季節に関わる重要なお知らせ!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

なかなか暑くならない・・・梅雨が明けない・・・いや~な感じですね。

今の季節で暦上最も注目するべきところが【土用の丑の日】

擇日風水(日選び)で考える【土用の丑の日】をご説明致します。

一般的に言われる【土用の丑の日】

一般的なイメージでは、夏バテの防止の為に『うなぎ』を食べる日。
そんなイメージですよね。
一般的な部分に関してはウィキペディアを参照しましょう!

夏の土用の丑の日のことを言うことが多い。夏の土用には丑の日が年に1日か2日(平均1.57日)あり、2日ある場合はそれぞれ一の丑二の丑という。厳密には土用は四季の毎季それぞれに1回ずつあり、土用の丑の日は年に平均6.09日ある。以下、夏の土用の丑の日のことを単に土用の丑の日と呼ぶこととする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E7%94%A8%E3%81%AE%E4%B8%91%E3%81%AE%E6%97%A5
一般的なイメージでは、夏バテの防止の為に『うなぎ』を食べる日。
そんなイメージですよね。

風水擇日で土用とは何か?

土用とは土旺用事を略した言葉。
風水の根底にある『五行論』で『土』のエネルギーが強まる期間の事。
五行論についてはリンクを参照して下さい。

風水的に五行のエネルギーは満遍なくバランスが取れている状態を吉とします。
ですが、時間の流れによって、バランスが整い、崩れるを繰り返しています。

土用の期間はバランスが崩れ『土』のエネルギーが強まります。

理屈で言うと下記になります。
五行論で一年は十二に分けられ、それぞれが五行に分類されます。

1月=丑月(土)
2月=寅月(木)
3月=卯月(木)
4月=辰月(土)
5月=巳月(火)
6月=午月(火)
7月=未月(土)
8月=申月(金)
9月=酉月(金)
10月=戌月(土)
11月=亥月(水)
12月=子月(水)

7月は未月で『土のエネルギーが強まる月』と考えます。
ですが、他にも『土』の月がありますよね。

そうなんです。本当の土用は年に4回あり、春夏秋冬の境目が土用になります。

なぜ7月の土用だけ??

中でも『未』という十二支には、己(土)+丁(火)+乙(木)という十干が隠されていますので、火のエネルギーの強い土のエネルギーと考えれます。

火のエネルギーは土のエネルギーを相生(生み出す)しますので、他の土月よりも土のエネルギーが強いと考えれますので、大きくバランスを崩している月となります。

『土』強まるとどうなる?

土のエネルギーが強まり過ぎると、体調を崩しやすくなると言われています。

  • 体が重い
  • 体がダルイ
  • 胃の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 頭がスッキリしない

などの状態になっている人をよく見かけます。
もちろんですけれども、全ての人がそうなる訳ではありません。
生年月日時によって、個人の性質は変わりますからね。

それだけではなく『土を大きく動かす』のも忌むとされています。

  • エクステリア工事
  • 基礎工事
  • 畑などを耕す
  • 道路工事や地下鉄などの工事
  • 近隣を電車が通る(土地が揺れるため)

上記のような事が、自宅や会社周辺で起きると凶作用を受けやすくなると考えられています。

丑の日ってどういう事?

土用の性質をご理解頂けたら次は『丑の日』を考えます。

擇日風水(日選び)では、月の十二支と日の十二支の関係を考えます。
未月にとって丑日というのは『冲』といって、反発や衝突を表す関係になります。

未月の丑日というのは月と日が衝突する日ですので、凶日にあたります。
日本の仏教などでも用いられる暦の『十二建除』でも破日という凶日にあたり、何事も上手くいかない日とされています。

まとめ

まとめると、本当は年に4回ある土旺用事。
4回の中で、最もエネルギーバランスが崩れるのが7月(未月)。
これによって、人は体調を崩しやすくなり、事故や病気などの凶作用を受けてしまう。
事故や病気まで行かなくても、体が重いやダルイなどの象意が表れやすくなる。

そして、土用期間中の十二建除の破日は特に凶作用が表れやすく忌み嫌われた。

改善策

  • しっかりとお風呂に浸かり汗を流す。
  • 水分補給をする
  • 睡眠を充分にとる
  • 忌むと言われている事をしない!(趨吉避凶)

最後に!

2019年の土用期間はLINE@で発表します!
LINE@では、期間だけでなく、それに伴う方位(戊己都天殺)も発表。
避けれる凶は全て避けて、思う存分に、吉を味わいましょう!

友だち追加

是非ご登録を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 土用についての詳しい記事はこちらをご参照ください(風水師の夫の風水ブログです♪) […]