都会は疲れる・・・~改善、対策~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

週に1~2回は梅田や難波に出て行って、鑑定やセミナーをこなしているのですが、都会って疲れますよね。

都会が疲れるのも、風水的、四柱推命的に、原因があります。
原因があるという事は、解決策もあります。

まずは『なぜ、都会は疲れるのか?』を考えていきます。
そして、最後に改善策をお話していきますね。

なぜ都会は疲れるのか?

陽が強すぎる

都会は沢山の人が集まりますね。
高層ビルが立ち並び、道路も複雑に入り組み、地下街まであります。
そして、24時間、沢山の人達が往来し、電車や車もひしめき合っています。
更に、看板や街灯で、24時間輝き続けている状態。

これらは全て『陽気』

必然的に、人が集まる場所は『陽気』が強まります。

陽気も、陰気も、強まりすぎる事は、陰陽のアンバランスと考えますので、あまり良くありません。

陽気が強まりすぎても、陰気が強まりすぎても、疲れを感じるのが人間。

都会は、陽気が強すぎるので、疲れてしまうんですよね。

実際に都会じゃなくても『陽気』が強すぎると、人間は疲れやすくなってしまいます。

都会以外の陽気が強い場所(伊勢神宮)

神宮の鳥居

伊勢の神宮は、都会ではありませんが、陽気が強い場所で有名です。
特に内宮は、陽気が強く、疲れ気味の人が、参拝すると翌日に疲れが出てしまうという事がよくあります。

和風水プログラムで『伊勢の神宮』を参拝するときは、必ず『陽気』を少しずつ強めていき、最後は『陰気』で締めくくります。

そうする事によって、強まった『陽気』が『陰気』に流れ、翌日に疲れが残らずに、参拝する事が出来ます。

『気』と『気』が交じり合う!

沢山の人が集まることによって、気(エネルギー)と気が交じり合います。
その時に、人間は他人の気の影響を受けます。

実際に、心理学でも、『同調』『シンクロ』や『同調現象』による『同調圧力』など、無意識に受ける影響がある事は証明されています。

影響を受けるという事は、エネルギーを消耗しているという事になります。

極端な話ですが、すれ違う人や、同じように信号を待つ人、エレベーターで一緒になる人など、同じ空間に存在するだけで、影響を与え合います。

誰しも多くの人と、面談するだけで『一日、疲れた~』という経験があると思います。

風水的な作用で消耗する

風水的に、都会を考えると『都会には殺がたくさん』あります。

殺とは、煞とも書きますが、人間のエネルギーを奪い取る環境の事を言います。
そして、殺の中でも、『形殺』と呼ばれる形から受ける凶作用は、影響力が強いと考えられており、実際の心理学や脳科学でも立証されている事実です。

いくつかの都会に溢れる形殺を挙げてみます。

壁刀殺

都会で良く見かける風水。 構造上、仕方が無いかも知れませんが・・・。壁刀殺。
都会で良く見かける風水。 構造上、仕方が無いかも知れませんが・・・。壁刀殺。

都会を代表する『形殺』の一つ。
『壁刀殺』

人間に対して、ストレスを与える形殺として有名。

詳細は http://ishira-fengshui.jp/2018/07/06/post-1259/

夜は【陰気】の時間。人間は陰気を養わないといけません。
ですが、都会に行くと、看板等が光り輝いています。

至る所に、電線があるのも、都会の特徴ですよね。
地上に無くても、地下を通っているなんて事も・・・。

この状態も、電磁殺と言われる凶。

~解決策~

『陽気』が強まりすぎるという原因がわかれば、しっかりと『陰気』を補ってあげる事が、改善法だとわかりますよね。

陰気の補い方

  • 豆球の明かりだけで、しっかりと睡眠をとる。
  • ゆっくりとお風呂に入る
  • 帰宅後、明るすぎない部屋で休息を取る。

特に睡眠は、睡眠でしか得る事が出来ないエネルギーの大切な充電時間となります。

風水や四柱推命で考えると、陰気って凄く大切なんですよ。
陰気が陽気をコントロールするといっても過言ではありません。

都会=疲れるのは当たり前と捉えて、それ以外の時間に、いかにエネルギーを充電するか!
これが、都会との付き合い方。

都会は、便利な反面、脅威も持ち合わせています。
しっかりとしたエネルギー充電を行いましょうね。

~解決策~その二

パワースポットに行く事で、エネルギーを充電するのも効果的です。

ただし何処でも良いという訳ではありません。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 いきなり100%風水環境の整った家に住むのは無理な話。そんな中での『運の...
都会の疲れを癒すパワースポットのご紹介!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク