【風水鑑定】新築戸建に風水は気にする?or気にしない?

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『新築戸建で風水は気にする?』

まず、このブログを見ている人は『気にしている!』という事ですよ(笑)

新築戸建の風水的メリットは?

新築戸建建設時の伝統風水鑑定の大きな大きなメリットは、周辺の地形や、周辺の水の流れに合わせて建物を建築する事が出来る事にあります。

既存住宅の場合、どうしても対策の出来る『伝統風水術』が少なくなります。

あくまでも建物は、自然の形や方位に合わせて建設する必要があるということですね。

出水口を自由につくる事が出来る。

土地を基準に、伝統風水鑑定をする場合、雨が降った時に土地から水が、どのような経路を辿って出て行くのかを確認しなければいけません。

雨水枡(うすいます)の位置を決めるのは、新築でしか出来ませんよね。

雨水枡の効果

雨水枡や排水設備の効果は、人生を短期的に見た時に『住む人』にどのような影響を与えるかを確認します。

特に水の流れは、『財運』に強く影響し、素早く効果が出るといわれています。

建物の向きを自由に作れる!

その建物の吉凶を決めると言っても過言ではない『建物の向き』を自由に決める事が出来ます。

建物の向きによって、吉凶エネルギーの量は変わりませんが、『質』が大きく変わります。

そして、その影響は、建物が壊されるまで続きます。

厳密にいうと『沈氏陽宅参十則』では、屋根を外しオープンにする事で、替えれるという話はありますが、全く現実的ではありません。

ちなみに建物の向きは

  • 近くの山
  • 近くの水路
  • 近くの交差点
  • 水量の多い川と川の交点

などに合わせます。

建物の向きの効果

建物の向きの効果は、『長い時間の流れ』と『短い時間の流れ』の両方に影響を与えます。

長い時間の流れを見る技法と短い時間の流れを見る技法は、別々の技法ですが、この両方に合わせる事によって、丁財両旺に導きます。

丁財両旺とは
丁=人の健康や人間同士の『和』、子孫繁栄。
財=お金や財産。
伝統風水では、この両方を大切に考える。
そして、この丁と財の両方が、栄える事を『丁財両旺』という。

伝統風水師 小林蔵道

間取りが自由に決めれる!

これも大きなメリットとなります。

建物には財運を司る9つのエネルギーと、健康運を司る9つのエネルギーで、18のエネルギーが配置されています。

全てを吉とする事は、自然の摂理の上で出来ません。

そして、間取りが自由に決めれるという事は、活動的な場所に吉のエネルギーを配置し、納戸のような場所に、凶のエネルギーを配置できる間取りにする事が出来ます。

他にも、排水口が来てはいけない位置を避ける事が出来ます。

間取りで得れる効果

間取りで得れる効果は、多種多様になります。

9つのエネルギーには、全て意味があります。

人間関係、財、お金、健康、家族の和などですが、説明しだすときりがなくなりますので、止めておきますね。

ちなみに排水口は、蓄財を表します。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 伝統風水師 小林蔵道の実績飲食業(居酒屋、カフェ、イタリアン、)をはじめ...

築3~5年が最悪!

伝統風水師をしていて、いつも感じる事。

新築で物件を購入されて、3~5年で大体は、効果が出てきます。

その効果が『凶』だった時に、取り返しがつきません。

というのも、新築物件は、住みだすと一気に資産価値が落ちます。
その影響で、風水が悪いとわかっても、多くの方が売却できずに、騙し騙しで住んでおられます。

どうしようも無いんですよね。

そのほとんどが『風水を気にしない!』人

そのほとんどが、風水を気にせずに新築した人です。

私自身も昔は『気にしない派』でした。ですので、気持ちはよくわかります。

ここで知って頂きたいのが『風水を気にしている人』が風水の影響を受けているのでは無いという事です。

中国の高名な鐘進添老師も仰っています。

『信じる信じないではなく、風水は自然の摂理なのだ』

半信半疑の方には、信じられないかもしれません。
しかし、実際に私の元に相談に来るお客様のほとんどが、風水を気にしていなかった方です。

なぜ『ほとんど』なのか

ほとんどの人が、風水を気にしていなかったとお話しました。

なぜ『ほとんど』なのか?ということですが、稀に間違った風水師が鑑定してる場合があるのです。

もちろん間違っていては、良い影響を受けれる訳がありません。

まとめ

新築であろうと、新築で無かろうと、風水は必要だと思っています。

中でも、新築は、特に必要だと思っています。

なぜならば、新築は『伝統風水』本来の力を思う存分発揮できる舞台だから!

最後まで読んで頂いた方は、特に正しい伝統風水師に依頼して下さい。

あとで後悔しないためにも…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク