〇〇な事にしてもダメですよ!誤魔化しは通用しません。

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『〇〇な事にしてもダメですよ!』

そのままなのですが、NGです。

【質問】
年内に転職するんですが、年内は良くない時期。年内は研修だけで正式に働き出すのは、年明けになるので大丈夫ですよね?

こういう事をよく聞かれます。
他にも

【質問】
引越し先に寝始めるのが『月破大耗』になるんですけど、その前から荷物は入れてるので『月破大耗』に引っ越した事にはなりませんよね?

【質問】
玄関の左側に動物のぬいぐるみを置きたいんですけど、小さいものなら大丈夫ですよね?

こういう質問をよくされますが、答えはNO。

実例をご紹介致します。

去年(2018年)の暮れ頃に、転職をご希望されていたお客様。
その方のにとって、土のエネルギーは忌むエネルギーとなり、転職に向いていませんでした。

本来であれば、年が明けて(旧暦)、5~6ヶ月経って、年の後半に入ってからの転職が一番好ましい状態でした。

しかし『そこまでは待てない!』との事でしたので、100歩譲っても2月3日の旧暦が明けてからの転職にして下さいとお願いしました。

すると、1月から研修に行って、正式に働き出すのが2月4日からですけど良いですか?と質問されました。

もちろん答えはNO。ですが、お客様が決める事ですので・・・という言葉を付け足しました。

結果、1月から研修に行き、2月4日から正式に働く事になったそうです。

~結果報告~

それから半年が経ち、再び鑑定に来られる事になりました。
そして転職後の話を聞くと・・・散々な目にあった。

ということです。

専門職の方でしたので、次は『独立』されるそうですので、時期を確認すると、今から半年間は良い状態でしたので上手く独立されると思います。

ですので、結果的には良い方向に転びましたが、これが独立を全く考えていない面接に通りにくい年齢の方だったら・・・と思うとゾッとします。

まとめ

伝統風水師という仕事をしていると『ごまかし』の方法を求められる時があります。
以前からわかっていた事ですので、自分自身は『ごまかし』を使いませんが、やはり『ごまかし』で通用するほど、五術というのは『甘く』ないのです。

自然の摂理。

自然の力というと、壮大なものを想像されると思います。
到底、人間が自然に勝つ事など出来ないと言う事もご理解頂けると思います。

しかし『人間は自然の微細な影響も受けている』というと、何とかなると思ってしまうんですよね。

微細な影響であっても、母体は大自然です。
影響を受けない訳がありません。

影響受ける事を前提に、自然との調和を計る事が『五術』であり、『良い人生』を創る最大の方法だと知って欲しいと思うお話でした。

誤魔化しは通用しません!相手は大自然。自然との調和が目的。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク