【伝統風水】中庭のある家~家の中心に中庭(パティオ)~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

・注文住宅で家を建てるのだから他とは違う家にしたい!
・お洒落なデザイン建築で新築したい!
・豪華に見える家に住みたい!

マイホーム購入や、新築住宅を建てる時に、いろんな要望が出てくると思います。

そんな時に【中庭のある家】という要望をよく聞きますので、風水的な中庭についてお話致します。

【建物としての中庭】と【敷地としての中庭】の2種類があります。

風水的【建物としての中庭】

建物としての中庭は、建物の太極(中心)が、天に抜けてしまっている状態です。家相(風水としての相)として、よくありません。

これでは、エネルギーが抜けてしまっている建物となりますので、あまりお勧めしません。

しかし、伝統風水には、太極(中心)に集まる エネルギー(吉)を外側に引っ張り出す技術が有りますので、一概に凶となるとは言えません。(注:必ず知識経験豊富な風水師にご依頼下さい!)

ですが、伝統風水では『使い勝手』という部分も重要視します。
間取りとしての使い勝手の部分があまり良くありませんので、お勧めできません。

風水的【敷地としての中庭】

敷地内で四神相応をとる技法で、中国の伝統建築技法として『三合院』や『四合院』が上げられる。

三合院はコの字型の建物で、中庭が取られている。
四合院はロの字型の建物で、中庭が取られている。

昔の日本建築でも、この様式はよく見られる。

中国の建築様式で有名な四合院。四合院のような中庭が取れると吉となる。

四合院のような中庭が取れると吉となる。
明堂と呼ばれる母屋の正面に広いオープンスペースが吉と考えられている。

実際に、中国では、このような四合院や三合院から、沢山の著名人が生まれている。

現代の中庭

以前ののApple本社。

三合院の様式で建てられている。

スティーブ・ジョブズが、東洋の文化、哲学に興味があった事はよく知られています。
三合院の影響もあって、世界のAppleと呼ばれるまで、発展、繁栄してきたのかもしれませんね。

まとめ

中庭といっても、一概に『吉』『凶』を論じる事は出来ません。
ただし、一ついえる事は、狭い敷地の場合は、中庭を造る事で『凶』となりやすいということです。

本来の住居としての目的を忘れる事無く、新築を心掛けて下さい。

どうしても、中庭が必要な場合は、優秀かつ経験の豊富な風水師に依頼する事をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク