、計画立てて実行していく感じでしたので、当然上手くいきました。

もちろんサラリーマンをしながらです。

強者は、優遇されている!

さらに、強者には『必要なもの』全てが集まってきます。

・お金
・情報
・権威

これらは『強者』の元に集まるような、世の中の仕組みとなっています。

皆さんのもとに『租税回避地』(タックスヘイブン)の情報は入ってきましたか?

カルロス・ゴーンさんのように『逃避』する方法を知る手段がありましたか?

ありとあらゆる情報は、お金と権威のもとに集まる仕組みになっている事に気付きましょう。

タックスヘイブンの問題のときに、パナマ文書が公開されました。

それによって、世の中の富豪たちが、租税回避している事が、あきらかになりました。

私が言いたいのは

強者は、さらに強くなる戦略を立てている!

ということです。

戦略に優れた伝統五術

伝統五術は、戦略に優れた一面を持っています。

・会社の目的
・会社の規模
・会社の資金状況
・会社の業種
・社長の性質
・社長の運
・会社の風水
・社長の自宅風水
・従業員の命運

これらを、考慮して、目的までの道を『凶を避け』て辿り着く。

戦いの技術として発展してきた歴史のある『伝統五術』

この伝統五術を大企業も利用しています。

スターバックスやペニンシュラホテル、他にも、皆さんが驚くような起業が『伝統五術』を取り入れ成果を出しています。

しかし、一般庶民には、まだまだ正しい『伝統五術』が普及していません。

これからの時代は、一般庶民にこそ、伝統五術が必要なのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク