風水を始める前に知っておきたい事!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

風水を始める前に知っておいて欲しい事があります。
風水は魔法じゃないよ!って話をよくするのですが、【運に頼る】又は【運に頼ろうとする】人がおられます。

運に頼る人は・・・

運に頼る人は、運のせいにします。

運は活用するものだと知ってください。

運の概念

運とは、時間の流れが自分に対して与える影響の事をいう。

運が悪かったから、失敗した。
運が良かったから、成功した。

と言いますが、成功も失敗も、自分自身の判断から得ることの出来る結果。

正しく言い替えると『運が悪い時期だったから、判断を自分自身が間違って選択した結果で、失敗した』という事になります。

あくまでも【自分】を中心に考える!

風水や四柱推命では、一般的な自己啓発や、成功哲学と同様に、自分自身を中心に物事を考えなくてはいけません。

これは【自己中】とは、全く違います。

【例】
娘の浪費が激しく、家計を圧迫している

これも、自分を中心に【課題】を探します。
どうしたら、娘が浪費しなくなるかを考えるのではなく、自分自身の行動の中に浪費させる何かがあると考えます。

そして、その【何か】を探し、改善していきます。

六神で考える!

和風水プログラムの中で、この図を良く使いますが、これは世の中の仕組みを表す【六神】と呼ばれているものですが、自分自身の運を改善していく時は、下記のような図を使います。

自分と書かれて部分を中心に考えます。

茶色の矢印が【自分が影響を与える関係】
緑色の矢印が【自分が影響を受ける関係】

例えば、女性にとって子供との関係の中で起こる課題は、『あなた』の影響を受けて『子供』が行動し、課題が表に出てきます。

両親との関係に課題がある場合は、両親から受けた影響に対してとる『あなた』の行動によって、課題が表面に表れます。

全てはあなた自身が創りだしている!

全ては、あなた自身が創りだしていると考えた方が良いでしょう。

良い事も悪い事も、あなた自身が生み出しています。

全ては『因果応報』

この部分を理解すると、一気に状況は好転します。

風水は何の為にするのか?

自分自身を中心に考えるのは、『エネルギー』を消耗します。
そのエネルギー充電を手伝ってくれるのが『伝統風水』。

あなたが目標に対して進むお手伝いをしてくれるのが『風水』なんですよね。
基本的には・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク