金運の開運方法~本当の金運アップは世に出回らず~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

年末になると感じる【お金】の大切さ。
そして、一番多くのリクエストがある【金運】【財運】。

今日は【金運】【財運】を上げる開運方法についてお話していきます。

お金に対する考察

『人生がお金が全て!』

では、ありませんよね。

しかし、幸せな人生を送る為に【お金】が必要になる事は、皆さんが感じている事だと思います。

実際にも、【金運】や【財運】でお困りの方が一番多い。

世の中の全てを表す『六神五類』でも、【お金】は【幸せ】と直結しているといっても過言ではありません。

一般的な財運、金運アップの方法

【お金を稼ぐ方法】は、世の中に無限に転がっています。

書籍でも
思考は現実化する:ナポレオンヒル
お金の科学:ジェームス・スキナー
金持ち父さん、貧乏父さん:ロバートキヨサキ
七つの習慣: スティーブン・R・コヴィー   などなど。

数え切れません。

【金運アップの方法】や【財運アップの方法】も世の中には無限に転がっています。

令和時代のあなたの金運を急速に上げる本:Dr.コパ
絶対お金に好かれる金運風水:李家 幽竹
金運の鍛え方:島田秀平           などなど

しかし、金運や財運を開花させたい人が減る気配がありません。

なぜなのか?

それは、簡単な話で、本当の金運の運気改善方法は、世の中に出回らないから。

なぜ、本物の運気改善方法は出回らないのか?

私が考えるにいくつかの理由が考えられます。

  • 時代に消されたから
  • 危険だから
  • 複雑で難解な為、素人に理解できないから

一つ一つ解説していきますね。

時代に消されたから

近年でいうと、中華哲学等の伝統文化は、1960年代の『文化大革命』の時に、消滅していしまいました。

その時、多くの伝統風水師たちは、粛清にあったと聞いています。

日本でも、明治維新のあと、西洋文化を取り入れる為に『迷信』や『おまじない』の部類にされてしまいました。

正統に研究していた研究者たちの子孫は完全に絶えているとされています。

さらに、古典の中には、嘘がちりばめられ正しい事がわかりにくくなるように、工夫がされています。

そこに現代同様『えせ』の占い師や、風水師が入り乱れ、本当の話がわからなくなっている事も理由の一つと考えれるでしょう。

私の師匠は、中国の厳しい状況から、逃げ延びた系列となります。

それでも、一つ一つの技術に対して、すべてを信用するのではなく、起きる事実を的確に判断し、成否を見抜かなければいけないと口酸っぱくおっしゃっています。

財運UPは危険だから

これも大きな要因であると考えられます。

財運の改善方法は、陰陽五行理論をもとに、構成されています。

世の中の仕組みを表す六神五類に照らし合わせ考えると、一目瞭然です。

一歩間違えると、お金や財産は、人の思考や知識、判断を破壊します。

正しくお金や財産を得ると、人は社会的地位や社会的信用、社会的権威につながります。

正しく得た場合は、説明が要りませんよね。

一歩間違えた時が問題です。

一歩間違えた時の事例をご紹介いたします。

財運が上がった事で一家崩壊!

これは私の知人の話です。

もう30年ぐらい前の話。

私の友人の父は、居酒屋さんを経営していました。
小さな居酒屋さんで、いつも常連さんたちで盛り上がるような雰囲気。

凄くアットホームな居酒屋さんだったと記憶しています。

いつもの常連さん5~6人の中で、ロト6が流行っていたそうです。

各々が数字を予想し、各々が各自買いに行く。

共同でロト6を買っていた訳ではなく、個人個人で買っていたそうです。

ある日、常連さんの前で当選確認をしたら、一等の2億数千万円が当たっている事が判明したそうです。

翌日、みずほ銀行に換金に行ったまでは良かったのですが、どこからともなく、当選の情報を聞きつけた人達からの電話や来店で、お店の営業どころではなくなったそうです。

寄付や募金のお願い…断るとどうなるか知っていますか?

可哀そうな人たちへの募金を断るあなたは人間じゃない!という内容のひどい罵声を浴びせるそうです。

反社会勢力のひとにも集られるそうです。

結果、精神的に参ってしまいお店を休む事にしたそうです。

ここで話は終わりません。

お父さんはお店を休んでいますが、子どもは学校に行きます。

学校から帰ると、お父さんの姿が無かったそうです。

夜になっても帰らず…。

当選金額のすべてを持って行方不明になったそうです。

そのまま、現在も帰ってきていないとの事です。

赤字の部分が、完全に判断力を失っていますよね。

奥さんと子供を残して全財産を持って自分だけどこかに行ってしまう…。

そんな事をするような人に見えなかったですけどね。

子どもにも奥さんにも、お客さんにも愛情を注ぐ温かい人だったんですけど…。

絶好調の会社で起こった悲劇

とある会社経営者の話です。

会社経営していたが、なかなか軌道に乗らずに困り果てた状態での依頼。

もちろん、財運を上げて、会社経営を軌道に乗せたいという内容。

鑑定後、数年で会社は軌道に乗り、自社開発した商品が飛ぶように売れるようになったそうです。

しかし、その数年後に、困った事があるので助けて欲しいと連絡があったそうです。

何に困っているのかというと、会社が軌道に乗り、遊びまくっていた所で、知人に大麻を進められたとの事。

それを理由に脅されているという相談内容。

警察にも相談できずにいたという事ですね。

ただ、その連絡があった直後に、警察に逮捕されてしまったそうです。

これが原因で、代表取締役を解任されました。

しかも、奥さんは、遊び惚けているのをよく思っていなかったようで、離婚を切り出されたそうです。

もちろん、多額の慰謝料を請求されて…。

大麻は、日本国内では、列記とした犯罪です。
犯罪に手を染めるような人ではなかったんですけどね。

これも、財運による凶作用であると考えれます。

サラリーマンの財運は特に危険!

サラリーマンが財運を上げるのは特に危険です。

なぜならば、毎月固定的な給料が決められ、変動があるとすれば、残業かボーナスが増える感じですよね。

その状態での財運は、行き場をなくし、思考を破壊しに来ます。

七星打劫という、未来のエネルギーを現在に持ってくる財運UPの秘術があります。

この七星打劫は、店舗や会社でよく使う秘術なのですが、どうしても自宅で使って欲しいと友人に頼まれました。

自宅に使ってはいけない理由を十分に説明しましたが、わかってもらえず、友人だった事もあり(私がそばにいる)七星打劫を施しました。

結果、男性にとっての財運は、異性運である事から【不倫】の道へ。

その不倫は、社内不倫ということもあり、会社の中で肩身が狭く出世コースから外れてしまい、夫婦仲も最悪の状態になってしまいました。

複雑で難解な為、素人に理解できないから

財運や金運といっても、本当はかなり複雑なものとなります。

風水、命運、行動、歩んできた時間、人間関係、などなど。
数え切れないものが、複雑に絡み合って【金運】や【財運】が出来上がります。

複雑に絡み合っている以上、一つや二つの事を、行動に移して金運が上がる事は考えにくい事がわかると思います。

例えば、和風水プログラムの中でも、【金運】や【財運】を上げる時に、いくつもの事をお願いします。

  • パワースポットに行ってもらう。
  • 正しい奇門遁甲で方位を取ってもらう。
  • 正しい奇門遁甲の埋葬法を使う
  • 自宅に【財運風水】を施す
  • 財運を下げる行動を止めてもらう
  • 財運を上げる行動を起こしてもらう。

しかも、これらには『順番』と『時期』がありますし、その人の職業によって『行動』して頂く内容も変わります。

その理由は、先にご紹介した、デメリットに対して、土台をしっかりと作る必要がある為です。

和風水プログラムの場合、誰一人として、同じ順番で同じ事をする事がありません。

そして、それらの行動(施術)を導き出す法則が、複雑で難解すぎるという事が、本当の【金運の改善方法】として、世に出回らない大きな大きな要因といえるでしょう。

順番を間違えても、行動を間違えても、効果は出ません。

一気に効果が出る技術を使う事もあれば、小さく積み上げていく技術を使う事もあります。

まとめ

お金だけで『幸せ』が得れるのかというと、そういう訳ではありませんが、幸せを築くのに必ず必要な要素といえるでしょう。

古人にとっても、お金は大切な存在です。

ですので、古典の中には『富屋の貧人』 『賤人』などの言葉が、頻繁に出ます。

逆に『富人』や『大富人』という言葉もあります。

それとは別に『貴人』という単語も頻繁に使われます。

貧しい事は、良いことではないが、富を得ているだけではダメで、富と共に徳を持ち合わせないと『貴人』にはなれないのです。

そして、正しい風水や四柱推命では、『貴人』になる事を目的としています。

という事で、伝統風水や伝統命理などの技術には、沢山の『財運』を上げる術が存在しますが、なかなか本物が世の中に出回らないのは・・・

  • 時代に消されたから
  • 危険だから
  • 複雑で難解な為、素人に理解できないから

という事になります。

馬鹿みたいな【財運アップの方法】に騙されないようにしましょうね。

本当の金運改善法は出回らない!~理由を聞いて納得~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク