【風水的に吉なのは?】生花or造花orドライフラワーorプリザーブドフラワー

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

インテリアでリビングなんかは特に綺麗に華やかにしたいですよね。
で、よく聞かれる質問です。

生花or造花orドライフラワーorプリザーブドフラワーのどれを置くのが良いのでしょうか?

一つ一つ簡単に解説しますね。

その壱 生花

一番ポピュラーだけど、生ものなので手入れが大変ですよね。
春、秋 7日〜10日、夏 3~4日 冬 10日〜15日ってとこでしょうか?

季節や、その年の気温で差が出ますが、いずれにしてもそんなに長持ちしませんよね。

風水的に考えると、一番無難かも知れません。
玄空飛星派で考えると、置いても良い場所とダメな場所がありますが、陰陽で考えた場合はリビングに置くのに適していると言えますね。

その弐 造花

最近の造花は、本物のように見えるリアルなものが多いですね。
これは手入れも要らずに置きやすいのでは?

風水的に考えると、自然界の植物の役割を果たす事は出来ません。
要は視覚的な影響しかありません。ですので、インテリアとして飾る程度なら、一番使いやすいかもしれません。
ただし、置きっぱなしでホコリが被っているのはNG。
定期的なお掃除が必要ですね。

その参 ドライフラワー

私にはドライフラワーの良さがわかりません(笑)^^;
色々と調べてみると

  • 生花よりも長持ちする
  • プリザーブドフラワーよりも安い
  • プリザーブドフラワーよりも自然

などの良さがあるんですね。

風水的に考えると、残念ですがNGです。
生きている花は『陽』死んでいる花は『陰』
人間が生活するスペースは『陽』と考えますので、『陰』の強まるものは避けたほうが良いでしょうね。
やはり見た目も『枯れ』をイメージしてしまいますので・・・。枯れは気枯れ→穢れ。出来れば置くのを止めましょう!
を作っている方・・・本当にごめんなさい。

その四 プリザーブドフラワー

最近、すごく流行ってますね。
長持ちする上に、生花に近い色合いがあるということで。
最近はプリザーブドフラワーの事を一番よく聞かれるかもしれません。

風水的に考えると、これも残念ですがNGとなります。
死んだ植物を薬漬けにしているに過ぎません。
見た目は綺麗ですが、『陰気』であることには変わりませんのでプリザーブドフラワーを飾るぐらいなら造花にしましょう。
プリザーブドフラワーを作っている方・・・本当にごめんなさい。

まとめ

四つの解説をしました。
陰陽で考え、陽気が強いものの方がインテリアには向いているということですね。

他のものに応用しても同じです。
剥製も動物や魚が死んでいる状態で、防腐処理をほどこし、除去した内容物の構造の代替として損充材を詰め、標本生存時の外観形態にほぼ近い状態で保存するのですから『陰気』であることには変わりません。

しっかりと陰陽のバランスを整え、快適で、エネルギーの充電が出来る環境を作りましょうね!

https://youtu.be/aoQrLY0TffU
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク