風水は台風から身を守る

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『風水』という言葉の語源を知っていますか?

一般的には中国の偉人  郭璞が残した古典の『葬書』であると言われています。

 『気乗風則散、界水則止、古人聚之使不散、行使有止、故謂之風』
   (気は風に乗ずれば散じ、水に界てられれば即ち止まる。
   古人はこれを聚めて散じささず、 これを行いて止める。)

この文から『風水』という言葉が出来たといわれています。
『葬書』よりも古い書物に著されていたという事実もあるが、今日は簡単な意味での語源ということなので、ここまでにしておきます。

さて、本題に入ります。

風水の風は、台風の風とはどういう意味?

まずは『気』『風』『水』を知ろう!

赤字の部分には『気』の性質と風の性質、水の影響が書かれています。

『気』

気とは何なのか?
万物が持つエネルギーのこと。
風水とは、自然の摂理に則り、『良い気』をどのようにためるか、また循環させるかを考えた技術。

『風』

『風』とは、『気』にとって散じさせられてしまう存在。
万物は、強い風に当たれば当たるほど、朽ちるまでの時間が早まります。
人間も、風に当たり続けると、疲労し、脱水症状を起こし、命が絶えてしまいます。
これは物質も同じで、風に吹き晒される建物は、劣化も早く、物質としてエネルギーを失います。

台風は、風水的に考えると、強烈に気(エネルギー)を散じさせてしまう存在。
一流の風水師の選んだ吉地は、台風だけではなく、あらゆる災害から被害を受けにくい。

『水』

『水』はエネルギーをとどまらせる役割を果たします。
山脈から水と共に流れてくるエネルギーは、川や湖、池と出合うことで、止まります。

『風水』

風水では、 水と界し止まったエネルギーが聚まり、風からの攻撃を受けない土地を探す技術の事をいう。

風というのはエネルギーを散じさせてしまう為、風が当たらない場所を探すことも、風水の目的の一つといえる。

現に、青龍断や白虎断、路冲殺や反弓殺などは、全て風から建物が守れないとされている。

まとめ

吉風水の立地は、台風はもちろん、それ以外の洪水や土砂崩れ、津波などの災害から守ってくれる土地となる。

吉風水の立地の事を『パワースポット』という呼び方をしますが、パワースポットは本当に災害が少ない。

東日本大震災のとき、宮城県松島(屯軍といパワースポット)の津波被害は極めて少なかったと聞いています。

伊勢湾台風のときも、伊勢の神宮 御本殿もほとんど被害が無かったとされています。

伊勢湾台風でも、被害がほとんど無かったとされる伊勢の神宮 御本殿。

古人は『風』というものが、人間にどのように影響を与えるのかを知っていたんですね。
昨今は、科学が自然を凌駕するという考えが横行していますが、伝統風水は人間と自然は共存するべきであると考え、自然の力を上手く利用し、自然の驚異から身を守ってきました。

この共存は、これから先の未来も必要な考え方だろうな~と、台風が来たり、地震が起きたりする度に考えさせられます。

台風から身を守る為の風水~一番わかりやすい自然の摂理~
正しく伝統風水を使う事で、台風や地震などの災害から命を守れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク