知らないと危ない!母子の関係と父子の関係!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

世の中で起こる親子関係による事件が目につきます。
特に、十代の子供により両親が殺害されるなどの悲惨な事件が多数起きています。

何故、このような事が起きるのでしょうか?

風水で見る現在の運の流れ(三元九運)では、第八運となります。
第八運(2004年~2024年)のキーワードとして【子供】が上げられます。

運の流れ流年(毎年)や流月(毎月)との関係で、子供が被害にあう事件や事故が起きやすい時期と考えられています。

このような運の流れから受ける影響に対して、私たちはどう対策するのが良いのでしょうか?

世界の万物の関係性を表す【六神(りくしん)】というのをご存知でしょうか?

万物はある法則によって動いています。

その法則を理解する事で、悩みが解決するのはもちろん、より良い人生を歩む事にも大変役に立ちますので、簡単に【母子関係】と【父子関係】についてお話しします。

世間一般では、【親子関係】というひとくくりにされていますが、中国や日本の古代からの思想では、母子と父子では全く別物であると考えられています。

男性の六神

女性の六神

女性にとって【子供】は【我】が生み出すのに対し、男性にとって【子供】は自分自身にプレッシャーを与える存在となります。

【我が生み出す存在】と【我にプレッシャーを与える存在】では接し方も全く異なります。

接し方が全く異なったとしても、愛情の形が違うだけです。

この行き違いが夫婦間のいざこざの原因になっている事例を良く目にします。

母子の関係では【東京】 母親殺害高1女子の事件が新しいですが、あくまでも私見ですが、母、父、娘の三者の関係に無理が生じてしまい起きた悲惨な事件と言えるでしょう。

伝統的な文化、思想は大切な大切な自然の摂理を教えてくれる学問の一つと言えるでしょう。

母子の関係、父子の関係を見直す良い機会かも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク