新婚生活スタート~お金の管理は誰がする?~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

新婚さんからのご質問です!

『お金の管理って、どうするのが良いですか?』

全く新しい生活が始まっていく訳ですから、わからなくて当たり前かも知れませんね。

陰陽五行論には、ちゃんとヒントが隠れてるんですよ。

まずは陰陽で考える

陰陽の原理は、過去の記事でご説明させて頂きました。

風水を学びだすとまず最初に出てくるのが『陰』と『陽』の概念。 この世に存在する物全てが陰と陽で形成されていると言う考え方です。陰陽の...

男性は『陽気』、女性は『陰気』となります。

この性質を使って、男性と女性のどちらの方が『お金の管理』に向いているかを考えていきましょう。

男性の性質が向いているのは『稼ぐ』

女性の性質が向いているのは『貯める』

という事で、答えは

女性がお金を管理する方が、夫婦生活は円満になる!

ただし、それだけでは、不完全です。

お金の使い方に工夫を入れる必要があります。

新婚家庭の平均生活費

単位:万円

 首都圏東海エリア関西エリア平均
住宅費8.27.27.27.8
食費4.13.73.73.9
光熱費・通信費2.42.72.42.4
保険料2.42.71.82.3
被服・理容費1.41.61.21.4
交際・趣味・レジャー2.42.52.42.4
その他3.73.43.53.6
合計24.623.822.223.8

「新生活準備調査2014 リクルートブライダル総研調べ」

新婚家庭の生活費の平均は、住む場所によって、差がありますね。

もちろん共働きの場合とそうでない場合でも違うでしょうし、諸条件によって変わってくるので、参考程度にしておきましょう。

これらの数字を参考にした上で、お金の使い方を考えていきます。

お金の使い方(家族編)

女性がお金を管理する=使い道を正しくする事

『お金を管理する=節約する』となりがちですが、節約だけで家計をまわすと【夫婦関係】が破綻を迎える事があります。

【女性が意識を向ける場所】と【男性が意識を向ける場所】が少し違いますので、その説明をしておきます!

女性が意識を向ける場所

下記の図を見てみましょう。

この2つの図は、六神論断といって、自分自身を違う視点で捉えた図になります。

これが、【女性がお金を使う優先順位】となります。

この2つの図を重ねると、『夫の両親』の位置に、『お金』が来ます。

ですので、優先順位で考えると【旦那様の両親】が一番という事になります。
ちょっとした気遣いで構わないので、【旦那様の両親】を一番に考えてみましょう。

以降の優先順位はこちら↓

  1. 旦那様の両親
  2. 旦那様
  3. 自分の両親
  4. 自分
  5. 子供

となります。

『えーっ、自分は4番目??』ってなるかも知れませんが、少し待って下さいね。

『お金の使い道』と言っていますが、高額な話をしている訳では無く、本当にちょっとした気遣いの事を言っています。

旦那様に対して、お金を使うと言っても、『おかず』を一品増やす程度の事です。

間違っても『旦那様』と『子ども』の順位を入れ替えないようにして下さい。

男性が意識を向ける場所

次は、男性が意識を向ける場所について、お話していきますね。

これは、あくまでも『女性がお金の管理』をしている事が条件になります。

同じように重ねて考えると男性は『奥様』の為に、稼いで、お金を使うように意識を向けます。

先ほどのように、優先順位で考えると『奥様』を第一に考えなくてはいけません。

美容やお洒落を我慢させているようではダメだということですね。

以下の優先順位を考えていきます。

  1. 奥様
  2. 子ども
  3. 自分の両親
  4. 自分
  5. 奥様の両親

この場合も『えーーーっ自分は4番目??』って感じになりますよね。
これも少し待って下さいね。

この場合、問題に感じるのは『奥様の両親』が5番目に入っていることです。

六神論で考えると『奥様の両親』に対して、あなたが出来る事は『行動』で尽くす事なのです。

嫁の両親と行動が同じ位置にありますよね。

行動で、奥様を幸せにしている事を見せる事になるんですね。

お互いに自分は4番目

お互いに自分の事は『4番目』。

これをお互いが理解する事で、本当に夫婦関係、家族関係は上手く循環します。

自分だけが4番目なら嫌ですけど、お互いに4番目なら納得しませんか?

この意識の向け方を基準に、夫婦でじっくり話し合うと良いでしょう。

ちなみに、ご相談に来られるクライアント様は、大体がこの循環が相剋と言って、弱める循環になっています。

家計の資産運用

夫婦で正しくお金の管理をして、資産を増やしていきましょう。

全くのゼロから始まった2人の新婚生活。

これから、様々なものを積み上げていかなくてはいけません。
今回は、お金に関する話ですので、お金の話をしていきますね。

0円から始まった、2人の資産も、毎月たった2万円ずつ貯蓄するだけで、10年経つと240万円にもなります。

資産運用しながら年利3%(高利回りは避ける)で回したとして240万円が300万円になる計算になります。

資産運用は夫婦で協力する!

資産運用は、また別の記事でもお話しますが、男女の得意分野を正しく生かさないといけません。

というのも、男性は『攻撃的』になりやすく、女性は『保守的』なりやすい生き物です。

陰陽で考えても解るとおり、『攻撃性と保守性』のバランスで、資産運用の未来が決まってきます。

攻撃性ばかりを重視してしまうと、高利回り高配当の金融商品に目がいきがちになります。

高利回り高配当の金融商品は、恐ろしいほどのリスクが伴います。

逆に保守性を重視しすぎると、日々、銀行通帳の数字が増えていくだけで満足してしまいます。

資産を循環させ、夫婦の協力によって、未来を創る

まとめ

基準となる【男性=稼ぐ】【女性=貯める】を忘れずに、しっかりとお互いに意識する事で、夫婦関係が良好になり、家族関係が良好になります。

風水の陰陽でもお話していますが、陰陽の大原則。

男女(夫婦関係)は必ずお互いがお互いを生み出す事によって幸せな人生が創れる。

これを忘れずに、夫婦でお互いの運氣を上げ合いましょう!

【財運爆発】夫婦でお金の管理は誰がする?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク