天赦日は全てに良い吉日?~やりすぎ都市伝説~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師(風水コンサルタント) 小林蔵道です。

結構、テレビ好きなんです・・・(笑)

先日、2019年12月28日(土)に『やりすぎ都市伝説』が放映されていましたね。

ぼーっと見ていると『擇日』の話を、島田秀平さんがされていました。

天赦日は全てに吉日?

島田秀平さんによると『天赦日』は、全ての事に吉日だというのです!

ちょっと待った!!!

何処で、どう勉強したら、そんな危険な事を、テレビでいえるのか!

と思って、このブログで、私が知る天赦日をお伝えします!

天赦日とは?

天赦日とは、『天が過ちを赦す日』とされて

・神社の参拝
・陰徳を積む
・結婚や入籍
・お店のオープン

などに吉とされる日。
基本的には、万事に吉とされる。

全てに良いのが天赦日ではありません。

しかし!

凶を強める作用がある事を、多くの方が知らない。

例えば『遊禍』という日があります。

この日は

・薬の飲み始め
・病院で検査

などを、凶とします。
さらに、天赦日と重なる場合、凶意が増すと言われています。

他にも『土旺用事』という期間があります。

この期間は、穴を掘るような作業を凶とします。

この場合は、『天赦日』『徳合日』『天願日』と三つの吉日と重なると、凶意が増すと言われています。

他にも、色々と『天赦日』が重なると【凶意】が増すとされている凶日があります。

まとめ

『伝統擇日』も正しく使わなければ、凶を呼び込みます。

間違った使い方をする人によって、風水や四柱推命、その他の技術が、迷信のように扱われます。

もちろん『迷信』でしかない『吉日』や『凶日』も存在しますが、正統な伝統風水師は、それを見抜く力を持っています。

風水や四柱推命だけでなく、世の中のどんな技術や知識でも、同じですよね。

健康法も、間違えば、病気を悪化させてしまいます。
そして、正しい医術者は、間違いを見抜く力を持っています。

正しい知識と技術で、人生を創りましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク