2019年下半期 吉方位と凶方位

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

9月も終わりに近づき、今年も残り5ヶ月となりましたね。
風水や四柱推命では、主に干支を基準にした暦を使いますので、来年の新年は2020年2月4日からのスタートになります。

2019年は己亥年。

亥の影響がドンドン強まりますので、亥が自分にとって凶となる人は充分に注意してくださいね。
亥のエネルギーが自分にとって吉となる人は、前進あるのみ!!!

さて、今年の吉方位をお伝えしますね。

2019年下半期 吉方位

今回、お伝えする方位は奇門遁甲ではありません。
人と天体の関係から導き出される方位をお伝えします。

【奏書(そうしょ)】
神社への参拝や福を求めに行くのに良い方位

乾方位(北東)

【博士(はくし)】
頭が冴える方位。エネルギーUP。旅行向き。

巽方位(南西)

2019年の吉方位

ここで『南西と北東が吉方位なのか~』ってなるのは、ちょっと待ってください!

その前に凶方位の確認をして欲しいんです!
今年の凶方位をお伝えしますね。

そしたら、ちょっと待って!!!って言った意味がわかって頂けると思います。

2019年下半期 凶方位

【歳破、冲太歳】
最も恐れる神殺と言われる。災いごとにあう。
旅行などに向かない方位。

巳方位

【犯太歳】
家を中心に犯太歳方位のリフォームや増築を含み忌む方位となる。
新築で坐(建物の方位)をとるなど、もってのほかである。

亥方位

【歳煞】
旅行や引越しに向かない方位。大切な財産を無くす方位。

戌方位

2019年の凶方位

2019年下半期 吉凶方位

正確な吉方位を出す時は、必ず吉方位と凶方位を重ねて考えます。
吉と凶を重ねると下記のようになりました!

2019年下半期 吉方位と凶方位を重ねると・・・。

という事になります。

2019年下半期 最終的な吉方位は?

最終的な2019年下半期の吉方位

最終的な2019年下半期の吉方位は上記のようになります。

307.5度~322.5度と112.5度~142.5度が吉方位

しっかりと方位盤を重ねて、吉凶を確認し提案する!

2019年下半期 吉方位と凶方位を公開します!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク