自己紹介が開運に繋がる~命運を知る事~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『正しく自己紹介が出来ますか?』

開運には『正しい自己紹介』が必要です。

なぜ自己紹介が開運と関係あるのか?

中国の格言で

一、命 二、運 三、風水 四、積陰徳 五、読書

とあります。
これは、開運に必要な要素であると言われています。

他にも、老子はこんな言葉を残しています。

「知人者智、自知者明」
(人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり)

他人の事を知る事が出来る人は、知者といえるが、真の己を知っているものは明智となる。

弱さを含め、己を知り、コントロールする事で道が開けるという事なんですね。

そして、あの有名な孫子は

「彼を知り、己を知れば、百戦するも危うからず」

敵(周囲の人)を知り、己を知る事で、百戦しても負けない状態をつくる事が大切だと・・・。

日本の諺にも、同じように自分を知る事の大切さが言われています。

足るを知る者は富む

などなど、挙げだしたらキリがありません。

これは、数千年前から『己を知る』事が大切である証拠なのではないでしょうか?

正しく自己紹介(プロフィール)を書いてみよう♪

幸せな人生を創る第一ステップ

自己紹介となった時に、頭の中だけで完結する人がほとんどです。

恐らく、この記事を読んでいる人も、頭の中だけで済ますでしょう。

しかし、余程の天才でない限り、頭の中で自己紹介を作り上げるのは出来ません。

そして、この自己紹介が、あなたの取扱説明書となるのです。

表と裏の自己紹介を作ろう。

人間には、必ず二面性があります。

表の自分は、他人の評価を参考にできますし、見えやすく作るのが比較的、簡単でしょう。

問題は裏の自分。

裏の自分はだれも知りません。

もしかすると、あなた自身も知らないかもしれません。

http://ishira-fengshui.jp/2020/01/02/timei/(新しいタブで開く)

この四柱推命鑑定は、本当に良い事例だと思います。

はっきり言って、自分自身の力だけでは知る事が出来なかった【自分の本質】を知れたでしょう。

プロフィールに合わせて自己プロデュース!

自分のプロフィール(自己紹介)が出来上がれば、次は、プロフィールに合わせて、自分自身をプロデュースしていきましょう。

ここで、自分のプロフィールに対して、欲求をぶつけないこと。

人間は、派手な事に惹かれます。

風水を学びだすとまず最初に出てくるのが『陰』と『陽』の概念。 この世に存在する物全てが陰と陽で形成されていると言う考え方です。陰陽の...

自己欲求に、負けずに自分をプロデュースする事で、結果が近づいてきます。

【話す】が苦手な人が【話す】が主になる仕事で、結果を出そうとすると、他人よりも時間がかかって当たり前です。

あなた自身が得意な事が、地味な事かもしれません。

正しく自己紹介ができる事で、自分の強みや弱みを理解し、自分をプロデュースできるようになる事で、自分の活かし方がわかるようになります。

君子危うきに近寄らず

有名な言葉ですが、出典が孟子だとか、論語だとか、本当は不明だとか言われていますが、

君子危うきに近寄らず

君子とは
徳が高く品位のある人。 知者で徳がある人。

自己紹介ができるようになると、不用意に危険な事に近づく事を避けるようになります。

開運の基本は

『趨吉避凶』

凶を避ける事にあります。

自分を知って、凶を避けるようにしましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク