【日選び風水】1月30日から猛威を振るう新型コロナウイルス

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は擇日(日選び)のお話をさせて頂きます。

日常の様々な用事に対して、吉のエネルギーが高い日と凶のエネルギーが高い日を、しっかり判断して【趨吉避凶】(凶を避け吉に趣く)する技術が風水にはあります。

伝統風水師にとって欠かせない技術の一つが擇日(日選び)。 日本の六曜は信用性が薄いです。その理由は、このブログを読むことで明らかになります。 しかし、風水師の中でも正しい擇日が使えない人がほとんど。 日選びの重要性を理解しましょう。

その中で『瘟入日』と『瘟出日』という日があります。

新型コロナウイルスうを応援する瘟入日

三合擇日叢辰法の中に、人間の免疫が下がる為、感染症に注意するべき期間というのがあります。

それが『瘟入日』から『瘟出日』まで。

大体4日間程度あります。

過去の流れを見ていると、新型コロナウイルスのような感染症のピークを迎える傾向にあります。

この期間は、火のエネルギーが強まる為、金のエネルギーを剋す形になります。

それゆえに、感染症が流行しやすくなると言われているんですね。

インフルエンザにも注意!

例年で見ると『インフルエンザ』のピークも『瘟入日』から『瘟出日』にあたる傾向が強いので注意しなければいけませんね。

免疫は『水』のエネルギーを表しますので、『水』のエネルギー補充が必要になります。

『水』エネルギーの補充の仕方

水エネルギーの補充方法は『食』又は『行動』によって、行う事が出来ます。

・海鮮系の食べ物をしっかりととる

そして

・睡眠をしっかりととる

という事になります。

日頃よりも、睡眠に注意し、この4日間だけは『無理』をしないようにしましょう。

まとめ

暦は、未来を予測する為のものではなく、1人1人が未来の凶に備える為に発展した技術である。

単なるインフルエンザであっても、7日間程度は外出を控えなくてはいけません。

ちょっとした注意で、この7日間を無駄にするのか、それとも有意義に過ごせるのかが決定します。

たかが7日間ですが、大きなロスになります。
ロスを少なく有意義な人生を創りたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク