明けましておめでとうございます!2020年庚子年(まだだけど)

こんにちは!

大阪・京都の風水コンサルタント 小林蔵道です。

明けましておめでとうございます!
皆さま健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

新年って良いですね~。

皆さんは、もう初詣は済ませましたか?

私はバッチリです。
毎年、氏神様の長岡天満宮で参拝させて頂いています。

せっかくですので、少しだけ、新年2020年のお話を。

念の為に、お伝えしておきますが、干支は、旧暦を基準に考えますので、立春が始まりな事だけ、ご了承下さいね。

ちなみに今年の立春は2月4日です。

庚子年は、大きな水の年!

庚(かのえ、こう)とは
庚は、金のエネルギー(五行)で、刃物や金属を表すと言われている。
また、金のエネルギーは、水を生み出し、木を剋す。

伝統風水師 小林蔵道

子(ね)とは
子は、水のエネルギー(五行)で、大きな水を表す。
また、水のエネルギーは、木を生み出し、火を剋す。

伝統風水師 小林蔵道

五行大義によると『庚は更なり。辛は新なり。改更して新に復るを謂うなり。』

五行大義で『子」は、『子は孳なり。陽気既に動き、万物孳萌す。陽気至り、孳養生ず。』

とされている。

簡単に説明すると、新しく生まれ変わる準備が始まり、万物に変化が訪れるという意味になります。

風水的に暦を読み解く

金が強まり、水も強まる。

天干と地支の関係が、生み出す関係になる為、人々の衝突はおきにくい。
水のエネルギーが強まると、人は『悲観的』になる傾向があります。

さらに『楽観』を表す火のエネルギーは、水のエネルギーが強まる事で、剋されてしまいます。

この事から、『子』の年は、景気の低迷が考えられます。

亥年も同じように、水のエネルギーが強まります。
亥年に起きた『消費増税』などの影響がジワジワと効いてくるのかもしれませんね。

他にも、三元九運や紫白流年など、様々な技法で、読み解く事が出来ます。

その辺は、和風水プログラムでお話しますね。

最後に

今年も一年間、宜しくお願い致します。

個人個人によって、今年起こりうる象意(出来事)は違いますが、皆さんに共通して言える事は、『趨吉避凶』(すうきちひきょう)を実践してください。

そして、小さな積み重ねが、一番強く、少々の事では崩れません。

着実に成長する、有意義な一年間にしていきましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク